父の苦労は見えにくい。

販売店舗情報と日常生活で思うことを書いています。

失敗の連続だった、初めてのアルバイト

2016-11-05 22:18:01 | 日記
20年前の高校一年生の時、初めてのアルバイトがファーストフード店でした。当時は時給630円。当たり前ですが働くことや敬語など、仕事するにあたっての一般常識など何もかも初めてで、全くわかりませんでした。レジに立てるまでの初めの数日間は、教育係の先輩アルバイトさんがマンツーマンで教えてくれ、家でも復習をして必死に覚えていきました。
しかし、今になって思うことはなぜファーストフード店を選んでしまったのだろうということ。憧れだけが強すぎて、無知過ぎました。現在は主婦のパートさんもかなり増えていると思うのですが、20年前にそういった場所でアルバイトをする人は、目立つタイプの男女。私はというと、容姿に自信のない、さえない女子高生。まずはスタッフ休憩室で、その輪に入ったり、椅子に座ることも話しかけることも出来ませんでした。その自信のなさが、仕事に出てしまい、ミスでテンパってしまう。もう悪循環でした。中間テストがあり、その間シフトに入れないと、無知で正直すぎる回答をして、店長に厳しく咎められました。その時に初めて、テストの間でもシフトに入る努力、譲歩をしなければいけないと学びました。
しかし、そんな場所にいることさえストレスになり、採用後3か月で辞めてしまいました。初めてのアルバイトは苦い想い出でいっぱいです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【マカの効能と副作用】の心配 | トップ | 秋の味覚と現実逃避 »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。