白雲去来

蜷川正大の日々是口実

夏をあきらめて。

2017-07-06 12:01:18 | 日記
七月三日(月)晴れ。

朝は、贅沢にもマグロの刺し身、明太子、シジミのちから。昼は、焼きおにぎり一個。夜は、ゴス・ロッポウ程度のカツオ、ミスジ、ネギチャーシュー。お供は「黒一刻」。

先週は、晴れた日が一日もなかった。その反動か、今日は、お天道様が両手を広げて、大きな口で、わーっと叫んだような暑い日となった。我が家で今年初クーラーとなった。

こんな夏の日が待ち遠しいと思ったのはいつごろまでだろうか。小学生や中学の頃は、夏休みが嬉しくて、朝から夕方まで、それこそ真っ黒になって遊んだ。宿題などは一切やらなかった。宿題をやる苦痛よりも、新学期になって先生から殴られたりどやされた方のが楽だと思っていた。そんなものは、一瞬で、一ヶ月も続く訳はない。大体、学校から帰ってきて、まだ家などで勉強するような奴は馬鹿だと思っていた。子供の頃は、横浜には海があって砂浜もあった。大潮のときは市電に乗って、潮干狩りに行き、いつもバケツに一杯あさりを獲ってきたものだ。

どこかの馬鹿が、その海を埋め立ててしまい。海はコンクリートの壁でふさがれ、巨大などぶのようになってしまった。さらに馬鹿の上を行く馬鹿が、そのコンクリートを壊して、また砂浜を再現した。勉強ばかりしていた奴がこういうことをする。近年の政治家で、秀才の名をほしいままにしたのが、鳩山邦夫、舛添要一、片山さつき、福島瑞穂などである。この人たちは、高校時代の全国模試で常に一位、二位という成績だった。片山さつきは三年間、全国模試で一番だった。しかし、政治家としての力量はどうだ。人間性はどうだ。反対に田中角栄は、小学校しか出ていないが首相にまで登りつめた。夏休みの話から、馬鹿の話になってしまった。そう言う私は、馬鹿の下のアホだ。しかし、この歳になると、夏をあきらめたい。暑さが命に係わるからだ。情けない・・・。

夜は酔狂亭で、月下独酌。久しぶりに、月と影とで三人となった。※写真は、2004年のサイパンにて。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自民党が歴史的大敗だって。 | トップ | あいさつ回り。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL