トヨタ・マスター・プレーヤーズ、ウィーン

最後に「ウィーン」が付かなければゴルフの大会のような響きがあります。もちろん違います。トヨタが主催するクラッシックコンサートです。今回、ちょっと縁があり、関係者の方からご招待を頂きました。

演奏者はウィーンフィルやウィーンフォルクスオーパー、ウィーン国立歌劇場管弦楽団といった、主にウィーンにある楽団の中から数名ずつ参加しているという編成です。つまり、「寄せ集め」だと思っていたのですが...全然違いました。ドリームチームです。名門とされる各楽団の首席クラスの集まりなので、寄せ集めではなく、ドリームチームと言った方がふさわしいでしょう。世界レベルの集まりです。(失礼しました!)

曲目は誰でも知っている...という曲ではないものの、まあ、そういえば聞いたことがあるという名曲ばかりです。

今回の1つの目玉は日本の若手のホープ、金子三勇士さんのピアノ。さすがに見事でした。

どれも素晴らしい演奏ばかりだったのですが...私、個人的な好みとしては、最後の2曲のバイオリンが特に良かったです。前半よりも全体が更に調和している気がしたのです。(自分の耳が慣れただけなのかも知れませんね。)

とにかく、貴重な体験です。思い出に残るくらいの素晴らしい音楽会でした。

S先生、Mさん、ありがとうございました!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 旭川ラーメン... 高菜と細切り... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。