ニュースに物申す from 仙台

毎日のニュースに思ったことを書き添えて、書庫にしていくよ~
何でも、コメントしてね!

英会話の教材

2011-02-09 11:19:17 | 働く人に効くスキル
石川遼君がスピードラーニングに触発されて、英会話能力を増強するために教材探しをしている。

そのほかにも
エブリデイイングリッシュやTOEICの教材やら・・・

実用英会話に有効な教材があったらぜひ教えて頂戴^^
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

職場での声がけ

2006-02-05 12:15:38 | 働く人に効くスキル
今週の「何でもランキング」は、”チョコよりうれしいひと言”というテーマで職場での声がけがを取り上げていました。このランキングを見てはじめに浮かんだことは、「おはようございます」とか「ありがとう」とかごく一般的で日常的な言葉ばかりだなってこと。

このような言葉って職場に限らず、家族や友達、いやあらゆる人と接する場面で普通に使われている言葉ですよね。何か特別な言い回しでも何でもない言葉。

人間関係を発展させる上手なやり方の一つとして、”ストローク”という相手へのタイムリーな声がけという手法がありますが、そんなテクニックを使いこなすことよりもっともっと身近なコミュニケーションを取る大切さがこのランキングにあられているようです。

職場風土は、その職場のあいさつのしかたを見ればずべてがわかるといいます。ここのランキングにあることばはみんなだれもが知っている簡単なことばだけど、その簡単なことばをしっかり使いこなせる。そのことが最も大切なようです。

詳しいランキングは次のとおりです。
いわれるといやな言葉のランキングもありますよ。

〈男性がうれしい女性のひと言〉
1 「おはようございます」 1001
2 「お疲れさまでした」「ありがとう」 471
3 「おかげでうまくいきました」「助かりました」 404
4 「またお願いします」 352
5 「期待しています」 199
6 「ちょっと教えてください」 186
7 「◎◎さんがほめていました」 160
8 「何かできることありますか」 120
9 「遅くまでがんばっていましたね」 104
10メールで励ます「がんばって」 101

〈女性がうれしい男性のひと言〉
1 「お疲れさまでした」「ありがとう」 875
2 「おはようございます」 772
3 「また頼むよ」 497
4 「おかげでうまくいったよ」「助かった」 349
5 「◎◎さんがほめていたよ」 195
6 「遅くまでがんばっていたね」 180
7 「期待しているよ」 155
8 「具合悪そうだね」「無理しなくていいよ」 96
9 メールで励ます「がんばって」 94
10 「気にするなよ」「たいしたことないって」 91


いわれるといやな言葉 
1 「……」(会釈やあいさつをしても無言) 896
2 「そんなことも知らないの」  657
3 「いつも暇そうでいいな」 582
4 「君には関係ないから」  441
5 「君にしてはよくできたな」  425


’06.2.4 NIKKEIプラス1

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エビングハウスの忘却曲線

2006-01-30 21:47:30 | 働く人に効くスキル
ドイツの心理学者、ヘルマン・エビングハウス(1850~1909)は、「子音・母音・子音」の意味のない3文字綴りを記憶し、一定時間経過後、その再生率を調べ、この曲線を導いた。
それが「エビングハウスの忘却曲線」である。


すると、次のような結果が得られたという。

20分後には42%を忘却し、58%を覚えていた。
1時間後には56%を忘却し、44%を覚えていた。
1日後には74%を忘却し、26%を覚えていた。
1週間後(7日間後)には77%を忘却し、23%を覚えていた。
1ヶ月後(30日間後)には79%を忘却し、21%を覚えていた。

重要なのは、人はすぐに忘れるてしまうということ。
1時間も経つと、半分も覚えていられないらしい。がしかし、1日覚えていると、ほぼ1ヵ月後にも記憶に留めることができるということじゃないですか。

とすると・・・
記憶に留めておかなければいけないことを常に携帯しているノートや手帳に書いておいて、決まった時間や決まったタイミング、例えば、電車に乗っている時とか寝る前などに目を通す習慣を作っておけばいいんじゃないですか!

