白雲去来

蜷川正大の日々是口実

釜中(ふちゅう)の魚。

2017-06-13 13:23:07 | 日記
六月九日(金)曇り。

外で昼食の予定がある時は、朝食を抜く。カロリーを気にしているからだ。昼食は、友人らと馬車道の「サモワール」というお店で、このお店の名物と言う「オムライス」を食べようと言うことになった。しかし、私は、子供たちの朝食にオムライスを作ったので、私だけハンバーグ。中々美味しかった。食後は、友人の会社に行き、一時間ほど歓談してから事務所へ。夕食は、レタスと大根の千切りにシーザードレッシング。鶏肉をカレー粉とヨーグルトで味付けして、タンドリーチキン風に焼いた。それと、先日「そごう」に出店していた「紀文」で買ったさつま揚げ。「紀文」の名前に誘われて買ったが、大して美味しくもなく、やはり、「能登屋」の物には遠く及ばない。お供は「黒霧島」。

北朝鮮も、良く飽きもせずにミサイルをぶっ放す。日本のアホで左巻きの連中は、「話し合いで」北朝鮮の暴挙を止めよう。などと言っているが、そんなことに若き首領様が耳を貸すわけもない。核開発をやめさせようとするアメリカや日本や韓国。核保有国であることを認めさせよとする北朝鮮。グダグダやっているうちに、きっと北朝鮮は核を搭載したミサイルを量産するに違いあるまい。

しかし、今そこにある危機を、危機とも思わない平和ボケした国民と政治家がいる。国会で、北朝鮮の核や相次ぐミサイル発射、拉致問題が真剣に討論されたことがあるのか。野党は、揃って倒閣運動ばかり。自民党も、九条を残したままで、自衛隊を合憲とする「改憲」案を総理が提案した。右を向いても、左を見ても、バカと阿呆のからみあい。と鶴田浩二が哭いている。

「釜中の魚」という故事がある。釜の水がいずれ熱くなり、煮られることを知らずに泳ぐ魚のように、将来の危機に気が付かない、能天気をいうものだ。唯一の被爆国であるわが国こそ、どこの国よりも核を保有する権利があると思うのだが。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 紫陽花やきのふ(昨日)の誠 ... | トップ | 常識では考えられないレンタ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL