ニセコだより♪

   チワワ~ズとの北海道生活は、まもなく10年目を迎えます!

子宮蓄膿症Ⅱ

2017-04-29 | 日記
病院では、まず、エコー検査で子宮蓄膿症の疑い(子宮の壁が
厚く、通常の生理とは違う。壁面は波を打つ様にも見え、
内部には液状のモノ(ドロドロ?)を確認。)が示され、 
その後のレントゲンおよび血液検査で 確定診断に至りました。
それも、99パーセントの確率とのこと。

血液検査では、白血球の数値が6万超、炎症の程度を示すCRP
は14。(***正常値はそれぞれ6000-15000、1>以下です。)
どちらも、かなり悪い数値を示していました。




引き続き、先生からは手術の危険性、手術を回避した場合の
デメリット等の説明があり、その場で手術の依頼をしました。
この間、不安がない訳ではないものの、不思議と冷静に
「モモなら、頑張れる!大丈夫…。」と思えたのです。
この時点でモモは尾っぽを振っており、手術は元気のあるうち、 
できれば、1時間以内には開始したいとのお話でした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 子宮蓄膿症Ⅰ | トップ | 子宮蓄膿症Ⅲ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。