そういえば、このブログを書くようになってから、本や新聞の読み方、話の聞き方が変わったような気がします。
観察眼がよくなってきたとか・・・。

気のせい?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

落語に学ぶ話し方

2006-01-28 20:17:21 | 働く人に効くスキル
営業先などでの説明の最中、ここは重要という部分の前で、一瞬黙る。
相手が「えっ」という表情で顔を向けたところに、それまでよりも少し大きな声で再び会話を続けるようにする。こうすることによって、会話にメリハリが効き、相手が話しに興味を持って聞いてくれるようになる。
これを”間”というが、間の使い方でさらに大切なのは、その後の言い方だそうです。
せっかく相手の注目を集めても、「え~、実は・・・」では台無し。結論や最も言いたいことをできるだけ短い言葉でいうと効果的。

相手を知るのに利用するのが”枕”
本題に入るまでに天気やその時の話題になっている事を話して、相手の反応をうかがう。
自己紹介中に、ニュースやスポーツの結果など、相手の関心のありそうな事柄を必ず盛り込み、共通点を探る。相手と少しでも距離を近づけることで、仕事の依頼などもしやすくなる。
アイスブレーキングとも少し違うようですね。

比較的いい関係なら、”枕”なしで本題に入り、いい意味で期待を裏切るのもテクニックのひとつ。


落語に学ぶ話し方


・だれにも共通する話題から入る
・その後はあらかじめいくつかの話題を用意し、相手の年齢、性別などに応じて使い分ける


・取るときは顔や体を動かさず、一方向を見て静止する
・相手の目が向いたら、それまでよりも少し大きめの声で端的に
・一気に畳みかける際には間を取らない


・淡々と話すよりもメリハリを心がける
・最初に大きな声を出して注目を集める方法も有効

ジェスチャー
・大きすぎると逆に不快感を与える
・最初に大きな声を出して注目を集める方法も有効

心がまえ
・内容はできるだけ暗記する
・自信もって望む

’06.1.28 NIKKEIプラス1より
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

仕事のやる気を高めるには

2006-01-22 15:00:17 | 働く人に効くスキル
'06.1.21 NIKKEIプラス1に、モチベーションを上げる方法が紹介されています。

〇気心が知れた仲間との”自慢話も含めた”忌憚ない会話
〇やる気が落ちそうだと感じたら、すぐ気分転換をして、モチベーションを維持できるよう先手を打つ

「やる気アップ研修」なるものもあるようで。その中では自分の”やる気のもと”を10個リストアップさせるのだそうです。

たとえば、
上司にほめられたとき
昇格したとき
通勤途中でイケメンに会ったとき
終業後のビール
顧客の笑顔
など・・・
「日常的にやる気を上げるスイッチは人それぞれ。しかも、実は案外ささやかなものだったりする。”やる気のもと”が多いほどモチベーションをあげやすい。必要なときにすぐ実行できるように最低10個くらいはリストアップしておくと良い」そうです。

自分はどうだろうかと考えてみると・・・
1.顧客と一緒に仕事をしているという充実感
2.仲間との会話
3.新たな気づきがあったとき
・・・
なかなか思い浮かばないもんですな。
次の機会に考えをまとめて、発表しますね。
これを読んだ方は、この”スイッチ”を1つでもいいからコメントしてくださいね。


(やる気を阻害する10の要因とその対策)

1.知識・技術
仕事をこなせる能力が欠けている
 ↓
自分への投資を惜しまず、新しい知識や技術を身につける

2.人間関係
周囲とのコミュニケーションが希薄
 ↓
声や表情を意識し、周囲に良い印象を与える

3.評価・承認
周囲が自分の存在や価値を認めない
 ↓
小さな仕事も大切にし、任せてくれた人に結果を報告する

4.コントロール
仕事の進め方などを他者が主導している
 ↓
かつての仕事の成功体験をリストアップする

5.自己表現
個性を発揮でいない
 ↓
どんな小さなことでも良いから、他者に負けない専門分野を持つ

6.価値
何のための仕事か、その価値を見出せない
 ↓
自分の仕事が人や社会にどう役立っているのか思い起こす

7.適職
今の仕事が好きでない
 ↓
周りの人が喜んでくれる仕事をする

8.他者期待
幸福感を共有できる人がいない
 ↓
家族や友人に仕事のことを話してみる

9.情動
仕事に対する刺激が感じられない
 ↓
リスクのある仕事に挑戦する

10.成長
向上している実感が持てない
 ↓
少し上の目標を立てる
コメント
この記事をはてなブックマークに追加