前北九州市会議員・井上しんご!ここから始まる

議員を辞めてはや4年。庶民の声を聞かない市政を変えるべく、市民が主人公の政治を一歩でも進めるために再び挑戦します。

八幡東区中央区商店街にある、子ども食堂の「もがるか」です。親子が連なって歩くカルガモの逆読みですが、子どもが前で親が後ろから支える意味です。

2016年10月13日 | 日記

10月から、フードバンク北九州の事務所の向かいに、子ども食堂の「もがるか」がオープンしています。また尾倉市民センターで毎週水曜日の5時から行っている、尾倉っ子ホームも市委託の子ども食堂として、9月28日から開設しています。

どちらの子ども食堂も、無料塾の機能もあり、食事の後は、本を読んだり、勉強したりすることができます。私は、福岡県が実施している学習支援事業で、苅田町で小学生に勉強を教えています。学習支援といっても、勉強もしますが、遊びが中心というかんじです。勉強教えに行っているのに、なぜが、帰ったら、腰や身体じゅうが痛くなっています。(*_*)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 団地にお住まいの方から、雨... | トップ | 祇園町交差点で朝の宣伝を行... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む