週刊コンパクトドライブ2016

結果、過程、達成感の三位一体を求める、
チャリダー“な”の自転車生活週報。
自己肯定感高めで面白おかしく書いてます。

レース5日後の残りかす。

2016-10-15 18:18:01 | GOUREN
■10月15日(土曜日)ターマック with Roval CLX40 88km 3時間35分 平均時速24.6km/h最高時速62.8km/h 平均心拍数158(79%) 最高心拍数196(98%) 平均回転数79 消費カロリー1791

まずは平日業務日誌。レース翌日の火曜日は廃人状態で英語な外出先から直帰。19時台に帰宅するなんて年1回あるかないか。水曜日はジム行くつもりだったけど、翌日不在分の仕事片付けてたら21時になりエクササイズなし。木曜日は午後から新宿で業界会合。珍しく新幹線で仕事しなくてよかったので、久しぶりに単行本買って読んだ。近藤史恵さんの自転車短編集「サヴァイブ」。ロードレースの人間関係って神経質でじめじめしてるなぁ、というのが感想。うちの練習会は、京都人グループ特有の付かず離れずな距離感がトラブルを防いでる感はあるかも。金曜日は埼玉と愛媛県から来客あったり会議三昧で21時まで仕事。平日エクササイズなしだったけど仕事進んだからオッケー。今年度は仕事のプライオリティが上がってるな。たとえ自転車レースで千切れても、この業界ではトップ集団前方でいたい。

そして土曜日は強い中高年集う山岳練習会。精華町の河川敷で大将、M木さん、Kこいっち、G藤さん、umeticaさん、かたやまさん、コバさん、ウッチー兄貴と合流。加茂ローソン(補給)→岩船寺→須川林道→北田原→福住(自販機休憩)→水間→大柳生(自販機休憩)→須山→梅見台→精華町の奈良山岳コース。レース5日後で心拍数と回転数が上がってもしんどくなく、高速域と高強度に体が順応していた。仕事をすっきり終わらせた高揚感、チェーンとシフトワイヤー交換して走りが軽くなったことも合わさって、山岳区間も脱落することなくほぼ4番手で通過。大将はジテツウ再開して完全復活、umeticaさんもさすが岡山先頭集団ゴールしただけあって休戦モードでも強かった。私も鈴鹿に向けてこの調子が持続しますように。いや、まずは明日まで。

画像はウッチー兄貴と強い中高年たちをセピア調で。太平洋戦争の写真みたいに
ジャンル:
モブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サイクル耐久レースin岡山国... | TOP | 日曜日練習会+ガリガリ君コ... »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics