すし萬

大阪で江戸時代からやっている超老舗です。大阪にしかないと勝手に思っていたら…なんと!渋谷の西武百貨店にも店が入っていました。聞いてみると10年も前からやっているそうです。知りませんでした...。

さて。
ここの名物は大阪らしい箱寿司です。(と、いうか、ここが元祖?)私も大阪で何度となく食べています。

で、今回はカウンターに座ってみたのですが...なぜかカウンターにおいてあるメニューには箱寿司がなかったので、通常の握りをセットで頼んでみました。大阪というか、江戸前っぽい感じもします。オリジナルも多いようです。

でも総じて高レベルですね。さすがです。

値段は、まあ、近所の寿司屋くらいかな?
いや、内容と店の格を考えると安いかも知れません。

ここも再訪ありです。
持ち帰りで箱寿司があるようなので、買って家で食べるのもプチ贅沢でよさそうです。 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

究極の焼鳥!?

そう看板に書いてあったので、前からずっと気になっていたのです。

以前、仕事帰りに寄った時は9時頃で、超満員でした。その次に行ったときは8時頃で超満員でした。今回は思い切って7時頃に行ってみたところ...ガラガラでした。どうやら遅い時間の方が混むようです。店員さんいわくは、5時、6時なら確実に予約なしでも行けるそうです。

さて、焼鳥は...究極かどうかは別として、かなりの高レベルです。私が最近食べた中でトップ3に入るでしょう。

面白いのは、焼鳥屋さんなのにスタンダードな焼鳥が一つもなく、どれも工夫を凝らしたオリジナル焼鳥ばかりということです。それほどヘビーでもなく、あっさり系の味も多いのは嬉しいです。多くの焼鳥屋さんが「タレか塩か」という程度なのに、ここは色々な変化球があるわけです。前菜に頼んだサラダもオリジナリティが高いものでした。どれも美味しかったと思います。

店は綺麗で、ちょっとおしゃれな雰囲気です。完全禁煙ですし、ワインも適当な種類があります。

三度目の正直。期待を裏切らない店でした。
これはリピートするしかありません。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

黒糖豆

先日の奄美大島出張の帰りに買ったものです。

落花生を黒糖でコーティングしてあります。ただ、それだけです。

しかし...素朴で、すごく美味しいのです。何となく、駄菓子屋さんっぽい感じもしますし、ハワイによくあるマカデミアナッツの加工品みたいな感じもします。でも、こういう昔ながらのシンプルなお菓子って、妙に美味しく感じる時があります。

で、当然と言えば当然ですが。
奄美産の黒糖焼酎に合うのですよね...。この上ないくらい、ものすごく良く合います。

ゴールデンコンビと言えるでしょう。
すっかり、ハマってしまいました。

ネットで見たら、どちらも簡単に買えるようです。(でもやっぱり、現地に行ったときに買って帰りたい気もします。) 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

渋谷のうどん屋

今回は「超」が付く大ヒットです。円山町の、ちょっと怪しい一角を抜けた当たりにある店です。

私は知らなかったのですが、かなりの有名店らしいです。通りがかって気になっていたのでネットで調べたところ、写真を見る限り関西風の薄味っぽかったので行ってみたのです。

店内は変な(?)雰囲気です。アニメフィギアなどが所狭しと並べてあります。レトロなうどん屋...というより、オーナーの趣味なのでしょう。

さてうどんは、超シンプルな関西風うどんです。だしがとっても素朴な味ですが、いい材料を使っているのでしょう。薄味ながらも、すごい深みがあります。(なので、濃い味好みの人には、合わないと思います。)

しかも麺も手打ちで、とても強いコシがあります。

美味しいですね~。関西人としては、ほっとする味です。

かなり気に入りました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

松陰神社近くの寿司屋

土曜の夜だったためか、何度か行ったことがあるお気に入りに寿司屋が3軒とも満杯。仕方なく、一人で新規開拓してみました。松陰神社近くにある、よく通っているところにある店です。

店内はカウンターだけしかなく、常連っぽい家族連れ、他も常連っぽい人たちばかりでした。それも20年とか通っているような人たちです。板さんは40代、「この人が始めた店にしては歴史がありそう...」と思っていたら、店の奥から年配の板さんがでてきました。どうやら親子2代でやっている店のようです。なんか、ものすごく仲良しファミリーみたいで、とてもいい空気です。ほのぼのとした雰囲気に、新参者の私も、思わず楽しくなってしまいました。

