週刊コンパクトドライブ2017

結果、過程、達成感の三位一体を求める、
チャリダー“な”の自転車生活週報。
自己肯定感高めで面白おかしく書いてます。

ディズニー・結婚式・落車・未成年お断り

2017-07-23 18:43:43 | GOUREN
■7月22日(土曜日)白ターマック 68km 3時間1分 平均時速22.5km/h 最高時速53.9km/h 平均心拍数154(77%) 最高心拍数195(97%) 平均回転数80 消費カロリー1472

2週間ぶりの練習会参加。その前後にいろいろあったので項目別に頭の整理 for myself。

●ディズニーリゾートに行ってきた。
7月15日~7月17日の三連休は家族で初の東京ディズニーリゾート旅行。女子三人の夢を叶えてあげたわけだが、私はディズニーに興味ないのでマーケティング視点で勝手に視察。以下、自分用のメモ。

<モノ売りではなく、コト売り>
家族旅行の思い出、大人女子には子供の頃の思い出、子供女子にはキャラクターとハグした思い出とか、非日常な体験が思い出に残る仕組みがいっぱい。遊園地の乗り物を提供しているのではなく、思い出に残るものを提供している、というコンセプトが園全体で共有されている。

<テーマパーク=遊園地+シアターショー+パレード>
上記のことから、普通の遊園地なら魅力のほとんどを占めるアトラクションの存在は6割くらいに思えた。アトラクション自体も従来のものより乗っている時間が長かったり、楽しめる仕組みが多かった。シアターショーはディズニー映画の世界を忠実に再現していて、映画の世界に没入できた。空間デザイン、4Dシアター、ロボットの動きのリアル感、パフォーマーたちの演技、コンサートみたいな音響、と手間とお金をかけていることがよーく分かった。スターウォーズ、すごかったなぁ。パレードも1日で3種類見たが、ダンサー(着ぐるみ含む)の切れの良さ、動きの大きさがすごかった。また、各ストーリーの王子と姫が見た目のいい白人で、ディズニーの映画から抜け出したかのようで、実写になっても世界観を裏切らない。夜のパレードはめちゃくちゃお金かかっていると思う。

<なりきるゲストたち>
一番びっくりしたのが、そろいの服やアクセサリーを身につけている大人女子や家族連れが多いこと。特にディズニーシーでその割合は高く、うちのお嬢二人もミニーの耳飾り付けていたw 毎年出張で行く東京ゲームショウもゲームのTシャツ来てる人多いのと同じで、どの世界にもマニアはいるなと思った。私はよう着ません・・・。

<単なるアルバイトじゃないキャストたち>
猛暑日でもいつでも笑顔の従業員(キャスト)。手があいたときはゲストに笑顔でゆるやかに手を振る。失礼ながら見た目が内向的っぽいも多いけど、明るく元気よく愛想を振りまいている。ふつうの遊園地なら掃除はシニア層が多いけど、ここは若い人が中心。内面に何かありそうだけど、とても親切に接してくれる。ディズニーの世界観を支持している人じゃないと、時給制のあの職業には容易くなれないだろう。

<儲かる仕組み>
入場料は設備投資費として、飲食の持ち込みが禁止なので園内で買うしかないが、食事時はテイクアウトを含めてどこも行列。しかも値段の割に味はいまいち。。。また、みんな信じられないくらいお土産を買って帰る。我が家は女子3人だけで2万円も費やした。一切お土産を買わなかった私は変人扱いだ。お土産も市価の1.5倍以上はする価格設定。ディズニーの利益元は飲食と土産じゃないかと思った。

ということが分かった。女子3人はまた行きたいらしいので、どうぞ行ってらっしゃいw
三日目ははとバスに乗って東京観光半日コースで皇居・浅草・東京タワー巡り。猛暑日だったので観光バスで効率よく楽に回れて本当によかった。とはいえ、ディズニーは炎天下の中歩き疲れたので、7月18日~7月20日は疲労がなかなか抜けなかった。


