min-minの読書メモ

冒険小説を主体に読書してますがその他ジャンルでも読んだ本を紹介します。最近、気に入った映画やDVDの感想も載せてます。

桜木紫乃著『ホテルローヤル』

2017-06-18 15:33:43 | 「サ行」の作家
桜木紫乃著『ホテルローヤル』文庫 2015.6.30第1刷 

おススメ度 ★★★★☆

本作品は桜木さんの直木賞受賞作である。桜木さんの作品は過去「始終点駅」を読んだ程度であまり馴染みがない。
とはいえ、同郷(北海道)の作家であり親近感は湧くし、特に道東釧路出身の作家さんであり釧路方面を舞台にした作品は興味深い。
この「ホテルローヤル」は釧路湿原のふちに建つラブホテルにまつわる7つの短編からなっている。
「シャッターチャンス」
「本日閉店」
「えっち屋」
「バブルバス」
「せんせぇ」
「星を見ていた」
「ギフト」
以上の7作品だ。内容はホテルローヤルにまつわる人間群像を描いているのだが、時系列的には現代から過去に遡るかたちで描いており、ホテルの利用客、出入りする業者、現在の経営者、そして創業者のそれぞれの立場、事情を織り交ぜて語ることによってその時代の断片(特に北海道東部の最大の都市である釧路の隆盛を誇った時代からバブル崩壊後の衰退の模様)を鋭く切り取って描いていく。
最後の「ギフト」によってこのホテルが建てられた経緯や名前の由来、そして創業者の全貌を明らかにすることによって、その前に語られる物語で不明であった部分が繋がり、全体の作品群に対し読者により深い味わいを与えてくれる。
7作品の中で印象に残るのは「えっち屋」と「星を見ていた」であろうか。
実際この作家がラブホテルの経営者の元に生まれ育ったということで、この家業の裏表の事情を知り抜いた上での描写がありとても興味深いものがあった。最後に、辺境の地に生きる貧しい一般庶民の生きざまに注ぐ作者の暖かい視点が好感持てる作品である。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

佐伯 泰英著『声なき蝉-空也十番勝負 青春篇 上・下』

2017-05-27 20:30:01 | 時代小説
佐伯 泰英著『声なき蝉-空也十番勝負 青春篇 上・下』双葉文庫 2017.1.11第1刷 

おススメ度 ★★★☆☆

「居眠り磐音江戸双紙」シリーズが実に51巻という長大な物語となって終えた記憶はまだ新しい。かのシリーズの最終場面で磐音の息子空也が武者修行に出るのを妻おこんと共に見送った時、読者の多くは必ず息子空也を主人公とする物語がきっとはじまるであろうことを予感したと思う。
そして本書が上梓され、タイトルに空也十番勝負とあることから、少なくとも10話のシリーズとなると思われる。
さて、空也が武者修行として最初に選んだのが南国薩摩であった。かの地で薩摩示現流の太刀を学びたいという事であったが、薩摩は江戸時代最も他国者、特に江戸幕府の隠密の潜入を拒んだ藩として知られる。果たして何の回状も持たない空也が無事薩摩藩に入ることが出来るか否かが最初の大問題であった。
著者佐伯 泰英はここに「外城衆徒」なる闇の国境監視集団を登場させ、空也の入国を徹底的に阻止しようとする。上巻はほぼこの外城衆徒との暗闘に費やされ、空也は毒矢を浴びながら滝つぼへ真っ逆さまに落下して終える。この滝壺へ落ちて命が助かったものはなくその骸すら上がらないと言われる所であるが、空也が死ぬわけがない。死んだら下巻は無いわけだから。
もう一つ特筆すべきは空也が薩摩藩に入るにあたって自らの口を閉ざしたことである。つまり聾唖者のふりをした訳だ。この設定は中々考えた設定であると思う。下手に口を開けばたちどころにその出自がばれるからだ。本書のタイトル「声なき蝉」とはまさに空也自身のことであった。
とにかくそんな聾唖者を装った若き修行者は口はきけないが、その人となりと行動で多くの支援者を得る。最大の支援者を薩摩の地で得られたのが本書のキモであろう。物語の詳細は省くが、僕が最も本書を読んで嬉しかったのは我が愛する霧子が出て来たことだ。消息を絶った空也が心配で心配で亭主にも黙って空也が無事薩摩入りを果たしたかどうかだけでも確認したいと彼の足跡を辿る霧子。
霧子の胸中を想うと、なんとも切なくなる。霧子の人生はこれだけでも一遍の小説と成り得るほど数奇な運命を背負ったおなごである。
ともかく、磐音の息子は偉大な剣客である父を超えることが出来るか!?というのが本シリーズの最大のテーマかも知れない。
著者も齢70代の後半を迎え、何時まで健筆でいられるか分からないが、渾身の力を込めて書き進めていただきたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドン・ウィンズロウ著『ザ・カルテル 上・下』

2017-05-18 13:05:11 | 「タ行」の作家
ドン・ウィンズロウ著『ザ・カルテル 上・下』角川文庫 2016.4.25第1刷 

おススメ度 ★★★★☆+α

メキシコにおける1975年からの30年間にわたる「麻薬との戦争」を描いた「犬の力」の続編である。
シナロア・カルテルの巨頭のひとりアダン・バレーラの逮捕、収監によってメキシコ国内の麻薬戦争はいったん小康状態になったとみられたのだが、そのアダンが脱獄し、旧来の宿敵であるDEA(米国麻薬取締局の捜査官)アート・ケラーの首に莫大な賞金をかけたのであった。
そのころアートはDEAからも身を隠し、米南部の教会の養蜂家としてひっそりと暮らしていた。
が、ある日彼の前に現れたのはDEAの幹部ティム・テイラーであった。アートは半ば強制的にAFI(メキシコの連邦捜査局)へ派遣され、再びナルコ(麻薬カルテル)と対峙することとなった。
メキシコの「麻薬との戦争」はその勢力争いにおいて以前にも増して激烈化し暴力と贈賄の度合いは目を覆うばかりになっていた。
バレーラの捜索は遅々として進まない中、カルテルの中でもオチョアとZ-40が率いる「セータ隊」の勢力が急速に伸びて来た。
彼らは圧倒的な武力をもって他カルテルを潰し、警察や軍の一部をも支配下においた。今やメキシコの陰の政府とも呼ばれた。

彼らのやり口は「金を受け取るか死か」というもので、買収が聞かない相手に対してはその家族に手を伸ばして従わせるといったもので、殺戮の残酷さはヘタなプラッター映画の数倍も酷いものであった。チェーンソーで首を切り身体をバラバラに切断する、といったシーンの連続には辟易する。
メキシコ軍部の海兵隊はもはや通常のやりかたでは彼らに勝てないという結論に達し、ついには海兵隊内部に特殊部隊(暗殺部隊)を創設し、セータ隊隊員、特に首謀者の直接抹殺に乗り出す。
その考えはアメリカの「テロとの戦い」でアルカイーダの首領ビンラーデンを特殊部隊が屠ったようなものである。
ここに至って「麻薬との戦争」は「テロとの戦争」同様、呵責の無い全面戦争へと突き進む。著者は人間の惨さ残酷さをこれでもかこれでもかと執拗に描くのであるが、奥底にどうしようもないくらいの絶望感、虚無感が漂う。そしてこのような事態を止められない政府、組織そして人々に対し深い深い怒りを感ずる。前作「犬の力」ではまだ希望の光の一端をみられたような気がしたものの、本編においては「絶望」の二文字のみだ。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小川一水著『天冥の標Ⅷジャイアント・アークpart2』

2017-05-08 11:02:28 | 「ア行」の作家
小川一水著『天冥の標8 ジャイアントアークpart2』ハヤカワ文庫 2014.12.25第1刷 

おススメ度 ★★★★☆

メニー・メニーシーブ星の首都オリゲネスはある日突然現れた夥しい数の咀嚼者フェロシアンの襲撃に会い、たちまち占拠された。
本編はこのフェロシアンに立ち向かうエランカ大統領率いる新民主政府の戦いと、メニー・メニーシーブ星の真実を探るべく調査行を敢行するカドムらの冒険の二部構成となっている。
本編を読んでいると、一体ここが何処でいつの時代なのか混乱してくる。そもそも星の名前が時代によって変わるし星の地下層にある世界の名称が交錯し訳が分からなくなる。
そして登場人物も数百年に渡って生き続ける者や各年代で微妙に名前を変えながら登場する子孫だの混迷に拍車をかける。
ま、それはともかくカドムらの冒険行が興味深い。地下から2千メートルはあろうかという天井に向かうのであるが、そこに驚愕の真実が一行を待ち受ける。このメンバーが面白い。
唯一の普通の人間?はセアキ・カドムただひとりで、あとは咀嚼者イサリ、海の一統のオシアンとユレイン三世元総督、ラバースのラゴスなどなど。
本編で特記すべきは咀嚼者フェロシアン・イサリのエロさであろうか。もともと硬殻化する以前は救世群のリーダーの長女イサリであって冥王班患者ではあるが魅力的な少女であった。
硬殻化した後もその美貌と艶めかしさが残り、当初よりファンの一人に僕はなったのであるが、今回カドムとの絡みの中で彼女の乙女の部分にグッと来るものがあった。
さて物語はいよいよ最終場面にむかうのであろうか!?










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

月村了衛著『機龍警察 未亡旅団』

2017-04-25 15:34:57 | 「タ行」の作家
月村了衛著『機龍警察 未亡旅団』早川書房 2014.1.25第1刷 
おススメ度 ★★★★★

チェチェン紛争で夫や家族を失った女性だけのテロリスト集団が日本に潜入したという情報が入った。
目標も決行日も全く分からない。その上このテロリスト集団の中には未成年、「少年兵」といわれるメンバーが含まれており、彼女らに自爆テロを行わせる可能性が大ということで警察側に動揺が生じる。
チェチェン紛争はエリツインが大統領であった1994年に第一次紛争が勃発し、2年後に一時停戦合意が成立したものの、再び第二次チェチェン紛争が1999年に再発した。
我々の記憶に生々しく残るのは2002年に起きたチェチェン独立派武装集団によるモスクワの劇場占拠事件である。
大統領はエリツインから現在のプーチンに変わっており、プーチンは剛腕でもってこの事件を終焉させた。制圧部隊が劇場の空調を使って毒ガスを流し、武装集団と人質となっていた観客もろとも無力化。特殊部隊が突入し一挙に武装集団全員を射殺という戦慄すべき荒業で制圧したのであった。その時の武装集団50名の内18名の未亡人メンバーが含まれていたと言われる。彼女たちは自爆用爆弾を腹に巻いていた。
そんな事件を思い出したのであるが、現在は世界のテロ状況はさらに悪化し、イスラム国を初めいわゆるイスラム原理主義者らの集団が子供たちに自爆テロを敢行させるという恐るべき事態となっている。
本編はこうした世界状況を先取りする形で恐るべきテロリスト集団「黒い未亡人旅団」を登場させた。
物語は単に機龍警察対テロリストの戦いだけではなく、日本警察内部の軋轢をも抉り出して行く。今回は特捜部と公安、外事との共同作戦となったため、更に内部対立の様相が複雑となった。そして本件の真相は誰もが想像もできないことが含まれ、物語は予想外の方向へ展開していく。

とかくシリーズものといえば第一作が傑作であればあるほど第二作以降の質は落ちていくのが常道であるが、本シリーズに限っては例外であろう。
一作ごとにそのボルテージは上がり、スケールも広がりをみせる。これだけの緊張感を維持し読者を惹きつけて離さない月村氏の筆力には改めて感嘆した。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小川一水著『天冥の標Ⅷジャイアント・アークpart1』

2017-04-19 11:09:29 | 「ア行」の作家
小川一水著『天冥の標Ⅷジャイアント・アークpart1』ハヤカワ文庫 2014.5.20第1刷 
★★★★☆

メニー・メニーシーブ星の水槽に隠れていた怪物がそこから這い出して広まった奇怪な病気。その怪物とは硬殻化した救世群の盟主の長女イサリであった。かくして読者は長い長い物語の航海の後でやっと本シリーズの最初第一部に舞い戻って来たことを知る。
そのイサリは冥王叛未感染の人類との、種の存続をかけた壮絶な戦いの中でアイネイア・セアキを逃すといった救世群への裏切りの罪を問われ妹ミヒロの命によって冷凍睡眠されたのであった。その間何と300年の長きに渡って。
今そのような長い眠りから起こされたイサリに与えられた役割とは何なのだろう?

本編によって今まで謎であった事柄が徐々に理解されるのであるが、物語がいよいよ佳境に入って来た予感がする。だが、まだ先の巻が多くあることを考えると予断は許されないのかも。
本編はイサリの視点から第一部の物語が語られて興味深いのだが、アインの面影を残すカドム・セアキへの恋心が切ない
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

村上龍著『オールド・テロリスト』

2017-04-07 10:55:26 | 「マ行」の作家
村上龍著『オールド・テロリスト』文芸春秋 2015.6.30第1刷 
★★☆☆☆
本の帯には、
怒れる老人たち、粛々と暴走す
「年寄りの冷や水とはよく言ったものだ。年寄りは、寒中水泳などすべきじゃない。別に元気じゃなくともいいし、がんばることもない。年寄りは静かに暮らし、
あとはテロをやって歴史を変えればそれでいいんだ」とあり、何とも人を食ったフレーズではないか。

著者村上龍氏は僕と同世代の作家で、彼のデビュー作以来リアルタイムでその後の作品に接してきた。この作家の作品は好きなようで嫌いなようでもある不思議な感情を抱いてきた。最後に読んだ彼の作品はたしか「半島を出よ」だったと思う。この作品は大いに楽しんだ記憶がある。あれからしばらく経った本作は如何であろうか?と期待しつつ読んだ。個人的には極めて興味深いテーマであり内容もそこそこ良かったのであるが、他人へ御すすめしたいかとなれば、そうでもない。
というのも、本編で登場する老人たちの怒りなるものが、今を生きる若者たちには決して理解出来ないであろうからだ。
本編の三分の二くらいまではこの老人たちは直接登場しない。凄惨なテロの実行犯は別にいて、陰に潜む老人たちの存在はうかがえるものの、謎は深まるばかりだ。
テロの対象となるNHKや歩道をスマホをやりながら自転車をこぐ若者、更にAKB48に似たアイドルグループに群がる若者たち。
どうもこの老人たちはこれらの若者を殺したいくらい憎んでいるようだ。ま、単なる憎しみではないのであろうが、彼らの最終的なテロの対象が原発であるようなので、その実行にためらわないぞ、という脅しなのかも知れない。
いずれにせよ、現代の日本は彼らが描いた日本の未来図ではなく、腐れ切った現状を打破するにはもういちど日本を焦土にするしかないという考えに至ったようだ。
僕は彼らよりひと世代前の老人であるが、このどうしようもない日本を立て直すには一度リセットするしかない、という考えには共鳴する。僕だったら原発を攻撃する前に国会議事堂に対し、88式対戦車砲をぶち込んでやりたいし、今のチャラけた子供たちを一度地獄の窯の底に放り込んでやりたい気持ちもある。
ところで、本編の結末は多分こんなものだろうなぁ、という想定内の終わり方であるが、これはいつもこの手の作品で思うのだが、小説という虚構の世界なのだから究極の結末までもっていってもいいんじゃないか!という点。日本を一度「ガラガラポン」とリセットしてみたらどうなるか?それを読みたいのだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

米映画『ザ・コンサルタント』

2017-02-06 20:33:48 | 映画・DVD
米映画『ザ・コンサルタント』 原題 The Accountant 2016年 ワーナー・ブラザーズ映画

おススメ度 ; ★★★★☆


監督: ギャビン・オコーナー
キャスト:
ベン・アフレック( クリスチャン・ウルフ役 )
アナ・ケンドリック( デイナ役 )
J.K.シモンズ(レイモンド・キング役 )
ほか

