白雲去来

蜷川正大の日々是口実

泣いてすがった、年上の人。

2017-05-16 13:03:10 | 日記
五月十二日(金)晴れ。

私のソウルフードは「ソースチャーハン」である。玉ねぎと赤ウインナーを適当な大きさに切って、炒めてから、ご飯を入れて、また炒めて、ウースターソースで味付けをする。朝食の時に、我が家に常備の「中農ソース」が切れたので、子供たちが、ハムエッグスに「ウースターソース」をかけていた。その匂いがした時に、俄然、ソースチャーハンが食べたくなって、みんなが出かけた後に、ひっそり、ふふふと作って食べた。そう言えば、十日はおふくろの命日だった。

その昔流行った森進一の歌に、「年上の女(ひと)」と言うものがあった。一番の歌詞は、「だから分かってほしいのと、そっとからんだ白い指。だめよ、だめだめつらいのと、泣いてすがった、年上の人」。この歌を聞くと、フランスのマクロンさんの奥方が浮かぶ。ご存じのように、フランスの新しい大統領のマクロンさんの奥さんは、何と二十四歳も年上とのこと。大統領が高校生の頃にデキてしまい、怒った両親が彼を遠く離れた学校に転校させたとか。日本だったら未成年への淫行罪で捕まっちゃうかも。どちらが「泣いてすがつた」のかは知らないが、いかにもフランスらしい純愛?のエピソードかも。

やはりフランスのジョークに、家に帰ったら女房が見知らぬ男と、ベッドにいた。アメリカ人だったら、その場で撃ち殺す。フランス人だったら、一緒に参加する。日本人だったら、名刺を渡す。と言うものがあった。ほんとかい。

マクロンさんの実家はケーキ屋で、一番人気がマカロンだって。これはホントの話。

夕方に、床屋へ。大して切るほども髪もないが、そこは身だしなみ。夜は、酔狂亭で月下独酌。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 愛鳥週間だって。 | トップ | 鰹節箱を知っていますか。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL