人生腹八分目でいいじゃない

残り半分の人生をどう快適に過ごすか?がテーマのゆるゆるブログ。
オタクなので漫画アニメの語りもあるので閲覧注意!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2017.5.15/百合萌え腐男子

2017-05-14 23:59:23 | 漫画アニメ映画小説の感想

 この記事は成人指定というか、ほぼ聖人指定と書いておこう。
 何を目にしても心が乱されない人向けとしか言えない、いい歳したおっさんの禁断萌えトークであるからだ。
 リアルな生活圏の知人に知られたら、自分の社会的信用を失う自信がある。
 それでもオタクとして叫ばねばならない。




 以前腐女子だの腐男子だのの話題を出したことがある(間違っても記事を探さないで)。
 腐男子というのはよくわからないが、読んだ漫画によるとやはり男×男に萌えるものらしい?
 自分はそこまで達観していないので、中立な立場(言い換えればただのハンパ野郎)なんだと思っていた。
 しかし自分は腐男子だと思う。
 だから腐女子を間違っているだの気持ち悪いなど、口が裂けても言わない。
 なぜなら自分は百合萌え腐男子だからだ。

 金がないのでネット書籍で色々読んでいるうちに、未知の領海に踏み込んだ。
 そこからつい魔が差して、禁断の選択をしてしまった。
 ネット漫画の領海は広いな……。自分の性癖にど真ん中ストレートな作品に出会った。
 舞台は女子校!主人公は金髪ツインテール!
 黒髪クールツンデレ生徒会長!
 その二人がいきなり義姉妹!!
 同室でダブルベッド!!お風呂でドッキリ!!


 作者様!あなたが神か!!!

 もう息もできなかった。
 女子校舞台で登場人物全て百合。全方位百合。
 三次のレズものみたいな生々しさがなく、ひたすら清らかにエロい……!!
 ここが天国かっっっ!!

 わかってる・・・・・
 わかっているんだ・・・・・・・・。
 実際の女子校はこんなに清らかな乙女の園ではないと言うことを……。
 実際の女子校はむさい男子校並みの地獄絵図だと!!
 現場職員関係者諸君に聞いている、知っているのだが、それでも夢見たいんだよオタクだもの!!
 
 ぶっちゃけるとさ、男が実は内面乙女で男×男に走る方が、女が女×女に走るより珍しくもないんだよな。
 脳の構造が胎児の時の発育でそう決まってるんだってよ。
 まず胎児は女脳として育ち、育つ過程で男性ホルモンが付加されて行くので、男は少なからず女性ホルモンの影響を受けた脳なんだとさ。
 むしろ100%男脳ってのが珍しいんじゃないのかね?
 男が少なからずホモっ気があるってのもわかるわ。
 それを社会的かつ常識的な規約をもってして、理性を意識づけてるみたいな感じなんだろう。
 でも女は違うのか~~~……と、かなり凹んだ記憶がある。

 女同士の嫉妬とかあるけど、それは性欲じゃないってことだわな。
 いえね、それでもいいけどね。
 男がわかり易すぎるんだろうな。レーダーがあるからな。
 
 話を戻すと、自分は百合萌えの腐男子であるとはっきり言いたい。
 そして我が身を振り返ると、自分の思想は腐女子がドリーム抱いてるのとなんら変わりないわけだ。
「男同士でこんなことあるわけねーだろ、バーカ」
なんて言おうものなら、それは自分の後頭部にぶっ刺さるブーメランなのだ。
 お互い不可侵条約を結ぶしかないだろう。
 そう思うのだが、腐女子の方が懐が広いんだよ!!
 腐女子は百合も食うからな!!なんでもありって脅威だよな!!
 擬人化も女体化もいらない、概念×概念だけで全てご馳走というツワモノどもだ。
 清濁併せ持つ驚異の悟りっぷりで、凡人の自分は腐を名乗るのもおこがましい。

 オレ、来世では二次元の女子校の壁か天井に生まれ変わるんだ……。
 世界から男がいなくなって、清らかな乙女だけの世になればいいのに。

 こんなことを考える自分に、腐女子趣味をどーのと言う資格はない。
 百合萌えを理解してくれる腐女子なら、その他の性癖は応援したいと思う。
 百合は世界の宝だ。
 今の最高の萌えは『賭ケグルイ』の夢子と生徒会長だ。
 メアリとの三角関係とかたまらん!!
 俺はポチになりたい……。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017.5.14/「ROBOT×LASERBEAM」 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。