寿司は超一流ではないものの、値段とカジュアルな雰囲気の割には十分高レベルだと思います。

これならちょっと背伸びした普段使い(?)として悪くありません。

また、レパートリーが増えてしました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

お洒落なカフェテラスでのランチ

ヒカリエにあるお洒落なカフェテラス...ぽい雰囲気の店。カジュアルイタリアンと思いきや、実はビール屋さんみたいです。世界各地のビールがあるようです。夜にはさぞかし賑わうのでしょう。

さて。
ランチセットはパスタや肉などがあり、そのどれもが写真のように半分サラダなのです。まあ、食べ過ぎ・飲み過ぎの翌日にはいいものの、ちょっと男子としては物足りないのは否めません。小食の女性向けですね。間違っても、おっさんが「パン、お代わり!」とか、「特盛!」なんて言う雰囲気ではないのです。

ん?
よく見ると、客の中でおっさんは私一人?
あとみんな女性? 

なんか、ラッシュ時に間違って女性専用車両に乗ったような気分...。 

ま、いいや。
とにかく、そんな店でした。

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「防衛庁前」のラーメン屋

30年近く前から付き合っている仲間と六本木で飲んだ帰りに、「そういえばあの頃は防衛庁前のラーメン屋によく行ったよな。まだあるのかな?」なんて話になり行ってみました。

はい。ちゃんとありました。
しかも当時とまったく同じ店構えです。店内も当然一度はリニューアルしているとは思うのですが、見た目は記憶している通りなのです。タイムスリップした感じです。

注文したのは名物の「135」。当時はかなり味が濃く脂が多い気がしたものの...今にしてみるとフツーです。最近流行の「濃厚」になれてしまっているのかも知れません。 

老舗健在。昔ながらの味を頑固に守り通していますね。

とても美味しかったです。

(店内は写真禁止なので、外に出てから撮りました。)

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

海鮮居酒屋のランチ

渋谷の飲み屋街にある海鮮系居酒屋のランチが美味いと聞いたので、行ってみました。知らなければ絶対に行かないようなところです。いや、知っていても通り過ぎるかも知れません。

怪しい店も入っている狭い雑居ビルの上にあります。

店内も狭く、テーブルもカウンターも狭いです。まあ場所柄、こんなもんかも知れませんが。

さてメニューは鉄火丼、海鮮丼などの丼ぶりと刺身定食、焼き魚定食があります。私はネギトロ丼のイクラ+カニ入りにしてみました。

ちゃんとあら汁も付いてきて、中々のボリュームです。

魚は...美味し~い、って言うほど上等ではなく、まあ、回転寿司程度のものだと思います。

でもこのボリュームはいいですね。それから、後半にはダシをもらってダシ茶漬けにして食べられます。ネギトロ丼の茶漬けなんて珍しいですよ。

うん。気に入りました。
これで1200円なら安いほうでしょう。

さらに、隣の人が食べていた鉄火丼は、なんと、500円です!

これなら再訪ありです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

六本木のイタリアン

友人の息子さんがバイトしているということで、みんなで行きました。六本木交差点近くの超一等地にある、カジュアルなイタリアンです。洋風居酒屋的な雰囲気と値段です。

でもその割には、料理は美味しいですね。ほとんどの料理が、レストランの雰囲気から想像していたより1ランク上でした。

で、さらに1ランク、いや、2ランクくらい上だった料理が、この写真のステーキです。上等な国産牛のフィレにファグラが付いてきます。ソースも上品です。これで...1500円ですよ!ありえない値段です。(材料費より安いのでは?)店自慢の赤ワイン(バローロ)と、怖いくらいぴったり合います。

夜遅くまでやっているし、これは再訪するしかありません。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

梅蘭で野菜炒め定食

梅蘭といえば独自スタイルの焼きそばが看板メニューだし、それしか無いような印象があるのですが...他の本格的中華料理だってもちろんあります。

で、先日気付いたのですが、なんと、ちゃんとした本場中華だけでなく、日本式の中華料理だってあるのですね。

早速、野菜炒め定食を頼んでみました。

中華料理と言うより、学生街にある定食屋さんで出てきそうです。あるいは、昭和時代に全盛期だった、餃子やラーメン、レバニラ炒め、天津丼などを出す日本式中華屋さんとか、そんな料理です。

もちろん、シンプルながらもこの店らしいクオリティだと思います。

私が学生時代なら600円くらいでした。で、今の時代で、しかも渋谷の中心で850円なので安いでしょう。

ボリュームはあるし、何となく(濃厚トンコツラーメンよりは)ヘルシーっぽいし、これもありだと思います。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

個性的なサラダバー

私のお気に入りのイタリアン「タロス」。

ここのランチセットについてくるサラダバーって、ちょっと個性的なのです。

まず、水菜や白菜があります。これ自体、珍しいでしょう。さらに炒めた玉ねぎ、ポテトがあります。そしてトッピングに胡麻があります。二種類あるドレッシングは、もちろん自家製です。(以前は高級オリーブオイルもあったのですが、値段が高騰したため、やめたようです。)

で、何が面白いかというと...。
この温泉卵ですね。

野菜の皿が並ぶ間に卵が置いてあり、その場で割って野菜に載せます。サラダバーで温泉卵って、かなり珍しいと思うのです。(知らないで席に持って帰って割った人は悲惨なことになります。)

これがイタリア式だとは思えません。でもディナーの料理と同様、ランチのサラダバーまで一工夫しているわけです。何も考えずにキャベツの千切りとコーンにQP業務用ドレッシングをかけて出してくる店とは大違いです。

やっぱり、やってくれます。 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

うなぎ屋の焼き鳥

うなぎ屋さんでメインの鰻重の前に日本酒と軽いつまみ等を...と思ってメニューを物色していると、女将が「焼き鳥もお勧めですよ。」と言ってきたので、早速頼んでみました。

なんと!
予想以上に美味しいのです。

上等な鶏肉を強い炭火で焼いたらしく、外はパリッと、中はふわっとジューシーです。下手な「専門店」よりも数段上です。

まあ考えてみたら、うなぎ屋さんなので炭焼きはプロ中のプロです。しかも徹底してこだわった鰻を出すくらいなので、焼鳥だって本業でないにしても、ちゃんと鰻に負けなくらいこだわった良いものを出すわけですね。

うなぎ屋さんの焼き鳥。意外な発見でした。

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

人気回転寿司の看板メニュー

道玄坂にある人気の回転寿司店。大行列とまではいかないにせよ、昼も夜も満員の店です。友人に誘われ、夕刻の並んでいない時間を狙って初めて行ってみました。

名物のネギトロは、超特大サイズです。ゲンコツくらいの大きさの軍艦が皿の上にところ狭しと二貫のっているのです。これだけでも小食の人なら一食分くらいの量でしょう。これを目的に来る人も大勢いると思います。

ただワタシ的には、ネタの鮮度は悪いし、店は暗くて汚いし、ちょっと「?」です。是非行きたいという店ではないですね。まあ、これはこれかな...?

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

漬けラムのロースト

これ、中々美味かったです。ビヤホールのキリンシティで食べました。

いいラム肉を少し甘めの特製ソースに漬けて、じっくりと時間をかけて焼いてあります。肉がやわらかく、臭みがなく、クセも少なく、普段はラムが嫌いな人でも楽しめます。万人向けの味だと思います。(私個人的には、もっとクセが強い方が好きですが。)

そうそう。ここのキリンシティは30年前からあるそうです。私も学生の頃、飲み仲間と行った記憶があります。

ビールも美味しいし、全面禁煙だし、またフラッと行ってもいいですね。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

新宿三丁目のイタリアン

駅に隣接したビルの地下にあるイタリアン。5年ほど前に一度ディナーに行って、予想以上に美味しくて驚いた記憶がある店です。

今週、ちょうどランチタイムに通りがかったのでフラッと入ってみました。

なんか...「こんなに機械的なサービスだったけ?」というのが第一印象。頼んだランチメニューのパスタも決して悪くはなく、美味しいとは思うものの、感動的な美味しさでもありません。特徴がない感じです。これなら今どき他店でも食べられます。

ランチとディナーは全く違うのかも知れません。
5年も経って味が変わってしまったのかも知れません。
あるいは私の味覚が変わってしまったのかも知れません。

確認のためディナーに再訪しようかとも思いましたが、そこまですることもなさそうですね。

ちょっと残念でした。 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