シカゴ近郊の田舎町で会計事務所で近隣住民にも親切な応対をする男の裏の顔は世界中の危険人物や悪党の裏帳簿を預りマネーロンダリングをも行う会計コンサルタントで年収10億円を稼ぐ男だ。その筋からは単に会計士と呼ばれていた。
この男が一体何者で何故このような稼業を始めたのかは謎であった。映画の冒頭マフィアと思しき一味をそのアジトに潜入し次々と射殺、もしくわ撲殺して行くシーンから始まるのであるが、この男が単なる会計士ではなく冷徹かつ冷酷な凄腕の殺し屋であることを描いて行く。
映画の途中でこの男の少年時代の回顧シーンが何回か挿入されるのであるが、最大のキーワードは「高機能自閉症」という言葉であろう。この病気がどの様なものかを正確に理解する必要がある。
主人公の男がこの病を発症した時に彼の父親は彼の行く末を想い、受けるであろう苦難を予見し彼にあらゆる軍事的な知識と訓練を施す。それが後に役に立ったのが彼の優れた狙撃技術とマーシャルアーツであった。
特筆すべきは本編で彼が使用した狙撃銃はバレットM82という化け物のような銃で、元々米軍用に対装甲車向けに開発した兵器で映画の中ではFBI捜査官が対空砲と言っていた。彼は射撃場の訓練では1.5km離れた標的を撃ち抜いてみせた。
こんな銃を人間に向けてぶっ放すのだから狙われた方はたまらない。
近接格闘技で彼が見せるのはインドネシアのマーシャルアーツ、「シラットだ。空手よりも実用的かも知れない。
一方この男の正体を探るFBIの長官と彼に見込まれた訳ありの女性捜査官がいた。この辺りの絡み具合が絶妙に面白い。この男クリスチャン・ウルフはいわゆるアンチヒーローであり、過去の映画トムクルーズ主演の「アウトロー」を想起するのだが同じく米軍勤務の父親に連れられて世界中を頻繁に転勤して育ったという共通項がある。考えてみると子供には過酷な環境かも知れない。共に米国内を根無し草のように漂う結果になるのが印象的だ。
ところでエンドロールを見て気が付いたのだが、主演がベン・
アフレックではないか!数年前に観た監督兼主演した「アルゴ」の彼だ。いやぁ今回の方がクールでカッコ良かった!




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

米映画『スター・ウォーズ ローグワン』 ☆ネタバレ有り☆

2016-12-20 14:00:55 | 映画・DVD
米映画『スター・ウォーズ ローグワン』 原題:「Rogue One;A StarWars Story」2016年12月16日公開

おススメ度:★★★★☆+α

★ネタバレ有り注意!★

一切の前情報は要らない、という方は読まない方がいいかも。特に最後の場面はサプライズです。中身を知らずに劇場にて楽しんで下さい。


監督:ギャレス・エドワーズ

キャスト:フェリシティ・ジョーンズ(ジン・アーソ役)
     ディエゴ・ルナ(キャシアン・アンドー役)ほか

あらすじ:シリーズ最初の「スターウォーズ/新たなる希望」でルーク・スカイウォーカーらが乗ったスターファイターがデス・スターを攻撃するのだが、この作戦を敢行するにはデス・スターの設計図が必要であった。物語はいかにしてこの設計図を入手したのかを描く物語。本編はその知られざる壮絶な戦いを描くスピンオフ作品となっている。詳細は公式サイト等でお読み下さい。

シリーズ最初に制作、公開されたエピソード4は1977年であった。僕は20代の後半この映画を何の前情報も持たずにケニアの首都ナイロビで鑑賞した。その時の興奮は今も忘れない。それから40年後、スピンオフ映画とは言えまさかこの直前のストーリーを描いた作品を見られるとは予想だにしなかった。007シリーズと共に超ロングセラー作品となり、とても幸せに感じている。当時もこの映画の特撮技術に驚くとともに感動したのであるが、あれから40年を経た現在のCG技術は大いに発展し、帝国軍と抵抗軍の戦いも互いのスターファイター同士の空中戦から地上のジャングル戦に至るまで迫力満点である。
原題のRogue Oneであるが抵抗軍の貨物船(相手の帝国軍から奪ったもの)がそのコードネームを帝国軍の管制官から問われた時に咄嗟に思い付いて答えたネームで元々の英語の意味は、ならずものとかハグレものと言った意味を持つ。
デススター設計図を奪取に向かった特攻チームは正にハグレものたちであったのだが、その互いを想うチームワークは抜群で死をも恐れずに任務に志願した強者たちであった。
その一員である今回のヒロイン、ジン・アーソ役のフェシリティ・ジョーンズについては充分カワイイのではあるがちょっと線が細いのではなかろうか。
個人的には「ハンガー・ゲ^-ム」のヒロイン、カットニスを演じたジェニファー・ローレンスのような凛とした女性に惹かれる。
また反乱軍の情報将校キャシアン・アンドーを演じたディエゴ・ルナは文句なくハンサムで愁いを帯びた顔貌は多くの女性ファンを魅了すると思う。
また特筆すべきは二人の東洋系役者で一人はドニー・イェン。少林寺の坊主みたいで少林拳と棒術(座頭市をも彷彿させる)でもって帝国軍のストーム・トルーパーたちをバッタバッタとなぎ倒す。彼のそばには盟友チャン・ウェンがぴったり寄り添いふたりとも壮絶な最後をとげるのであった。
映画の最終10分間は特に目が離せない。けっこうなシーンで登場したダース・ベーダーがライトセイバーを振るい抵抗軍のの搭乗員を殺戮するシーンは圧巻だ。この時点では共和国側にはフォースを持ったジェダイがおらず、ひとりダース・ベイダーの独壇場となってしまった。
そしてあの懐かしいR2-D2とC-3PCが出てきてほっこりするのだが、最後の最後に設計図を受け取ったレイア姫が映って、エピソード4へと突入するわけだ。
このあたりシリーズのオールドファンをも唸らせる監督のサービス精神に拍手喝采!!!
とにかくシリーズ初めて観る若い世代から老人まで楽しめる作品と言えるだろう。



 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

森詠著『燃える波濤第6部 烈日の朝』

2016-12-12 16:44:00 | 「マ行」の作家
森詠著『燃える波濤第6部 烈日の朝』徳間書店 1990.9.30
おススメ度:★★★★☆

第5部を再読したらやはり最後の第6部も読みたくなった。今回もアマゾンから購入。


本の帯には

〖第二維新〗を目論む日本は軍をフィリピンに侵攻させようとしていた。一方、国民抵抗戦線(NRF)と亡命政府からは日本軍への戦闘開始命令が出て、国内では北陸戦争が始まった・・・・・・。

ということで、今度は戦争だ!国民抵抗戦線は少ない武器と兵力にもかかわらず敢然と治安警察軍と対峙する。彼らはゲリラ戦の一環として能登の原発ほか数か所の原発を占拠したのであった。
維新政府内部にも二派に分かれて権力抗争が起きており、国内の抵抗勢力には明智首相派の治安警察軍のみが対処した。一方、国民党の幹事長である広川派が牛耳る日本軍はこの時フィリピンに派兵されていた。
原発が占拠されたことにより一気呵成に金沢を攻め落とす事が出来なくなった。結果、抵抗軍と治安警察軍の戦闘は膠着状態となって行った。
パリにある亡命政権はこんな日本国内の情勢をみて新たな戦略を立てる必要にせまられた。新たな戦略は天城たちの大きな犠牲を払った上で救出されたもの日本政府情報部の武田部長によって立案されたのであった。それはNRFは一度日本を出てアジア各地を転戦する「長征」であった。

本作が上梓された前年に中国で天安門事件が発生し、旧ソ連が崩壊する以前であった。したがって著者の世界情勢の分析にはげ現時点からみたらやや苦しいものがある。
顕著な例は当時想定できなかった中国の経済的発展の度合いとソ連の崩壊、更に湾岸戦争とそれ以降の中東情勢の激変ではなかろうか?

とにかく維新政府の目指すものはほぼ完全に明治憲法に則した過去の大日本帝国の復活を目論む反動政権でありその首班である明智首相は我が安倍総理にそっくりである。

とまれ本作はこの第6部でもって終わりになっているが、この結末を知るにはまだ数十年の月日が必要かも知れない。そしてリアル日本の行く末を考える良い機会を与えてくれる一作であると思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加