白雲去来

蜷川正大の日々是口実

間違いだらけのウォーキング。

2016-10-19 05:18:31 | 日記
十月十二日(水)晴れ。

朝食は取らずに事務所にて仕事。遅い昼食は、長者町に最近開店した「ゆで太郎」にて「かき揚蕎麦」。私は、蕎麦好きだが、温かい蕎麦を食べる時は、高級店よりも、所謂「立ち食い」に毛の生えたような所の蕎麦の方が、口に合う。

夕方から一時間のウォーキング。そう言えば、『週刊朝日』に「間違いだらけのウォーキング」と言うような記事があった。「一万歩」何て言うは幻想で、何の根拠もないそうだ。三分速足で歩いて、三分普通に歩く。これを五回繰り返して、合計三十分程度が体に良いとのこと。もちろんこれは私のような老人に対するアドバイスである。

夜は、冷奴に「鰆」の干物で月下独酌。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まためぐる秋のさみしさ 天の... | トップ | 辞世の歌と会津の「栄川」。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL