私のエッセイ集

人生のまわり道、好奇心いっぱいを、エッセイ集に。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

忘れられた言葉(死語)

2017-04-25 13:15:14 | エッセイ
昔使っていた言葉が、今では使われなくなってしまった言葉を【死語】と言います。今日は、この【死語】についてお話ししたいと思います。
 【目方】、これはいまでは使っていませんネ。重量のことを言います。私は今でも、自分の体重を言うとき
【目方】ということがあります。
「私の目方65kあるんです」という具合です。
 【死語】はこの他にも、「やうつり」、今は引越しと言います。それと、「はばかり」。これはトイレのことです。
私の大好きだった叔母が5年前に亡くなりました。
その叔母が元気だった頃、あるホームセンターへ買い物に行きました。しばらく店内を見て歩いて見ているうちに、トイレへいきたくなりました。探してもなかなか見つかりません。そこで、近くにいた若い店員さんに「【はばかり】はどこにありますか?」と聞いたのです。
そしたら、その若い店員さんは
「それは何にお使いですか?」
と聞いた、というのです。
 時代が変わると言葉も変わってきますよネ。
ジャンル:
おもしろい
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今、ハマっていること | トップ |   

コメントを投稿

エッセイ」カテゴリの最新記事