前北九州市会議員・井上しんご!ここから始まる

議員を辞めてはや4年。庶民の声を聞かない市政を変えるべく、市民が主人公の政治を一歩でも進めるために再び挑戦します。

祇園町交差点で朝の宣伝を行いました。通学中の花尾小の子ども達が、元気にあいさつしてくれました。

2016年10月13日 | 日記

祇園町は、私が毎年前田祇園山笠でお世話になっている地域です。祭りの友人たちに出勤時間で会えればいいなと思いました。私が演説を始めると、地域の方や、PTAのお母さん方が、通学時の子ども達の見守りに来られました。地域の方、お母さん方に挟まれるように、(*^_^*) 宣伝をさせていただきました。写真は残念ながら、頭が切れていますね。・・・(>_<)

私はこの場所で次のような話をしました。

「北九州市が生徒数の減少を理由に学校の統廃合を進めようとしていますが、マンモス校にはマンモス校の良さがあり、少人数校は少人数の魅力がある。それでいいではないでしょうか。学校は、子ども達が勉強するだけの場所ではありません。熊本地震をはじめ、災害時には地域の方の避難場所にもなります。また、学校は地域コミュニティーの中心をなすものです。それを、行政が机の上の数字だけで、はい、統廃合。はい、取りつぶしというのは、間違っています。この八幡東区は昔の前田村や尾倉村、枝光村、大蔵村などが集まって、旧八幡市を形作ってきました。それぞれ別の村だったのです。それぞれの地域には学校があり、公民館があり、市場があった。この地域の歴史や成り立ちを無視して、機械的に統廃合を進めて、いったい何のまちづくりでしょうか。私は、それぞれの地域の魅力を生かしたまちづくりこそ、八幡東区の良さであると考えています。とりわけ、これまでに比べて学校の耐震費用、維持補修費用が減らされています。維持補修の予算を確保し、子ども達が安心して、学べる環境を実現するために、井上真吾は力を尽くします。」
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 八幡東区中央区商店街にある... | トップ | 西本町のレッドキャベツ前で... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む