白雲去来

蜷川正大の日々是口実

葉桜の風の言葉は独り聴く

2017-04-19 10:23:53 | 日記
四月十六日(日)晴れ。

野村先生の句に、葉桜の風の言葉は独り聴く。というものがあるが、我が町の桜の名所も既にほとんどが葉桜となっている。桜と言えば、正岡子規は早熟で、十歳の頃にはすでに雅号があったそうだ。その雅号というのが、何と「姥桜」。(随筆集『筆まかせ』)子規の生家の庭の桜にちなんだものだった。姥桜とは、葉が出るよりも先に花が開く桜のこと。「葉がない」→「歯がない」→「姥」(老女)にかけた言葉。本来の意味は、女盛りを過ぎても、美しさや色気が残っている女性のこと。皆さん違った意味で使っているのでは・・・。

今日は、女盛りを過ぎても(失礼)、美しさや色気が残っている女性、アコチャンとサエちゃんの誕生会を仲良しの佐伯さんのお世話で、保土ヶ谷の「うな平」にて行った。良い天気で、長袖では暑くて仕方がないので、パーカーの下は半袖のTシャツを着て愚妻と共に出かけた。そのお店は、佐伯さんのホームグラウンド。まず持ち込みの「モエシャドン」で乾杯。お刺身や鰻を肴に、話が弾む。さて二次会となったが、まで昼間、相鉄線の駅近くに昼間からやっているお店があるとのことで、向かう。ここでしばらく飲んでから解散。昼酒でヘロヘロになった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« もう四月も半ばか・・・。 | トップ | 最近はアドバルーンを見ない。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL