白雲去来

蜷川正大の日々是口実

豊橋、富山の社友が来訪。

2017-02-13 18:22:16 | 日記
二月十一日(土)晴れ。紀元節。

起床後、玄関に国旗を掲げ、神武天皇肇国の昔を偲び橿原神宮を遥拝。ご皇室の弥栄と天皇皇后両陛下のご健勝を祈念する。

午後に所用があって出かけるが、最近歩いていないので、待ち合わせの場所まで歩いた。時間が間に合わなければ、途中からタクシーと思ったが、何とか、時間通りに着いた。約一時間半歩いた。

夜は、豊橋と富山から古い社友の、福井英史さんと中川秀正さんが来訪し、愚妻を交えて中華街へ。福井さんは、私たちの仲間では「フクイのカレー」で有名である。手作りで通販のみの販売をしている。(興味のある方は、「フクイのカレー」で検索してみて下さい)また、福井さんは、ボクシングのトレーナーとしても活躍している。七年前に、高橋伴明監督による袴田巌さんをモデルした「BOX 袴田事件 命とは」では、ボクシングの指導をした。 中川さんは、正道会館富山県支部長をしている方。ボクサーと格闘家の間に挟まれて、口先だけの私なんぞは、三秒でノックダウされそうである。

最初は、「安記」で小皿料理。中川さんは、ウイスキー派と言うので、しばらくしてから「均元楼」へ転戦。「甕出し」の紹興酒とウイスキー・ソーダーで乾杯。本当は一緒に来るはずたった、福井さんの彼女がインフルエンザで来られなくなり、電話でご挨拶。その後、マリンタワーのすぐ下の「ラッキーのお店」へ。ここで、私もウイスキーに変更。ヘロヘロで解散。正に朋遠方より来たり。で楽しい夜でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« もう少し本を読まなければ。 | トップ | 重たい頭と、重たい小説。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL