花そよそよ

折々の花たちの囁き

ニュージーランド…7

2016-01-31 22:46:10 | ニュージーランド
タウポ湖からトンガリロ国立公園に向かう途中(車窓から)


タウポ湖からまたバスに乗り
1時間ほどのトンガリロ国立公園に行きました。
行く途中 バスの中から見えたのは
エニシダとクリーム色のルピナス(ツリールーピン)。


エニシダの中にルピナスがちらほら咲いてる状態のが
行く先々で見えて飽きませんでした。


ここはエニシダの絨毯のよう~


ブッシュの間からエニシダが幾重にも。


どこから見ても黄色 黄色~!


台地がエニシダで埋め尽くされそう~


トンガリロでランチした所です。


売店にパネルがあり
トンガリロ国立公園の山々が表されていました。
晴れてたらこんな風に見えたのね。
左から
トンガリロ山(1,967m)
ナウルホエ山(2,291m)
最高峰ルアペフ山(2,797m)
この三つの山々は マオリ族古来の聖地とのこと。
当時(1887年)のマオリ族の首長が2,630haの土地を
ニュージーランド政府に寄付したことが
トンガリロ国立公園の成立の始まりなんだそうです。


ランチはバイキングでした。


フルーツとデザートも。


可愛い黄色の花が建物の敷地内に咲いていました。




トンガリロ国立公園の
ビジターセンターの近くで
赤紫の実をいっぱい付けてる木を見つけました。
何て言う木でしょうね?



トンガリロ国立公園 Tongariro National Park
ビジターセンター


ビジターセンター内には
火山の成り立ちや噴火の様子がパネルにしてあり
よく分かるようになっていました。


こんな大規模な噴火が近くであったら恐ろしい!


キーウィ・バードの剥製も展示されていました。
身体の割に 卵 大きいですね。


名前の由来は「キーウィー」と口笛のような声で鳴くため
マオリ族からキーウィーと名付けられたそうです。
夜行性だから難しいと思うんだけど
実際に鳴くのを聞いてみたいものですね。


キーウィ・バードの幼鳥でしょうね。(ぬいぐるみかな?)
右の動物はテンの仲間しら?


ビジターセンターの前で。


トンガリロからオマラマまでの景色(車窓から)

どこまでも続く丘の手前に
カンガルーポのような花がありました。


またエニシダが現れました。


エニシダの波~


少し晴れてくれたら雄大さが倍増するのに。。。


遠くに雪を頂いた山が見えました。
あ~近くに行って見てみたい!


羊や牛が沢山放牧されています。
こんな風に どこまで行っても
のどかな景色が続いていました。


遠くに木々が綺麗に林立しています。
他の放牧地との境界線なのかしら?




クリーム色のルピナス(ツリールーピン)が群生して。




オマラマ Omarama

可愛い小さなデージーが咲いていました。




子羊が近くにやってきました。
餌が欲しいのかな~


奥にキャビンがありました。
こんな所に泊まりながら旅をするのも良いかな~♪



トイレ休憩の時近くに咲いてた紫の花。
何て言う花でしょうね?


薄紫のアガパンサスが涼しげに。


可愛い白い花も雨に濡れて。

オマラマからウエリントンへ(車窓から)

ウエリントンに南下する時
海沿いを走りました。
ウエリントンに着く前 夕方5時半頃
カピティ・アイランドが右手に見えました。
ウエリントンの北50kmにある島は
島全体が自然保護区で
絶滅危惧種の鳥たちの棲家となっています。
リトル・ブルー・ペンギンなどもいるそうですよ。



夕食はホテルでゆっくり。
今回はビュッフェではありませんでした。
ケーキは夫と私で違うのを頼み
お互いに食べ比べ。
どちらも美味しかったけど こってり。

- 2015. 12/1 Photo  Panasonic Lumix TZ60 -
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ニュージーランド…6 | トップ | ニュージーランド…8 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。