白雲去来

蜷川正大の日々是口実

なぜ五月の蠅はウルサイの。

2017-05-19 14:45:08 | 日記
五月十六日(火)晴れ。

子供の頃には、あんなにたくさん見かけたハエが、最近ではほとんど見かけなくなった。下水処理や道路が舗装されて「水たまり」がなくなったせいだろうか。何年か前に、野村先生のメモリアルツアーで、フイリピンはマタブンカイという海岸のホテルに泊まった時、食事時にハエが沢山いて煩わしかった。五月の蠅と書いて「うるさい」と読む。これは五月のハエが特にうるさい所から来ているそうだが、なぜ五月の蠅がうるさいのか。散々調べたが、やっとあった。気象予報士の「あまたつ」さんが書いていた。

「気象的に、ハエが活発に活動するのは摂氏二十五~三十度で、湿気が多いほど元気なんだそうな。しかし五月の全国的な気温は二十五度以下で、六月のほうが五月蝿い季節だという。ではなぜ五月? 五月蠅いの五月は旧暦の五月で、現在の六月にあたるという。現代ではこれからハエがうるさい季節」。と言うことでした。

世は、共謀罪、北朝鮮問題、韓国の新大統領の寅さん、いや文さんか、そしてトランプさんなどの問題で侃々諤々、喧々囂々と本当に五月蠅い。それなのに私は、五月蠅いのウンチクか。まあ機関誌と違ってお金を頂いている訳ではないので、勘弁して下さい。機関誌と言えば、読者の方々にアトランダムに「日米安保に、賛成・反対」「辺野古移設に、賛成・反対」というアンケートを行い、ご意見があればメールか原稿用紙でお寄せ下さいと、お願いしている。単純に賛成・反対とは決めかねるのは承知している。それでも、読者が安保に対してどう考えているのか、が理解できて興味深い。

生魚にアニサキスとか言う虫がいて、その虫のいる魚を食べると恐ろしいことになるらしい。カツオ好きの私としては、本当に恐る恐る口に入れている。そんな訳で、今日は、焼き魚にしました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大夢祭 | トップ | 烈士は暮年になるも壮心已まず。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL