スマイリーの◯◯資料館

普段は医療関係者、ときどきバンドの鍵盤奏者。ほかにもいくつか。

2017-06-04 寒菊ライブ

2017-06-12 | 日記
わんぱく相撲千葉場所を途中で抜け、続いては後半戦。
今までの時間で終わらなかったので、昼休憩の時点でメンバーの一人には遅れることをメールしておいた。
1時半過ぎに出発メールを送り、1時40分に会場を出た。
蘇我インターから京葉道路に乗り、千葉東JCT~千葉東金道路~東金インター~圏央道を経由して松尾横芝インターで高速を降りた。
一般道をしばらく走り会場に着いたのは2時20分頃、2部の最中であった。
機材を降ろして入口付近に置き、最後の3曲を聞きながら終わるのを待った。

2部が終わり、入口からステージに機材を運び、セッティングを始めた。
普段はキーボード3台を使用しているが、今日は時間省略のため2台のみの使用である。
それでもスタンドの組み立て、配線を終えると3時を過ぎた。
衣装に着替える時間がないので、結局私服のまま6分遅れで第3部が始まった。

第3部は順調に進み、アンコールが終わったのは3時50分頃であった。
あとでドラムの人に聞くとキーボードの音が入ってかなり安心し、何か所か間違えたそうだ。
ギター、ベース、ドラムのみに比べて音に厚みが出るらしい。

ここ数年、6月の寒菊ライブはダブルブッキングで途中参加が続き、2年前は3部のみ、昨年は2部からの参加である。
演奏時間よりも前後のセッティング&片付けの時間のほうが長いが仕方がない。
次回の寒菊は10月になる。8月はメンバーのスケジュールの都合でお休み。

セットリストは以下の通り。

第1部(13:00~、不参加)

 M1 大人になりたい
  MC
 M2 雨を見たかい
 M3 夢のデート
  MC
 M4 この世の果てまで
 M5 プリティーウーマン
  MC
 M6 カラーに口紅
 M7 スローダウン
 M8 ジョニーBグッド

第2部(14:00~、不参加)

 M1 ストップザミュージック
  MC
 M2 ビーマイベイビー
 M3 オーキャロル
  MC
 M4 イッツソーイージー
 M5 ラバンバ
  MC
 M6 ロックアラウンドザクロック
 M7 リップイットアップ
 M8 ヴィーナス


第3部(15:00~)

 M1 砂に消えた涙
  MC
 M2 ステキな16歳
 M3 スタンドバイミー
 M4 二人だけのデート
  MC
 M5 ボーイハント
 M6 フールスフォーリンラブ
 M7 ヴァケイション
  MC
 M8 ザットイズロックンロール
 M9 葉山ツイスト
 M10 君の瞳に恋してる

アンコール

 EC1 かっこいいツイスト
 EC2 ゲットレディー
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017-06-04 わんぱく相撲千葉場所

2017-06-12 | 日記
今日は2本建て。まずは前半戦。

縁があってアマチュア相撲に関わっていて、ある地方組織(千葉市相撲連盟)の役員をしている。
今日はその大会(わんぱく相撲千葉場所)が千葉市相撲場(千葉市緑区)で行われた。
7月(今年は7月30日)に両国国技館で全国大会が行われ、その地区予選である。
千葉青年会議所と千葉市相撲連盟の共催の形を取っている。
自分はその受付と組み合わせづくりを例年担当している。
午前8時過ぎに会場に着いたが、いつもと勝手が違った。
例年は連盟で作成している申込書に当日書いてもらってその場で受け付けるのだが、
今年は青年会議所のほうで申込書まで作成していて、さらに事前申し込みをしていた。
結局、事前申し込みと当日申し込みが離れた別のテーブルになってしまった。

 「聞いてないよ~」 (←ダチョウ倶楽部風に)

もちろん当日受け付けもしているので、事前受け付けの分と合わせてトーナメント表を作ることになる。
青年会議所の方から事前分の申込書をもらった。これがないと作成できない。
締め切り時間を待ち、受付場所で下の学年から作っていった。大会は下の学年から進んでいく。
開会式の最中に幼児の部ができ、大会は進行しながらその裏でひたすら表を作っていく。
普段は受付しながら申込書の欄外に整理番号をつけていくので組み合わせ時に人数が分かっているのだが、
今年は事前と当日を合わせたこともあって、やはりいくつか漏れが出てしまった。
自分は受付場所で表の作成に集中しているのでそんなことはつゆ知らず、あとでわかったのだった。
進行担当のほうで山の中に足してくれたようだ。
結局2年生の進行途中で6年までのすべての組み合わせを終え、受付から本部席に移動した。

ここ数年は参加人数が減少傾向で30~40人くらいが続いていたのでお昼頃に大会は終わっていたのだが、
今年はなんと100人を超え、確か2年生が終わったところで昼休憩になった。参加選手にはちゃんこ鍋もふるまわれた。

 「これでは最後の閉会式までいると3時を過ぎる、寒菊に間に合わない。」

この瞬間に途中退席が確定となった。移動時間を考えると1時半には会場をでる必要がある。
休憩後は3年生から再開となったが、結局4年生が終わった時点で制限時間となった。
最終結果がどうなったかは知らないので、後で聞くことにした。
他の役員に断って会場を後にした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加