min-minの読書メモ

冒険小説を主体に読書してますがその他ジャンルでも読んだ本を紹介します。最近、気に入った映画やDVDの感想も載せてます。

森詠著『燃える波濤第5巻 冬の烈日』

2016-12-05 11:29:11 | 「マ行」の作家
森詠著『燃える波濤第5巻 冬の烈日』徳間書店 1989.5.31 第一刷 1,200円


おススメ度:★★★★★

本の帯には次のような一文が記されている

「九州戦争から五年、右旋回を成し遂げた日本は、軍事大国を目指していた…。アジアに戦乱の暗雲が拡がる。そして、あの風戸大介が成田に降り立った。」

自衛隊内に組織された右派グループ「新桜会」の軍人たちによって敢行されたクーデターによって維新政府が樹立され、それに対抗するかたちでNRF(国民抵抗戦線)がつくられ日本は事実上内線状態になった。しかし、維新政府は見せかけの民主投票を行い自らの率いる国民党が圧勝した。
その後憲法第9条を廃棄し維新憲法を発布。
自衛隊は国防軍として正規な軍隊に昇格された。
また秘密保護法を成立させ戦前の治安維持法と同じ法案を可決し、治安警察(昔の憲兵隊に相当)を設置し、NRFを初めとした抵抗勢力を徹底弾圧した。
また国民に対しては秘密裏に核武装をもくろんでいた。核兵器なかでも中性子爆弾の研究開発に着手したのであった。維新政府の無敵は日本が核保有国の一員となり国際的プレゼンスを高め、東アジアにおいては米国に代わって覇権を持つ。要は昔の大東亜共栄圏の構築を目指すものであった。
ところでこの作品は四半世紀前に書かれたものであったのだが、著者森詠氏には今日の政治状況を的確にとらえていたようだ。
クーデターという極端な手段を取るわけではないものの、今や一党独裁に近い安倍自民政権が目指す日本の姿と本作品で描かれる近未来の日本の歩む姿が見事にシンクロしてくるではないか!
一方NRF内部でも国際派、国内派で微妙に軋轢を生じはじめ、今回風戸大介が帰国した目的のひとつは双方の関係改善であった。その中で喫緊の課題は維新政府による核兵器開発の阻止であった。風戸とNRFの特殊部隊はその開発研究拠点のある青森県六ケ所村に乗り込んだのであったが・・・
またパリの亡命政権の中枢にいる天城の元にある日かっての恋人であるシンガポール財閥の娘リーからある重要な情報がもたらされる。それはかって天城の上司であった武田情報部長が生きており、現在維新政府の秘密監獄に囚われているというものであった。
天城はリーの元夫の協力を得て彼の救出作戦に自らも参加志願したのであった。本編ではこれらの作戦を軸に息詰まるような物語展開となっている。




第一部から第三部の感想は拙ブログでも取り上げている。興味のある方は是非ご覧ください。

http://blog.goo.ne.jp/snapshot8823/e/0fb108705171cbcafac34caff0

本編の前に第4部「明日のパルチザン」があるのだが、これは九州における維新政府に反抗する若者たちと元フランス外人部隊出身の枚方俊治(このシリーズの3人の主人公のひとり。実は個人的には一番好きな人物である)の壮絶なゲリラ戦を描く作品なのだが敢えて申せばシリーズの中では番外編であり今回の再読では割愛した。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

渡辺裕之著『新・傭兵代理店 欺瞞のテロル』

2016-11-30 22:12:58 | 「ワ行」の作家
渡辺裕之著『新・傭兵代理店 欺瞞のテロル』祥伝社文庫 2016.6.20 第1刷 700円+tax

おススメ度: ★★☆☆☆+α

九州鹿児島県にある川内原発のホームページがハッキングされ乗っ取られた。HPのトップ画面には散々報道でお馴染みのテロリストグループ、ISの旗がある画像が映っていた。その画面にはこの原発がテロのターゲットであり、決行日と思われる日付がありカウンターとなっていた。
慌てた日本政府は傭兵代理店の池谷に協力を求めた。池谷は森美香を通しリベンジャーズの藤堂に繋いだのであった。美香は以前の内調から新設の国の情報機関へと移っていた。
今回のリベンジャーズの任務は川内原発のHPに侵入したハッカーそれはISのサイバー部隊と思われたのであるが、それを突き止め彼らのテロルを阻止することにあった。
浩志をはじめリベンジャーズの主要なメンバーが先ず向った先はサイバー部隊が潜むと思われたフランスのパリであった。
一方日本に残っている美香は今は自分の夫である藤堂浩志の父の死亡を知ったのだがそれが自殺であったことからその真相を探るべく島根県まで足を伸すのであった。
物語はこうしてフランス、ベルギー更にシリアへと、また日本との二本の軸を並行して進めるのであるが、正直言って双方の場面とも進行が緩慢に思え疲れるほどだ。リベンジャーズの活躍の場はかなり後半のシリア国内での作戦行動においてであるが今迄のシリーズほど激しいものではない。激しければ良いわけではないものの、作戦行動、戦闘シーンもちょっとマンネリ気味である事は否めない。ISに関してはもう充分といったところか。
しかしISの欧州、なかんずくベルギーでの情勢、状況に関しては的確になされているので、パリやブリュッセルでの同時多発テロを理解するには重宝な分析だと思う。
またクルド人勢力の組織やその整形過程、歴史的背景などがストーリー展開に合わせ的確に説明がなされ、下手な中東専門家なんかの記事を読むより役に立つ。
ここで話はちょっとそれるのであるが、我が国の原発が某国の工作員やテロリストたちに狙われる危険性多いにあり得る。地震や津波だけが脅威なのではなくテロルこそ恐ろしい。というのも原発の警備があまりにもお粗末な点があげられる。もうかなり以前ではあるが、仕事の関係で東電の柏崎刈羽原発の敷地内に入ったことがあるのだが、メインゲートの警備には丸腰の民間警備員らしき2,3人が詰めているだけであった。これじゃ原発を襲い占拠するには一個小隊もあれば十分なのでは、と思った。先進国の警備状況はよく分からないが、途上国ではごく普通の火力発電所でも警察部隊、時には軍隊が警護に当たっているのが常識だ。
津波による被害は想定外であったというが、テロルの標的にされるのはもっと想定外なのであろうか?
日本がISなどのテロリストの標的になっていることは架空の空絵ごとではないことを政治家は認識してほしい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

矢月秀作著『狂犬』

2016-11-23 16:09:56 | 「ヤ行」の作家
矢月秀作著『狂犬』双葉文庫 2016.10.16 第1刷 648円+tax

おススメ度 : ★★★☆☆

ヴァイオレンス小説?「 もぐら 」で知られる矢月秀作の作品。妻子を三人組銀行襲撃犯に殺された神条刑事はその一味の頭目永倉を執拗に追いかける。私的復讐心とも思われるその捜査方法は時に常道を外れ黒社会から「狂犬」と呼ばれるようになった。
一方その狂犬から追われる永倉一味であるがこれまた野獣並みの凶暴性を持つ連中である。中でも永倉の凶暴さは図抜けて激しいものがある。銀行襲撃にしても拳銃だけではなくサブマシンガン、手榴弾あげくはバズーカ、グリネードランチャーまで用意し、警察ばかりではなく一般市民にまで発砲する無茶振りだ。このあたりが現代の日本犯罪事情からあまりにも遊離し、読者には現実感を与えない。
映画「lキルビル」の亜流版をみているようで時に鼻じらむほどだ。ま、フラストレーション解消を望む読者には良いかも知れない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小川一水著『天冥の標7 新世界ハーブC』

2016-11-19 11:12:37 | 「ア行」の作家
本編の前に天冥の標6がある。1から3の三部構成なのであるが全編これクライマックスとも言えるおもしろさだ。内容は救世群が種の尊厳の為に全人類に対し宣戦布告し全面戦争に突入した。彼らは異星人カルミアンの技術により全員硬觳体となり、今までより更に強力な冥王斑ウィルス爆弾を巧妙に人類の元に送りつけた。
激烈な抗争の結果人類は死滅の淵にたたされたのであった。最後の人類の頼りの綱はシェパード号に乗り込んでいたアイネイアー・セアキであったのだが・・・・
あまりの面白さに感想をアップする間も無く月日が経ってしまった。このシリーズの最後まで読んだわけではないが、この三部作は最高に面白い!勿論オススメ度は★5だ。


