白雲去来

蜷川正大の日々是口実

重たい頭と、重たい小説。

2017-02-13 18:48:52 | 日記
二月十二日(日)晴れ。

眼を覚まして時計を見れば、何と九時半。ヤバイ。昨夜、明日の朝食は「安記」でお粥でも食べましょう。と福井、中川両氏と約束をした。それが、仕上げのウイスキー・ソーダーでヘロヘロになり、久しぶりの大破・轟沈。起きられなかった。慌てて、中川さんに連絡し、平身低頭。いやはや申し訳なかった。午前中は、昨日の酒が残り、何もできなかった。昔なら、あれしきの酒で、こんな無様にはならなかったと。嘆くことしきりである。

ニュースでは、アメリカに行った安倍さんとトランプの仲睦まじい姿ばかりが映される。何だかなぁー、素直に喜べない。戦後の日本人は、国の安全と防衛をかつての敵国に委ね、日米安保の美名の下に、奴隷の平和と魂無き繁栄を築いてきた。アメリカの核の傘の下で、経済繁栄を謳歌してきたが、それは砂上の楼閣でしかない。自分の国は自分たちで守る。そういった決意と覚悟があってこそ、真の日米同盟が構築されるのではないか。大統領が変わるたびに、日米安保の確認と尖閣諸島の防衛の確認を取に行く。何だかなぁー。その日米の蜜月を揶揄するように、北朝鮮がミサイルを発射した。私は専門家ではないが、かなり高度な技術に基づいたものと、自衛隊のOBが証言していた。「遺憾の意」を百回表明しても、蛙の面にションベンか。

現在上映中の「沈黙」の原作。遠藤周作の「沈黙」(新潮文庫)を読了した。読了後、フーと、ため息が出た。重たい小説だった。信徒を救うために、棄教する。棄教せずに、殺されてゆく、貧しい信徒たち。どちらが、正しいのか、聞いても神は沈黙したままだ。来週は、映画を見に行くつもり。

夜は、酒量を控えめにした。カツオが無くて良かった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 豊橋、富山の社友が来訪。 | トップ | 思うことあり。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事