キッズM〜想いをカタチに~

「ワクワクを増やしたい」「協育の世の中をつくりたい」という私たちの想いをキッズMというカタチにしていきます。

言葉の発達⇐話しかけ&コミュニケーション1

2017-06-09 14:27:02 | 育児
こんにちは。マビーの熊本です。


私は、犬が大・好きです。






なので、小さい頃から自然と犬に話しかけていました。
犬は、言語で話してはくれないですが、ちゃんと目を見て話を聞いてくれて、
なき声や表情や行動でコミュニケーションしてくれます。
ほんと、コミュニケーション上手です。

言葉で返してくれなくても、コミュニケーションが取れている気になれる私。



我が子にも、ひたすらひたすら そうして楽しんでました。

まず、お腹にいる時。胎動を感じ始めた頃から話しかけていました。
赤ちゃんがまるで動いて返事してくれているように思いました。

胎児は、20週くらいから耳が聞こえるようになり、28週くらいからは
外部の音も聞こえるらしいので、気のせいではないようです。

そして、生まれてきてからも、犬と一緒にしては何なのですが、
言葉を話さないというだけで、不思議と普通にコミュニケーションが成り立ちました。
感じ取った赤ちゃんのセリフまでも言葉にして。
産休・育休中で時間もありましたし・・・(^^)


これが結果的には、その後の学習能力の一助になったのではないかと
自己満足で恐縮ですが、自負しています(^^)/

実は、この時期英語のビデオを見せてみました。
本人は、じーっとみていましたが、こちらの効果は全くなし(-_-;)でした。
肉声でもなく、一方的に、しかも気が向いたときに流してもダメですね・・・。

なぜ、赤ちゃんが言葉を話さない段階の
言葉によるコミュニケーションが学習能力につながったのか。


については、次回以降で。



『育児』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 有名講師の講演から思ったこと | トップ | 続き~言葉の発達 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

育児」カテゴリの最新記事