で、本編の天冥の標7に移ろう。

小川一水著『天冥の標7 新世界ハーブC』ハヤカワ文庫 2013.2.20第1刷 760円+tax
オススメ度: ★4半

救世群艦隊との戦闘から何とも逃れたアインは恒星船ジニ号でミゲラと再会した。そのジニ号から生存している人類を求めて小惑星セレスへちゃくりくした。セレスの地下シェルターにはスカウトの連中が5万人の子供たちと共に避難していたのだ。
救世群の目を逃れ果たして彼らは生き延びることが可能か!?大人たちのほとんどが死滅し残ったスカウトの連中の年は18,19才というまだ少年とも言える若者たち。その連中が5万人もの子供たちを守る為には、ある種の国家を運営するにも等しい試練が待ち受ける。それは内部権力抗争であり、地下シェルターの維持、拡張、更に救世群からのぼうえいなどなど、未経験な難問が次から次へとスカウトたちの前に持ち上がる。
本編の最後の部分で読者はこのシリーズの第1巻の世界に舞い戻って来たことを知る。ここに至って今迄の謎の多くが解明されたかに思えたのであるが、まだいくつかの疑問は残る。ああ、先が読みたい!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

米国映画『ジャックリーチャー Never go back』★ネタバレ注意★

2016-11-13 16:42:03 | 映画・DVD
米映画『ジャックリーチャー Never go back』2006年制作

オススメ度:星3半

原作: リー・チャイルド
監督: エドワード・ズウィック
配役: トム・クルーズ、コビー・スマルダーズほか

前作『アウトロー』の続編とあるがストーリィがそのままつながっているわkrじゃない。本編の原作はこのシリーズ18作目のようだが筆者は読んでいない。
主人公のジャックリーチャーは元米軍のMPの将校であり、相変わらず米国内を漂流している。何故か忘れたがその彼が元同僚であった女性将校に電話し会いに行ったところ、彼女はすぱいようぎで刑務所に収監された後であった。勿論リーチャーは彼女を脱獄させるのであったが、その二人を執拗に追いかけ抹殺しようとするグループが出現する。
この後はネタバレになるので読みたくない方はパスして頂きたい。

このグループは何者!?ここからは割とよくあるストーリーになるのだが、要は軍内部の高官とこの民間軍事会社との謀議でアフガンから撤退時に武器の横流しを計った。それをMPの女少尉の部下2に探らせて証拠をつかんだのだが、そこから民間軍事会社の暗殺部隊が暗躍し始める。
リーチャーと元同僚の女少尉はこの冤罪を晴らすべく奔走し、暗殺者の攻撃をからくも躱すのであった。
ところで前作アウトローでも感想を述べたのであるが、映画と原作のジャックリーチャー像は全く異なる。原作ではかなりの大男なのだが、演ずるトムクルーズはあの通りの小柄な男優 である。そのギャップを埋めるのはトムの俊敏なアクションだろう。特に今回は銃器に頼らずトムの拳が炸裂して小気味好い。
また前作の無表情な冷血漢とも取れるジャックリーチャーであったが、自分の落とし子かもしれない16才の少女を前にして、表情が一変し、情緒豊かな表情へと変わるシーンも見所か。
原作を読んでから観たいというお方には現在この作品が邦訳されている事をおしらせしたい。講談社文庫から今月発刊されたそう。
余談だがこの作品はトムの方から熱望して制作したものらしい。監督はかって『ラストサムライ』でタックを組んだエドワード・ズウィック。








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

池井戸潤著「下町ロケット2ガウディ計画」

2016-11-01 16:26:42 | 「ア行」の作家
池井戸潤著「下町ロケット2ガウディ計画」 小学館発行 2015.11.10第一刷 ¥1,

おススメ度:★★★★★

前作「下町ロケット」において国産ロケットのエンジン部分に使われるバルブシステムの採用を巡り大手企業帝国重工との激しい受注合戦の末、見事に勝利した東京下町の町工場・佃製作所の快挙に我々読者は大いに感動したのであった。
今度は「ロケットから人体へ」のキイワードの通りロケットエンジンから人工心臓へのバルブシステムへの転用を巡る熾烈な技術開発競争とその受注を巡り新たなライバルの出現を迎え、再び佃製作所の戦いが繰り広げられる。
冒頭物語は前作の流れをくみ帝国重工から新たに佃製作所製バルブシステムの試作品製作依頼があったのだが、試作品が完成し次の量産体制へ移行しようという段階になり、そこへNASAで培ったという技術を売りにサヤマ製作所なるライバルが割り込んできたのだ。この逆転劇の裏には前回佃製作所の持つ特許権で煮え湯を飲まされたと恨む帝国重工の調達部の一部の者たちの陰謀があった。
一端ロケットエンジンのバウブシステムの受注合戦に敗れたように思われる佃製作所に対し、同社が参入しよう試みる人工心臓「コアハート」のプロジェクトに対してもこのサヤマ製作所及びその上に立つ日本クラインそしてアジア医科大学の巧妙な陰謀が繰り広げられる。
更に福井の無名大学より要請のあった人工弁の開発に関してもアジア医科大学の金と権力に目がくらんだ貴船教授の妨害が始まり、佃製作所は会社の存続すら危うくなる窮地へと追いやられたのであった。
この医学界に於ける「白い巨塔」的な陰湿な権力闘争、大企業におけるあからさまな下請け企業への蔑視が行われる中、佃製作所は果たして反撃が可能なのであろうか?
ま、結果はある程度予測は立つものの、後半に描かれる「勧善懲悪」的物語の進行には思わず拍手喝采を叫びたくなるのであった。
下町企業の経営者およびその従業員が持つ技術者集団の矜持に対し心より感動した。皆さんに是非お勧めの一遍であります。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

深緑野分著『戦場のコックたち』

2016-10-08 10:48:05 | 「ハ行」の作家
深緑野分著『戦場のコックたち』東京創元社2015.8.28 第1刷1,900円+tax

おススメ度: 星4つ

欧米を舞台にした小説で日本生まれの日本人作家で、登場人物が全て外国人というか日本人が一人も登場しないという小説は、僕が知る限りヨーロッパの中世を中心に描く作品群で知られる佐藤賢一氏を思い起こす。
それも年齢は不詳ながらまだ30代と思われる女性が描く題材が第二次世界大戦での米軍内の青春群像というのも驚きだ。
そして主人公コールの軍隊での職務はコックなのである。米英を中心とした連合国軍のノルマンディー上陸からベルリン陥落まで描いているのであるが、戦場におけるコックという立場でどのような物語展開をするのであろうか?と読む前から想像してわくわくしたものだ。だが良い意味で大いに予想を裏切られた。
この作家の感性と創造力には感服した。
戦争小説としては題名から推して激しい戦闘場面など想像できないが、戦争を通しての戦友との友情、人類愛、敵兵への憎しみ、内輪の裏切り、などなどあらゆる事柄が主人公の周りで起き、彼を翻弄する。
しかしそれらを一つ一つ乗り越えながら主人公は成長して行く。そして最後に彼を迎える運命とは。戦争小説である以上過酷な戦闘場面も登場するし、残虐行為も描かれるのであるが、やはり主人公そして周囲の人々の心理描写の中から女性としての優しさが伝わりそれが心地よかった。望外に感動した一作となった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

木村シュン也著「安東水軍記」

2016-09-29 11:31:19 | 時代小説
木村シュン也著「安東水軍記」2002.11.1 第1刷 1,800円+tax

おオススメ度: 星2つ


安東水軍という言葉を聞いたことのある読者は少ないだろう。そもそも安東氏そのものの存在がよく知られていないはずだ。
私は今夏から生まれ故郷である北海道の札幌市へ一時的に戻って来たのだが、明治以前の北海道、いわゆる蝦夷地について調べているなかで本書に出会った。間宮林蔵が蝦夷地から更に北方にある樺太探検を行った遥か以前より蝦夷のアイヌたちは手製の丸太船を操り、サハリンはおろかロシアの黒龍江まで航行し交易を
行っていた。アイヌ民族は北海道内で熊を囲んで踊っていた民族ではない。このあたりの歴史認識をベースにして本編を読まねばならない。
さて本編であるが、この時代蒙古のフビライは南北から日本を挟撃しようとしている、という情報が交易船を介し安東兵庫の元にもたらせられた。本編の主人公である兵庫は事情あって蝦夷地の余市に母と共に居留し南北の交易を行っていた。兵庫の考えとしては北方からの蒙古の攻撃から日本を守るには北方の民が連合して戦わねば勝ち目がないというものであった。自ら部下数名を連れ、更に北方アイヌの協力を得ながらサハリン経由で黒龍江の奥地まで探索したのであった。元は既にそれなりの部隊と統治者を送り込み周辺の部族や北方アイヌなどの捕虜を使って船造りを始めていたのだ。
この結果を秋田十三浦にある安東家の宗家に持ち込んだのであるが、肝心の安東家が二分する内紛に見舞われていたのだ。
ま、実際に蒙古軍が蝦夷地をおそったという事実はないし、その前段として黒龍江あたりで戦いがあったわけでもなさそうなので、このあたりの描写がないのは誠に残念である。印象的にはやはり尻切れトンボ感は拭いきれないものの、小説の題材としての希少価値感は大いにあるのでは。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山本一力著『 桑港特急 』

2016-08-19 10:14:41 | 時代小説
山本一力著『 桑港特急 』文藝春秋 2015.1.30 第1刷 1650円+tax

オススメ度: 星3つ

鎖国中の江戸時代に漁船が難破し、期せずして米国船籍の船に救助されアメリカ本土に渡ったという日本人は実際にいたようだ。
本作にも登場するジョン万次郎もその一人である。小説世界でも和歌山の鯨取り漁師がカナダのバンクーバーに渡ってから活躍するという作品もあったのを記憶するが、本作では遭難したのが漁師ではなく清水湊から船で江戸の花街に売られていく娘三人と、流れ着いた小笠原の父島で出会ったアメリカ人との間に生まれた二人の男の子が主人公である。

この父島でのジョン万次郎との出会いがその後二人がアメリカに渡るきっかけとなるのだが、父島での暮らしや彼らの周囲で関わる日米の人間模様が魅力的である。
一方この頃アメリカ西海岸では金が見つかり熱狂的なゴールドラッシュが始まっていた。砂金が採れた街の近くで暮らしていたリバティー・ジョーはサントス一味に最愛の妻と親友を殺されその復讐の執念に燃えていた。
更にゴールドラッシュで賑わうサンフランシスコで大陸間鉄道施設計画に一大ビジネスチャンスを見出そうとする中国人チャンタオは片腕のルーパンを連れ渡米する途中父島に寄り二人の日本人に兄弟と出会う。
ここに日本ーアメリカーちゅうごく、三ヶ国の男たちの命をかけた大勝負がアメリカ西海岸で繰り広げられる。
彼らの接点は何であったのだろうか、ここまでのストーリー展開は良かったのであるが、後半の銃撃戦を含める大活劇についてはかなりこの作者には荷が重すぎた感がある。
そもそも本作の舞台設定も登場するキャラクター造形も今までの山本一力作品から大きく逸脱している。着想はかなり面白いと思うのだが、最後は消化不良を起こし、尻切れトンボになってしまったのは残念だ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

樋口明雄著『ブロッケンの悪魔』

2016-08-06 15:29:07 | 「ハ行」の作家
樋口明雄著『ブロッケンの悪魔』 角川春樹事務所 2016.2.8第1刷 1,800円+tax


.おすすめ度: 星4つ


著者が最も得意とする山岳冒険小説である。加えて主人公は山梨県警の女性山岳救助隊員とその相棒ボーダーコリー犬。そして退役現役の自衛隊員によるテロによっって東京都民1300万人がその人質とされるというスリリングな物語展開となる。
テロの首謀者鷲尾元一等陸佐が経験したカンボジアPKOでの部下の死また3.11大地震による福島原発での息子の死。どれをとっても自衛隊上層部そして政府の対応の酷さは鷲尾をして「復讐するは我にあり」という思いに至ったのは無理もない。そして作中でも述べられるのであるがこうした政府だけではなく彼らを影で支え続けた国民にも大いに責任の一端があることをしてきする。ちょっと引用させていただくと「無気力でむかんしんqで刹那的に生きてきて、自分で未来を選ぼうとしない愚かな日本人に、われわれが見てきたものをわからせたかった。無責任という逃げ道を作りながら開く事なき暴走を続ける政府と、それをなし崩し的に容認する無自覚な日本人そのものが、われわれの標的だった。」
誠に共感する一節である。日本の現行政治そのもの、それを支える愚民そのもの現状。いつも思うのだが、小説世界の中ではかまわず殺戮してほしいw。綺麗事の物語展開よりも作者が真に臨む方向で突き進んでほしい。日本人は多大な犠牲者が出ない限り真剣に受け止めやしないのだから。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加