★☆TAKASHI&SAKIKO PHOTO GALLERY!☆★

2016年は、変革の年!!

インシュレーター

2016年10月18日 | ステレオ
インシュレーターの再セッティングをしました

現在、スピーカーにはaudio-technicaのAT6099を
3点支持で使用しています。
以前は、前面2点・背面1点支持でしたが
聞き比べて前面1点・背面2点としました。

根拠はありませんが、ウーファーが駆動する面を
2点支持から1点支持にすることで
その分このインシュレーターに吸収される振動が少なく
音が出てくる感じです。
AT6099はハネナイト・ソルボセインと真鍮を
組み合わせていて、振動吸収型の性能を感じます。
音を吸収しているような感じがします。

TANNOY Mercury V1iは廉価版ということもあり
振動が大きく、エンクロージャーの剛性を感じません。
AT6099よりスパイクのほうが
合う様な気がします




音がしっかり聴こえる様になりました
 ちなみに、インシュレーター無しでスタンド直置きは
 聴けたものではありませんでした。
 支柱にはジルコンサンドが入っているとのことでした。




スピーカースタンドはスタンド底面の不陸か
 フロアの不陸か判りませんが、直置きするとガタつくので
 プロケーブルのソルボセイン4点支持にしました。
 安定感があります。
 スピーカーの振動は、スタンド天板に僅かに伝わる程度。






電源とHDD廻りもソルボセインでしっかり納めました。


HDDは、ソルボセインに直置き。効果大です。


プリメインアンプ・プレーヤーは、AT6099で支えています。
 プレイヤーは振動吸収型が良さそうなので。

スピーカーには、オヤイデのスパイクを検討しています。
もっと、ダイレクトな音が出せるような気がします。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 諏訪大社 下社 秋宮  | トップ | 16.10.26 堂平山 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む