スマイリーの◯◯資料館

普段は医療関係者、ときどきバンドの鍵盤奏者。ほかにもいくつか。

2017-08-26 日本病院薬剤師会関東ブロック第47回学術大会

2017-08-28 | 日記
普段は医療関係者で病院勤務をしているが、仕事の成果等を発表する場として学会があり、その一つがこの週末に行われた。
毎年8月末に行われていて、関東甲信越の関係者が一堂に集まるのである。
今年は前橋で開催。
土~日の2日間行われるが、諸般の都合により初日のみの参加である。

東京から新幹線で高崎まで行き、在来線に乗り換えて前橋駅で降りた。
今回の会場は駅をはさんで北側と南側に分かれている。
北側はベイシア文化ホール(群馬県民会館)ほか3か所(A会場、B会場、P会場)、
南側は昌賢学園まえばしホール(前橋市民文化会館、C会場)である。C会場に向かった。
予め地図で予習しておいた。駅前通りを歩いて南町三丁目を右折し、しばらく歩くと左側に見えてくる。
交差点を右折してしばらく歩いても会場が見えてこない。
おかしいなと思っていたら、次の交差点に文化会館右折の矢印があった。
どうやら曲がるべきところの1本先の交差点を曲がったらしい。
結局、倍くらい歩いて会場に到着した。
かなり汗をかいた。

自分は今までにいくつかの学会に参加してきたが、ほとんどは事前に参加申し込みをしている。
今回はどうしようか迷っているうちに事前申し込みの期限が来てしまった。
当日申し込みとして参加費9000円を払い、名札とプログラムをもらった。

13時半から15時までシンポジウムがあり、その後15時半から17時まで別のシンポジウムに参加した。
シンポジウム2つの後は17時20分から18時までポスター発表がある。
発表番号の偶数と奇数に分けて行い、この時間帯は奇数番号の発表である。
シャトルバスに乗ってポスター会場に移動した。
会場はごった返していて、発表を流して見ていくだけで時間になってしまった。

ポスター発表が終わり、P会場からA会場に歩いて移動した。
前橋駅に戻るシャトルバスはA会場の前から発車である。
駅に戻る人がかなり並んでいて、案内の人が1人いて立て看板を持って誘導している。列の最後尾についた。
バスが来るのを10分位待ったが1台目では乗れず、さらに10分位待って2台目に乗って駅に向かった。
在来線で高崎に向かい、東京行きの新幹線に乗り換えた。
帰りは乗り換えの待ち時間が前橋と高崎のそれぞれでかなりあり、結局家についたのは22時頃であった。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017-08-13 ブログ復元

2017-08-13 | 日記
同じタイトルで2年前にブログ開設していたが、1年後に家族に誤って消されてしまった。
その後復活したが、消される前に過去の記事をプリントアウトしていたものが整理していたら出てきたので、
それをもとに1つずつ復元していく予定。
過去の記事にはコメントが寄せられていたもののあるが、
再コメントは(多分)無理なので、本文の後ろに「コメント」としてそのまま書いていく。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017-08-10 さだまさしチャリティーコンサート

2017-08-11 | 日記
今日はさだまさしのチャリティーコンサート。
昨年は8月1日に東京国際フォーラムで行われたのに引き続き、今年はさいたまスーパーアリーナで行われた。
趣旨に賛同してくれるゲストが前もって3組公表されている。
同時開催で高校生ボランティア・アワード2017も昨日~今日の2日間開催された。

  

さいたま新都心駅で電車を降りて連絡通路を歩き、会場のAゲートへは15時過ぎに到着した。
連絡通路でつながっている入口は2階だが、アリーナの人は1階の入り口に回ってほしいとアナウンスしている。
今日の座席はアリーナなので、チケット表示はAゲートだが階段で1階に降りてWゲートから入った。

  

ステージの構造を確認しながら座席についた。花道があって中央にサブステージがあるタイプ(下図はイメージ)。

 

16時に本人のアナウンスで開始。
トップバッターはなんとマジックのセロ。
ボックスの入れ替わり術を披露し、箱の中からさだ本人が登場。
ではセロはどこへ? と思ったら、花道の先のサブステージに登場した。
まさに「サプライズ」。

続いてはさだまさしのステージ。
20年続いた「夏 長崎から」コンサートやその後のイベントと同様に、定番となった「長崎小夜曲」からスタート。
2曲目はうって変わって「精霊流し」。
このギャップが何とも…。

2組目のゲストはももいろクローバーZ。
ステージが暗くなって音楽が始まると会場の一部の人が立ち上がり、サイリウムが振られた。
それぞれの推しメンのカラー(5色)になっている。曲に合わせたお約束の掛け声も。
モノノフは1割くらいだったような。
残りの人たちは座ったまま見ていたのでここでもギャップが…。
2曲を披露したが、タイトルはわからなかった。(その後、モノノフのサイトを検索して曲が判明した)
まっさんが登場してサブステージでももクロとトーク。
ここでボランティアアワードのゲスト賞が発表された。
ももクロ賞は群馬県立利根実業高等学校が受賞し、ステージ上で表彰された。
高校生がステージを降りた後はまっさんが作詞作曲した「仏桑花(ぶっそうげ)」を歌い、まっさんはバイオリンで共演した。

3組目のゲストは若旦那。
バックにはキーボードとギターが1人ずつ。
若旦那も2曲を披露したがタイトルはわからなかった。(その後、あるファンのツイッターで曲が判明した)
ただし、2曲目は熊本地震の被災地に入って感じたことを基に作った曲であることはわかった。
2曲の後はまっさんが同様に登場してサブステージでトーク。
若旦那賞は身延山高等学校(山梨県)が受賞した。
その後に共演したのは本人の希望で「雨やどり」。
1番をまっさんが歌い、2番を若旦那が歌った。

若旦那が下がった後、再びセロが登場。
セロ賞は相生学院高等学校明石高(兵庫県)が受賞した。
グループの中の1人がステージに残り、セロのマジックに一緒に参加。
ハンバーガーをポスターの中から出すマジックを行い、高校生は実際にハンバーガーを食べた。
その後缶コーラもポスターから出したが、喉が渇いていたのだろうか、全部飲んでしまった。

4組目のゲストはテツandトモ。
「なんでだろう」を始めて生で聞いた。
このネタ1つだけで10分はかかった。後半には「さだまさしあるあるネタ」を入れ込み、かなり笑えた。
なんでだろうの後はまっさんとサブステージでトーク。
トークの後はテツandトモはいったんステージを降りた。

5組目のゲストは小林幸子。
2015年の紅白で歌った「千本桜」。当然「メガ幸子」込みである。
メガ幸子はもはや「セット」である。
千本桜の後はトークとなるわけだが、セットに乗っかっているのですぐには降りられない。
その間を利用してテツandトモが再登場し、テツandトモ賞を発表した。
テツandトモ賞は星野高等学校(埼玉県)が受賞した。
そうこうしているうちに小林幸子がピンクのドレスに着替えてサブステージへ。
小林幸子賞は山陽女子高等学校(岡山県)が受賞した。
表彰のあとテツandトモはステージを降りた。
小林幸子との共演はまっさん本人のリクエストで「おもいで酒」。
言わずと知れた1979年の大ヒット曲である。レコード大賞の最優秀歌唱賞を受賞している。
1番と2番のAメロはまっさん、サビは小林幸子。3番はすべて小林幸子。
曲の後はトーク。おもいで酒のウラ話が聞けた。

6組目のゲストは水島裕。
ゲスト賞の高校を発表する際のナレーションをしていた。
テツandトモが再度ステージに上がったほか、国境なき医師団日本の加藤会長、諏訪中央病院の鎌田實名誉院長もステージに上がった。
ここで金賞、銀賞、銅賞が発表された。3賞はまっさん、加藤会長、鎌田實名誉院長の3人で協議の上決定した。
銅賞はセントヨゼフ女子学園高等学校(三重県)、銀賞は神戸市立科学技術高等学校(兵庫県)、金賞はおかやま山陽高等学校(岡山県)だった。
当然この部分でも水島裕がナレーションを担当した。

表彰の後はまっさんのステージの続き。
NHKの「鶴瓶の家族に乾杯」主題歌である「Birthday」から始まり、「フレディもしくは三教街」まで8曲。
アンコールは(当然の?)「風に立つライオン」。
最後のコーラスの部分でゲストが全員登場。
ゲストを1組ずつ紹介しながら降りて行って終わりかと思ったら違った。
ゲスト全員が残ってもう1曲。
◯◯さん(←誰が発言したか忘れた)曰く、「一番難しい曲」。
さらには若旦那が「全員立って」と煽った。
最後の1曲は「北の国から」。

終わった後にサプライズがあった。それまでは(著作権の関係で)撮影禁止だったが、全員がステージにいる写真を撮っていいというのだ。撮ってSNSで拡散してほしいという。急いでデジカメを出して撮影した。

 
 
   

コンサートが終わったのは20時。4時間の長丁場だった。

セットリスト

1 セロ

 (マジックショー)

2 さだまさし

 M1 長崎小夜曲
 M2 精霊流し

3 ももいろクローバーZ

 M1 Overture
 M2 BLAST!
 M3 走れ!
 M4 仏桑花(ぶっそうげ) vn:さだまさし

4 若旦那

 M1 純恋歌
 M2 腹は鳴る
 M3 雨やどり(1番:さだ 2番:若旦那)

5 テツandトモ

 M1 なんでだろう

6 小林幸子

 M1 千本桜
 M2 おもいで酒(1番Aメロ:さだ サビ:小林幸子 2番Aメロ:さだ サビ:小林幸子 3番:小林幸子)

7 さだまさし(後半)

 M1 Birthday
 M2 主人公
 M3 関白宣言~関白失脚
 M4 たくさんのしあわせ
   バンドメンバー紹介
 M5 避難所の少年
 M6 いのちの理由
 M7 潮騒
 M8 フレディもしくは三教街

 EC1 風に立つライオン
 EC2 北の国から
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017-08-05~07 法事3連チャン

2017-08-10 | 日記
この週末は法事3連チャンとなった。しかも全部川崎市。
元々は土曜日だけであったが、3日の木曜日に祖母が亡くなり、
通夜が日曜日、告別式が月曜日となったのである。
3日間とも家族を乗せて車で移動した。

5日は叔母の三回忌。10時30分から川崎大師で行われた。
1時間ほどで終わり、別室に移動して食事をしてお開きになった。

続いて日曜は祖母のお通夜。川崎市内の斎場で18時から行われた。
お通夜の後は別室でお斎(おとき)があり、21時ごろお開きになった。

月曜日の告別式は12時から行われ、火葬場に移動して収骨まで行った。
食事をして16時頃にお開きになった。
さすがに3連チャンだと最終日はきつく、帰りの有明付近ではもう少しで渋滞に突っ込みそうになった。

あまりにも疲れていたので、夕食を食べた後は風呂も入らずに寝てしまった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加