●結婚パーティーの幹事と司会をしてきた。
7月22日は夜からなかじき屋さんの結婚パーティーに参加。光栄なことに企画幹事と司会を頼まれたので、打ち合わせと会場下見のうえ進行表・司会台本・席次表とプロフィールを作成して当日に臨んだ。N野さんと寺さん、H瀬くんのサポートと自転車関係者の盛り上げもあって成功裏に終わった(と思う)。新郎新婦も大いに喜んでくれ、参列者36名に楽しんでいただけたようで何よりだった。1分間の平均パワー564Wはすごいなー。自転車がローラーから外れるかと思うくらいの力だった。私自身も楽しかった。

新郎を囲んで幹事三人で。

●土曜日練習会に行ってきた。
7月22日は2週間ぶりに練習会に参加。何となく気が重くて河川敷から合流。逃げたバファローを見送り、追走する寺さんとN野さんを最終便と勘違いして必死で追いかけて飛び乗り。いきなり心拍数185(93%)をマークする。これでいきなり心拍数を上げ過ぎたのかその後の平坦区間も高止まり。息も絶え絶え状態で加茂ローソンに到着して聞いたら、まだ後ろにいっぱいいるとのこと。なんや、後ろのメイン集団で楽に走ればよかった。。。加茂ローソンで補給後の岩船寺ヒルクライムも速度の割に心拍数が10ほど高い状態が続き、かたやまさんとKコイっち、コバさんとのつば競り合いで心拍数190を超えて最高195(98%)をマーク。先週末走らなかっただけでこんなに心拍上がるか?

その後も走りに精彩を欠いたまま、M木さんのコース案内で福住中学校へ。自販機休憩後、長谷の4級山岳を超えたところの荒れた下りで単独落車発生(私じゃありません)。ブラケット持っていた右手が離れて、右半身を強打らしい。意識はあったけど動けなさそうなので、救急車を呼んで搬送してもらった。入院先の病院で右肩骨折が判明。うーん。落車対応で30分以上費やしたので、奈良公園経由で帰路へ。少し時間あったのとお腹すいたので般若寺のセブンイレブンで補給休憩。フランス人バックパッカーと談笑する。歩いて柳生経由で伊賀市まで行くらしい!道中暑いので気を付けてと、ウィダーインゼリーを差し入れて別れる。自由気ままな旅っていいなー。自分にはできないけど。そんなこんなで12時10分に帰宅。

●練習会マネジメントにつかれた。
2週間前の週末からマネジメントのキャパを超えてしまい、練習会もSNSも忘れることにした。
7月22日の練習会であしやん先輩に、結婚パーティー後のお茶会で大将、寺さん、H瀬君に話してだいぶスッキリ。ありがとうございました。
ストレスの原因としてはっきりしたことは、未成年の新規加入について。
この日の単独落車事故でも思ったけど、事故はどんなに注意しても起きる。
大人であれば想定範囲内で事故後の対応はできるけど、未成年になると保護者が入るので難しい。
何かあったときに管理者である私の対応キャパを超える可能性が高いので、未成年の新規加入は断ろう。
「楽しく乗れなかったらそれまで」という大将の言葉が胸に響いた。

ジャンル:
ウェブログ
Comments (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 猛暑で山ごもり+フィットネス7 | TOP | 失速の7月 »
最近の画像もっと見る

2 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
TDL (おきょん)
2017-07-23 22:56:49
ひゃ~~!!!おつかれさまでした。興味ない人にはお疲れ様!やね。

そらお嬢さまがた×3人にはたまらん至福の時間だったことでしょう。その、ビジネス的な目線には、合点いきます。去年の夏久々に行って、同じように客観的に見てました。

わが家も夫はアンチディズニーですから、今度行くとしても夫抜きでしょうね。(笑) ケチなわが家はお土産、一人一個ずつでした。( *´艸`)
Re:TDL (sn-roubaix)
2017-07-23 23:00:44
うん、好きなもの同士で行くのが良いと思います(-.-)y-~
男子が鉄道博物館行ってテンション上げるように。

post a comment

Recent Entries | GOUREN