白雲去来

蜷川正大の日々是口実

もりそば、かけそば問題か。

2017-06-09 18:19:43 | 日記
六月五日(月)晴れ。

朝食は、マルシンのハンバーグ、ウインナー、目玉焼きにキャベツの千切り添え。ふふふな感じである。銀行から、葉書きが来て、何かと思えば、どうやらキャッシュカードを落としたらしい。奇特な方が拾って届けてくれたらしい。そうか、先月末に支払いで、近くのキャッシュ・ディスペンサーに行った時に落としたみたいだ。落とした本人が、銀行からハガキが届くまで、分からなかったのだから、呑気なものだ。

関内にある銀行へ行って手続きをして、カードが戻ってきたが、残高を知られて、赤面の思い。拾った人が、悪さをしようと思っても、残高を見て、気の毒になって、少しばかりお金を入れてくれるかもしれない。

もと防衛大臣の中谷元氏が、昨今の森友学園と加計学園の問題を日本蕎麦の「もりそば」と「かけそば」に例えていたのには、笑えた。また中谷氏は、支部長を務める党県第一選挙区支部大会の冒頭であいさつ。両学園の問題について「安倍晋三首相に『あいうえお』の五文字を贈りたい。と言い、「あせらず、いばらず、うかれず、えこひいきをせず、おごらず」と忠告したニュースを見た。この中谷氏も石破元防衛相も、「安倍おろし」を虎視眈々と画策しているように思えてならない。まあ、今のままでは、お二人とも総理の椅子に座ることは難しいと思う。総理に苦言を呈することも大切だが、元自衛官として、北朝鮮に関して、今そこにある危機、と言うものをもっと国民にアピールしてもらいたいものだ。

夜は、大人しく、酔狂亭で月下独酌。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 開港バザーへ。 | トップ | 好きなCMと嫌いなCM。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL