SMILES@LA

シェルターからやってきたミックス犬のニコとデカピンのニヤ。どちらの名前もSMILEの犬姉妹の日記です。

トム・ハーディとウッドストック

2017-07-16 20:21:55 | 犬のおはなし
やっとアップできました。ちょっと前に予告した、俳優のトム・ハーディが愛犬ウッドストックを見送った後に自身のブログに書いた文章。


「いろんな犬サイトで紹介されてたのって1ヶ月以上前じゃなかった?遅れてる〜じゃない?」

うん、遅れてる〜だ。面目ない。

Tomhardy.orgという彼のブログにこの文章が発表されたのは6月7日でした。
アメリカやイギリスの多くの犬関連のサイトやエンターテイメント系のサイトで紹介され、日本語のサイトでもいくつか紹介されていました。
自分も紹介したいなあと思いつつ、いろいろ手一杯だったのと、日本語でも紹介されてるからもういいかなあという感じだったんですが
日本語訳がどれもみんなスッキリ美しすぎて「えー、これはちょっと違うなあ」と思って、自分でも書いてみたくなったんですね。

ブログに書く文章なんてカジュアルなものだし、トム・ハーディという人のバックグラウンドを考えると
プロの翻訳家の方が訳した正しい日本語だと、いまいちトムハ感が伝わって来なかったのよね、

とは言っても、トム・ハーディの文章は手強かったわー。
話し言葉がそのまま文字になってるような部分も多いし、イギリスのスラングも混じってるし、もちろん文法は正しくないし(笑)


原文はものすごく改行が少なくて、句読点に当たるコンマやピリオドも多々抜けてるのですが
さすがにそこまで再現すると、読みにくいこと山の如しになるので、やや直しています。
でも、できるだけ原文の雰囲気を残したかったので、文章としてはよみにくいと思うのですが
その美文ではないところに、トムらしさと深い深い愛と悲しみが余計に出ているような気がします。
もし、それが感じられなかったら、それは私の訳のマズさなのでお許しを。

固有名詞などはカッコで軽く説明しています。

(以下、緑字Tom Hardy dot org より引用)
初めてウッドストックを見たのは、あいつが高速道路のあたりを走ってる姿だった。
ジョージア州ピーチツリーの街で、もうすっかり遅くなった真っ暗な夜のことだ。映画『欲望のバージニア』の撮影中だった。
(後でわかったことだけど)11週齢の迷子犬、なんてこった!すぐに捕まえに行こうとしたさ。
実際のとこ、その時はそいつが犬かどうかさえ確かじゃなかったけれど。
車を停めた。文字通りの真っ暗闇だ。スマホを使って道を照らした。道路を走ってきた他の車に自分が轢かれないように。
光を当ててみたけれど、あいつはすばしっこかった。
俺はあいつが真っ暗な中を高速道路に向かって車やトラックが走る中に突っ込んでくのを見た。
車の流れに向かってパタパタはためいてた耳を今でも覚えてる。
どれくらいの大きさの、どんな種類の犬なんだ?何にもわからんかった。ただ、あの2つの耳が狂ったようにパタパタしてるのが見えただけだ。
あいつは俺たちから遠ざかって、確実に破滅に向かって行きやがった。
あいつが犬だろうが何だろうがもうどうでもよくて、俺は少しばかりパニックだった。叫ぼうにも呼びかける名前がない!
なのにあいつは高速道路のもうすぐそばまで行ってたんだ。
とっさに指笛を吹いた。できる限り大きな音で。指笛が暗闇を突き刺した。
あいつは耳をピシャッと振り回すと同時に両方の目をしっかりと俺に向けたんだ。
そして暗闇の中を俺に向かってまっすぐに走ってきた。歯をむき出して、なんか変な声を上げながら。
俺は思ったよ、クソッ!あれ犬じゃねーぞ!いったい何やってんだよ!
こっちに向かって走ってくる、脚のあたりを狙いながら、暗くて見えないけど、やかましい声ははっきりと耳に届き「咬まれる!」と思った。
そいつの歯が突き刺さるのを覚悟しながら、必死で首のあたりのやわらかい毛をつかんでグッと上げた。
そしたら、そいつは拍子抜けするくらいに軽くて俺の顔のあたりまで軽々持ち上がったんだ。
スマホの光を向けたら見えたものは、ちっこい毛皮のかたまりと俺を見つめる2つの大きな茶色い瞳だった。

すっかり怯えて静かになっていた。車に戻ってシートに座ったら、あいつは俺の肩にもたれかかって寝てしまった。イビキまでかきながら。
たいへんな思いをしてきたのは間違いなかった。だけどもう力を抜いてリラックスできる。試練の時は終わったんだ。
ジェシカ(映画の共演者、女優のジェシカ・チャステイン)が女の子か男の子かどっち?と聞いてきた。男だよと俺は答えた。
なんでわかったの?えーっと、それはこいつにウッドストックがついてるって感触でわかったから。
よっしゃー!こいつの名前はウッドストックだ!
(ウッド=木、ストック=釣竿などの柄。つまり付いてたってことね 笑。ちなみにウッドストックと一つの言葉にすると普通はあの伝説の音楽フェスティバルか、人名か地名などの固有名詞。)

あいつはウンコまみれだった。あいつを抱いた俺もおんなじだ。
俺たちはペットショップに直行してあいつをきれいにしてもらって、いっぱい買い物をした。
とにかくたくさんいろんなものを買った。犬に必要なものを全部。
3人でショップの通路をウロウロして、ウッドストックに自分でおもちゃとカラーとリードを選ばせた。
俺はあの夜のことを絶対に忘れない。最高だった。
あいつはもうちょっとで死ぬところで、次の瞬間には怯えていて、全然知らない人間に抱き上げられて、
車の中で仮眠を取ってたと思ったら、次にはでっかいペットショップの通路をジョン・ウェインばりのガニ股歩きで嬉しそうにはしゃいでた。
その夜は赤いバンダナを着けてもらって、アパートに戻ったらボウルの水を2〜3杯飲んだくせに、夜の間トイレの水を定期的に飲みに行ってた。
あいつは骨の髄までサバイバーだ。

ウッドストックはトイレのしつけはできてなかったけど、俺たちはほとんどいつも屋外にいたからそれは大した問題じゃなかった。
(撮影所の)トレーラーのドアのあたりでメシを食って、友達をたくさん作った。
撮影セットの外ではP-nut(トムのパーソナルトレーナー)がウッディにリードを付けていっしょにいたけど、そのうちにウッディはセットの中ではフリーのアイドルになった。

俺はこれからもずっと永遠にジョージアに感謝し続ける。あの場所は俺に犬と暮らすという最高の幸せをくれたんだ。
マックス(トムの先代犬)が亡くなってから、俺にとっての最高最強の親友として推定11週のウッディはやって来た。

最初の日の朝、あいつは自分のフンを食ってた。俺たちが慌てて止めさせようと追いかけたら、いきなり飲み込んじまった。
きっと取り上げられたら俺たちが食っちまうと思ったんだな。思いっきり慌ててすごいスピードで飲み込んでたよ。
俺たちはウッディにちゃんとしたマトモなものを食わしてやりたかったし、フードはちゃんとたっぷりあったのに、あいつはサバイバーだったからな。
なんでも食べられるものがあれば、その時に全部食っておかなくちゃならなかったんだ。だけどウッディが腹ペコになることはもう絶対になかった。

ウッディのニックネームはYamadukiだった(発音は多分ヤムァドゥッキって感じ)
なんでって、あいつは文字通りクソ(duki)をおいしく味わった(yam)からな。Yam-a-dukiだ。
だからウッドストック・ヤムァドゥッキ・ハーディがあいつのフルネームだ。
のちにはウッディ・トーマス(トムの正式名)とかウッディ・トゥーシューズ(これは多分ウッディの前足の先っちょだけが白いから)とか、もっと短くしてウーって呼んだりしたけどな。

ジェス(ジェシカ・チャステインのこと)のご両親が親切にも検疫のための隔離をしなくて済むようにウッディのあれやこれやの手続きをしてくれた後、あいつはイギリスにやって来た。
ウッディはうちの中で暮らすためのしつけまでしてもらってた。あいつは俺の映画『ウォーリアー』(傑作よ)のTシャツも持ってたよ。
『ダークナイト』の撮影をしてた時、カリフォルニアのジェスのご両親のところにウッディを迎えに行った。あの人たちには心から感謝してる。
あいつは俺のことを忘れてなかったよ。ジェシカのご両親はウッディのために苦労して手を尽くしてくれたというのに、あいつは俺の指笛を聞いた瞬間に振り返りもせずに俺の方に走ってきたんだ。
とても申し訳なく思ったんだけど、心の中ではすごく嬉しかった。だいじな友達とまたつながったんだ。
俺たちはみんなでピクニックに出かけて、ウッディもいっしょに湖に飛び込んだ。
ウッディは全然泳げなくって、俺はあいつのケツを湖から引っ張り上げたさ。2回目におんなじことをやった時には、それがもうガチのパターンになった。
その日から、川やら池やら何度あいつを引っ張り上げたことか。あいつがアヒルを追いかけるのが好きすぎたせいだ。特にテームズ川だったな。

狂犬病の抗体検査が済んで、検疫施設で一週間を過ごした後、ウッディはロンドン子になった。

あいつは天使だった。そして俺の親友だった。俺たちはいっしょにたくさんの場所に行った。
シャーロット(トムの奥さん。女優のシャーロット・ライリー)はウッディのひどい分離不安に根気よくつきあってくれた。
あいつはシャーロットを本当の母ちゃんみたいに大好きだった。
彼女が妊娠した時には、本気で彼女のことをガードして守ってた。

ウッディはいろんな映画のセットを訪問して、たくさんの映画クルーに会った。
レッドカーペットでの写真撮影はとてもとてもたくさんの友達を作ってくれた。
あいつはタイム誌の「もっとも影響ある動物100匹」の73位にだってなった。『ジョーズ』のサメに勝ったんだぜ。
俺たちみんな、最高だって思ってた。
ウッディは『ピーキー・ブラインダーズ』(テレビ番組、これも傑作)に出演もした。
映画『レジェンド 狂気の美学』では会った人みんながウッディを愛した。
あいつの体の中にはイヤなものなんて何一つなかった。あいつの知ってる全部は愛だった。

いつもの俺は家族や友達のことを語ったりしない。でもこれは特別事態だ。
ウッディはとてもたくさんの人にあいつなりの正しさで影響を与えた。
自分の自主性をだいじにして、優しいフレンドリーな顔をみんなに向けてた。

大きな大きな悲しみと重たい心で伝えなくちゃならない。
6ヶ月というとても辛い、だけど呆気ない、進行性の多発性筋炎との闘いの末に、2日前ウッディが亡くなった。
あいつはまだたったの6歳だった。俺たちを残して逝くにはまだまだ若すぎだろう。
家に居ると俺たちはあいつがいないことに打ちのめされ呆然としている。
そしてあいつがくれた友情と愛に言い尽くせないほどの感謝をしている。
あいつがもう苦しい思いをしていないことは俺たちの心の安らぎだ。
だけど、徹底的に心がえぐられてる。ウッディが存在して、俺の隣にいてくれる世界は俺にとってはより良い場所だったんだ。

おれの史上最高以上の友へ。
言葉で表せないほどあいつを愛していた俺自身と家族に、俺の知っている最上よりももっと疑いなくあいつが愛していた家族に。
ウッディは最高の旅の仲間だった。俺たちが夢見た理想の道連れだった。俺たちの魂は永遠にしっかり絡み合ってる。

ある友達が言った。
「あいつは特別な兄弟だったよ。人間の最良の友と呼ばれる犬たちの輝けるサンプルだった。あいつはとてつもなく明るく輝いた。あんまりにも明るく強く輝いたから、2倍早く燃え尽きたのかもな。」

ウッディ、俺たちを選んで来てくれてありがとう。
俺たちは永遠にお前を愛しているし、ずっとお前と、お前はずっと俺たちと一緒だ。絶対に絶対に何があっても忘れたりしない。
お前のトムは言葉に尽くせないくらいお前を愛してる。
月まで行って戻ってきて、また行って、無限に繰り返せるくらいに、もっと。

今はマックスや天使たちと走り回っていてくれ。俺がそっちに行ったらまた会おう。
俺の全てでお前を愛している。お前がくれた愛にずっと感謝するよ。俺のかわいいウッディ。



これもトムのブログにアップされていたウッディのムービー。
これがまた文章同様に、たいへん荒削りで、編集もおいおいって感じなんだけど
それも含めて全部味わってみてください。
映画関係者の知り合いなんてたくさんいるんだから、すごいものだって作れるはずなのに
全然そうじゃないところがね、なんともグッと来るんですよ。




「おかーさん、この人大好きだもんね。」

うん、大好き。
最近のイギリスの俳優はカンバーバッチとかレドメインとかヒドルストンとか、
良い家庭の子息で名門校を卒業した品行方正な人が中心になっていて
なんだかちょっとつまらない感じになってるわと思っているので
トム・ハーディみたいな人はずっと第一線でいてほしいなと思ってる。

上にあげた3人も好きな俳優ではあるんだけどね、そればっかりになっちゃうとつまらないものね。

トムの文章中に出てきたマックスというのは、彼が15歳の時に迎えた、彼にとっての初めての犬。黒いラブラドールミックスでした。
トムはマックスも一緒に通えないならアクターズスクールに行くのは辞めると主張したんですが
さすがはイギリス、主張が認められてマックスはトムと一緒にアクターズスクールに通ったんですって。
2011年にこの世を去るまで、マックスは常にトムと一緒にいたらしい。

マックスと同じようにウッドストックも映画の撮影にもレッドカーペットでも常にトムの隣にいました。
Tom Hardy dogで画像検索すると、いい写真がいっぱい出てきますよ。

トム・ハーディの悲しい気持ちを思うと、胸がキューっと苦しくなるほどですが
彼が2匹の犬を幸せにしたことは間違いがない。
そして多分きっと、いつかまた幸せな犬が増えるに違いないと勝手に思っています。


人気ブログランキング
『犬』 ジャンルのランキング
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« グチったりガンバったり | トップ | 折り返し点 »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (mizuho)
2017-07-17 17:32:46
こんにちは、あがさん。
週末は楽しくお過ごしになりましたか。
今日の記事はなかなか長いお話でしたが、友人の話を聞いているような、あたたかいお話でした。
困惑や驚きも含まれていたけれど、周りの方のサポートや、感謝や信頼といった事が沢山伝わってきました。書ききれない程の感想があります(笑
拝見できて、とっても嬉しかったです。
ありがとうございました。
Unknown (NAO)
2017-07-17 17:48:01
素晴らしい訳文でしたよ。
読ませてくれてありがとうございます。
トムの人柄の素朴な温かさ、ウッディとの関係が感じられました。ウッディが長生きじゃなかったのは辛くて胸に刺さりましたが、彼の生涯が充実していて輝いていたことは確かですもんね。
私も太陽みたいな存在の犬を亡くしたばかりなので「あんまりにも明るく強く輝いたから、2倍早く燃え尽きたのかもな。」って言葉に泣けました。
Unknown (ぽんこま)
2017-07-17 19:32:15
涙腺がぁ~。。。。
私は、あまり映画を見ないので、トム・ハーディのことを知らなかったのですが、ステキな方ですね。
ウッディのことが、どんなに好きなのかがヒシヒシと伝わってきました。
ウッディの全てを受け入れていたんですね。
本当に辛いだろうなぁ。
でも、ウッディへの変わることのない愛と、その力強さも感じるトムとウッディの絆。
出会うべくして出会ったのかな。本当に良かった。
あかん~! (hiko)
2017-07-18 09:13:25
こらあかんあかん!鼻水ずるずるですわ。
実は以前ニュ-スからリンクしてさらっと呼んでも
どうもなかったのに、
今回はあがさんの洗練された言葉たちが
どど~っと心の隅々にまで入ってきよりました。
英語でも一度読ませていただきました。そいでまたこっちに戻って。。どんだけ読むんだ!?
ウッディくんとトムさんの目がとってもきれいで感動も。
そいでもって
そのすぐ下のニコ姫のおめめがきれい!。
あ~こうなりたいもんです。


皆様、コメントありがとうございます (あが)
2017-07-18 15:35:14
・mizuhoさん
いつも素敵なお声かけありがとうございます。
週末はニコニヤの散歩以外、ほとんどパソコンの前で過ごしておりました。
「友人の話を聞いているような」そうそう!まさにそういう感じですよね!
ウッディとの話をする時、彼の話の主語がほとんどの場合weであるところに周りの方のサポートが現れていますよね。

・NAOさん
嬉しいお言葉をありがとうございます。
カーラちゃんの記事を拝見しました。
NAOさんご自身がおっしゃる通り、カーラちゃんもウッディ同様に明るく強く輝いた生涯だったんですね。
寂しいお気持ちが消えることはないと思いますが、カーラちゃんを輝かせたのは
NAOさんのお力でもあると、私は確信しています。

・ぽんこまさん
トム・ハーディの最近の代表作は『マッド・マックス 怒りのデスロード』なんですが、
代表作の役名が愛する犬と同じ名前だなんて奇遇だなあと思っていました。
ウッディがどれほど大切で大好きだったか痛いほど伝わってきますよね。
短い一生だったけれど、ウッディが彼に出会えて本当に良かったと思います。

・hikoさん
そんなに言うていただいて、ほんまにありがとうございます。
英語の荒い感じも味があるでしょう。
そうそう!この一人と一匹の目と来たら、本当にもう!
ニコまで褒めていただいてありがとうございます。
お気に入りの写真だったので、密かにめっちゃうれしいです。
Unknown (レイ)
2017-07-22 12:12:11
トムハーディという人と仲間がどれほど素敵な人なのかよくわかる文章でした。
泣いてしまいました…。
私もいつもウチの子達を愛でいっぱいにしたいと思ってます。辛いこと悲しいこともなく、ただただ愛でいっぱいにしたいって。
二代目のソレイユは8歳で天使になりました。ソレイユはあっという間にチャンピオンになって、たくさん一緒にロゼットをとって表彰台にのぼりました。呼吸も筋肉すらも一緒になっていく感覚。一心同体ってこのことか、と思いました。たった8歳で天使になって、トムハーディの友達のように私も思いました。あいつは人生を駆け抜けてしまったって。なんでも覚えるのが早く、チャンピオンにも早くなって。人生まで早く駆け抜けやがって。アリスとエルソルにはゆっくり生きてとお願いしてます。洗濯物をぐちゃぐちゃにしようが、大事のCDをくわえてもっていこうが、腹が立ちません。元気だから、生きてるから出来ることだと思えばそれもいとおしいと思ってしまって。
素晴らしい二人と仲間の話を訳してくださってありがとうございます。
レイさん、コメントありがとうございます。 (あが)
2017-07-23 15:08:37
そうですよね、トムだけでなく周りの人たちも本当に協力的で素敵です。
ソレイユちゃんの思い出もシェアしてくださってありがとうございます。
アリスちゃんとエルソル君にゆっくり生きてという言葉に胸がジンとしました。
ソレイユちゃんもアリスちゃんもエルソル君も、最高に幸せな子達であることは間違いないですね

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。