白雲去来

蜷川正大の日々是口実

健康茶「タピポ」を知っていますか。

2017-05-13 12:48:14 | 日記
五月九日(火)晴れ。

酒とズブズブの関係になって久しいが、こうして健康でいられるのも、以前のように暴飲暴食、特に飲んだ後の「〆のラーメン」など、飲食後に物を食べなくなったせいもある。また、私の盟友が、私の体を心配して、「タピポNFD」(かなり高い)という健康茶を毎月送って頂き、それを毎日、一リットルほど飲用していることによる。「タピポ」は、南米産の天然木タピポの内部樹皮を原料としたもの。

随分前だが、内視鏡検査で胃に癌らしき腫瘍が発見され、急遽、市大病院を紹介され、一週間後に入院となった。それを心配した友人が送ってくれたのが「タピボ」であった。最初は、気休め程度に飲んでいたのだが、入院前の内視鏡検査と、病理検査の結果、腫瘍とおぼしきものが、何と消えていたのだ。最初に内視鏡検査に行った病院に写真と結果を報告しに行ったのだが、本当に不思議がっていた。曰く、「漢方が全く効き目が無ければ、何百年も続く訳がない。蜷川さんに、その漢方が良かったのでしょう。稀にそう言うこともありますよ」。と。

その盟友に連れて行って貰っている「断食」もそうだ。全く効果なんてない。という医者もいれば、「身体に良い」という医者もいる。私のかかりつけの医者は、否定派だが、断食に行ったことを内緒にして検診に行くと「すっかり数値が安定している。頑張ったんだなぁー」と言われ、笑いそうになる。断食は、体はもちろん、精神衛生的に適していると思っている。

韓国で、寅さんが当選した。ゴリゴリの左翼である。日本で言えば、共産党の志位が大統領になったようなものだ。寅さんが、盧武鉉の若い衆だった頃に作ったのが、あの悪名高い、「親日反民族法」だ。かつての日本の統治時代に、朝鮮総督府や警官だったりした韓国人の子孫を探し出し、財産を没収した。早い話が、東京裁判のような事後法によってだ。これから何を言ってくるか分からないが、日本としては、「名誉ある無視」が一番良い。本当に日本やアメリカとの協力なしに、やっていけると思っているのだろうか。日本の寅さんも、最後にはフラれることを知った方がいい。

夜は、恒例の蜷川政経懇を弘明寺の「花笠」にて開催。終了後に、関内のHIROからサリーズバーに転戦。盟友の義一兄ぃの奥様に送って頂き帰宅。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おーいカール、何処へ行った... | トップ | 十日は、頭が痛い。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL