白雲去来

蜷川正大の日々是口実

改造内閣か・・・。

2017-08-10 14:24:16 | 日記
八月三日(木)晴れ。

ニュースのトップは、安倍改造内閣の顔ぶれ。内閣の支持率など気にせずに初志貫徹すれば良いものを。ジタバタ感がぬぐえない。それでも、モリ・カケ、防衛省や相次ぐ自民党所属議員の不祥事。せめて内閣の顔を換えて「再出発」のイメージ造りでもしなければ、もたないか。野次馬根性で改造内閣関連のテレビを見ながら朝食。メニューは、昨夜の残りの牛皿、キャベツの糠漬け、しじみの味噌汁。昼は、抜いた。夜は、蒸し鶏、「日本一」というお店の焼き鳥。レタスとカイワレ大根のサラダ。お供は「もぐら」。

マスコミも、大したこともない大臣の失言で、鬼の首を取ったように騒ぎ、追い詰める。正にマスコミのパワハラそのものだ。新内閣の何人の大臣が靖国神社を参拝するのか。小野寺新防衛相は早々と「靖国には行かない」を事を表明したが、その理由が「中韓の反発」にあるそうだが、世界の中のわずか二か国が「反発」するからと言って、参拝しないのは情けない。まあ政治家は思想家ではないから、信念に殉じなくともいい、という「言い訳」の中で生きているから、仕方がない。河野太郎が外務大臣か。せめて親父の轍を踏まないように祈るだけだ。

夜は、酔狂亭で独酌。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中華街のことなど。 | トップ | 親亀の背中に子亀を乗せて。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL