min-minの読書メモ

冒険小説を主体に読書してますがその他ジャンルでも読んだ本を紹介します。最近、気に入った映画やDVDの感想も載せてます。

夏見正隆著『要撃の妖精』

2009-11-24 07:44:03 | 「ナ行」の作家
夏見正隆著『要撃の妖精』 徳間文庫 2008.11.15 第1刷 1143円+tax
オススメ度:★☆☆☆☆

いわゆる「仮想戦記モノ」のジャンルに入るのだろう。このジャンルは総じて僕の趣味には会わないので避けてきたのであるが、本屋の店頭で何をトチ狂ったのか覚えてないが本署を手にしていた。
多分、気分転換のつもりか本の帯にあった女性F15パイロットという文字のせいであろうか。
内容に関しては一切論評しない、する気も起きない。かくもぶざまな小説が文庫本で千円以上の値段をつけて売られていることに対し驚きと憤りを抱くのみ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 垣根 涼介著『借金取りの王... | トップ | 司馬遼太郎著『坂の上の雲』 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
同感です (がじ)
2009-12-10 12:55:44
大型書店では平積みで並べられているので以前から存在は知ってましたが、厚みがあったので避けていました。
しかし、あまりにも読みたい文庫本がない為、購入してしまいました…
(私は平積みの文庫本のみ読み漁っているので連作にはすぐ、喰らい付く傾向があります。※歴史物は苦手)
著者の作品は初めてだったので期待をしていたのですが、同感です…
時折、覗かさせて頂きます。
RE:同感です (min-min)
2009-12-11 07:24:18
かじさん、こんにちは。

初めての作家さんの本を読むときには何かワクワクするものがありますね。
時には吃驚するほどの「掘り出し物?」に当たった時は本当に嬉しいのですが。
ま、この作家の場合には正に正反対でしたが・・・
登場人物のキャラクターがどれを取ってもひとりも魅力的な人物がいない、というのが致命的でした。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL