流離骸骨

- 五文随髄 -

「国際」

2017-06-15 18:35:14 | 日記
 弁護士のなかにも、残念だが、信じ難いまでに下種な人物がいる。

 そこに「国際」の二文字が冠されたとしても、やはり、同じこと。

 違いは、アメリカへの卑屈な根性と思考、その「レベル」の差だ。

 アメリカの「ご意向」を「忖度」しつつ、ビジネスで繁盛、成功。

 「共謀罪」の成立を待ち望んでいた某国際弁護士よ、おめでとう。

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ゆとり」 | トップ |  »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL