白雲去来

蜷川正大の日々是口実

最近はアドバルーンを見ない。

2017-04-19 11:57:22 | 日記
四月十七日(月)曇り。

春に三日の晴れの日なし。とのことわざのような曇りの日。夜半から大荒れの天気。正に、夜来風雨の声、花落つること知る多少である。案の定、雨漏りだ。何と言っても、もう三十年近い、文字通りの陋屋。屋根も壁も床も手直ししなければならないが、ガビーンと言うほど金がかかる。あと二年は、騙し騙し暮らさなければ。

作詞 星野貞志、作曲古賀政男で昭和十一年に流行した「ああそれなのに」という歌がある。 「空にゃ今日もアドバルーン さぞかし会社で今頃は おいそがしいと思うのに あゝそれなのにそれなのに ねえおこるのは おこるのはあたりまえでしょう」。今でも意味の良く分からない歌なのだが、おそらく子供の頃にテレビか何かで聞いたものだろうが、最初の「空にゃ今日もアドバルーン」という歌詞だけは良く覚えている。

私の通っていた、横浜市立太田小学校は、三春台という山の上にあり、校舎からは富士山がはっきり見えた。また帰り際には、右手には根岸の海が夕日に輝いているのが見え、左側には、まだ数の少なかった伊勢佐木町や関内のビルが遠望できた。そのビルからは、幾つものアドバルーンが上がっていたことをよく覚えている。私の小学校時代の原風景である。最近は、アドバルーンなどほとんど見なくなった。

アドバルーンと言えば、思い出すことがもう一つ。その昔、ビーバップ・ハイスクールで有名になった清水宏次郎氏のバックバンド・リーダーだったのが、N・Sさん。そのバンドが解散した後に、同じ会社の宣伝部に配属になり、そこでの仕事が、アドバルーンを上げる仕事だった。アドバルーンは、当然上げたならば、下ろさなければならない。早い話が、デパートの営業が終了する直前まで、アドバルーンの下で管理していなければならない。一旦上げてしまえば、下ろすまで何もやることが無い。ただボーッとしているだけだ。その時に、彼は、「こんなことをしていて、一体何になる」と自己嫌悪に陥り、一念発起して、宅建の免許を取得して不動産業に転職した。当時は、「叩く不動産屋」(値切るのではなく、彼がドラマーだったことから)と一世を風靡したが、残念ながら、都心にビルを所有すると言う、出世には至らなかった。風の噂では、何やら東北の方で、初心に帰って、再び、澄んだ空を見上げているとのこと。まっ元気ならそれでいい。

夜は、大人しく酔狂亭で独酌。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 葉桜の風の言葉は独り聴く | トップ | 我が家の絶対国防圏を突破さ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL