面白い日本語と英語の慣用句(イディオム)とことわざ

日本語と英語の慣用句やことわざには、表現や発想がよく似たものがある。
たとえの面白さをいろいろな角度からながめる。

面白い日本語と英語の慣用句(イディオム)とことわざ(428)

2016年10月01日 | 日本語の慣用句、英語の慣用句
a href="http://blog.with2.net/link.php?771145">人気ブログランキングへ

40 よく似た英語と日本語の慣用句やことわざ

(147)burst a blood vessel  青筋を立てる(続き7)

直  訳 血管を破裂させる
意  味 激しく怒る、激怒する

 日本語の「青筋を立てる」がこれによく対応している。「青筋」は皮膚の表面に浮き出て見える静脈である。「激しく怒る」ことをどちらも「血管」を使って例えている点が一致している。
 「激しく怒ること」を意味する比喩表現は多く、英語の「be [get] burned up」、「be [get] mad (at [with] someone [something])」、「(a) blind rage」、「blow a fuse」、「blow [burst] a gasket」、「blow [lose] one’s cool」、「blow one’s stack [top]」、「blow someon up//blow up someone」、「blow up」、「cut someone to the guick」、「do one’s nut」、「enough to try the patience of Job [a saint]」、「fly [go/get/fall] into a (towering) rage [passion]//in a towering rage [passion]」、「fly off the handle」、「foam at the mouth」、「get a blowing-up」、「get [has] one’s blood up//One’s blood is up.」、「get [have] one’s dander [back/ hackles/Irish] up」、「get [be] mad (at [with] someone [something])」、「get on someone’s nerves」、「get [be] (all) steamed up (over [about] something)」、「give someone a blowing up」、「give someone the needle」、「go off the deep end」、「go red in the face」、「go [turn/become] red [purple] (in the face)」、「go through [hit] the roof」、「go up in the air」、「have a quick temper」、「have one’s blood up」、「hit [go through] the ceiling [the roof]」、「hopping mad (about [over] something)//be [make someone] hopping mad]」、「hot under the collar」、「in a blaze of anger」、「in a fume」、「lose one’s rag」、「lose one’s temper (with someone)(over [about] something)」、「(as) mad as a hornet [wet hen]」、「one’s blood boil//make someone’s blood boil」、「out of temper (with someone)」、「rage and fume」、「see red// make someone see red」、「spit feathers」、「stick in someone’s craw [gullet/throat]」、「One’s (Someone’s) temper rises [frays]」、「thundered at somebody」、「turn red (with anger)」、「up in arms (over [about] something)」などや、日本語の「頭から湯気を立てる」、「頭にくる」、「怒り心頭に発する」、「かちんと来る」、「雷を落とす」、「かんかんに怒る」,「癇に障る」、「癇癪を起こす」、「癇癪球を破裂させる」、「堪忍袋の緒が切れる」、「キレる」、「業を煮やす」、「癪に障る」、「鶏冠(とさか)にくる」、「怒髪天(冠)を衝く」「腹の虫が治まらない」、「腹が立つ」、「腹を立てる」、「むかっ腹を立てる」、「目くじらを立てる」、「烈火のごとく(怒る)」、などがあげられる。このうち英語の「blow one’s top」、「blow someon up//blow up someone」、「do one’s nut「give someone a blowing-up」、「give someone the needle」および「lose one’s rag」、は《英》の、「in a towering passion」は主に《英》の語法。

例  文
 When I asked my boss for more wages, he burst a blood vessel.(賃上げを願ったらボスは青筋を立てて怒った)

参考例文
(30)When your father sees the damage you've done to his car, he'll do his nut.(君がお父さんの車に与えた損傷を見たら、お父さんはかんかんに怒るだろうな)
(31)He fell into an appalling rage.(彼はかんかんになって怒りだした)
(32)When he was insulted, he foamed at the mouth.(彼は侮辱されたときかんかんに怒った
(33)You shouldn't get all steamed up over such a trival matter.(そんな些細なことで かんかんに怒っちゃいけませんよ)
(34)Don't get into such a towering passion over it. I’m sure it was all a mistake.(そのことでそんなにかんかんに怒るなよ。きっと、ただ間違っただけだよ)

 このブログの目次は「面白い日本語と英語の慣用句(イディオム)とことわざ(226)」で見ることができます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 面白い日本語と英語の慣用句... | トップ | 面白い日本語と英語の慣用句... »

コメントを投稿

日本語の慣用句、英語の慣用句」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。