SMILES@LA

シェルターからやってきたミックス犬のニコとデカピンのニヤ。どちらの名前もSMILEの犬姉妹の日記です。

ダルマさんがコヨんだ

2014-11-08 14:56:40 | ニコとニヤの日常
昨日の朝、公園に散歩に行った時のこと。
メインの通りからちょっと外れたあたりの樹の上のリスたちがいっせいに警戒音を出しているのが聞こえてきました。

「何言ってるのかしら?あたしはこんなに離れたところにいるのに。」

「あ、もしかして・・・」と思って、あたりを注意深く見回すと

「あ、アレ?アレがいるのかな?」

やっぱり。アレがいました。草むらに潜んでカモフラージュしています。

ジーっとこっちを見ていましたよ。見るなってーの。

このコヨーテ、明らかに私たちの後をついてくるつもりだった様子。

「あ。気づかれた。」

私が背中を向けて歩き出すと、トトトッと前進して来るんです。
コヨーテとダルマさんが転んだしてる場合か!

私が振り返ってカメラを構えると、止まって目をそらします。

「見てないよ。全然興味ないもんね。」

何度かそんなことを繰り返した後、散歩バッグの中にあったテニスボールを投げたら、付いてくるのは諦めました。

「何かぶつけられたらかなわないしな。」

だいぶ距離はあったんですが、念のためにニヤはずっと抱きかかえておきました。

「なんだかわかんないけど、いきなり抱っこされたの。」

なんだかわかんないとか言ってる場合か。なんで君らはそんな呑気なんだ。


「だってあの子、ニコくらいの大きさだったよ。」

うん、小さめのコヨーテだったよね。ニコと喧嘩したら多分ニコが負けるだろうけど
野生動物はたとえ勝っても怪我したら命取りになるから、決して無理なことはしないので
ニコが単独で襲われることはまずないので、ニコは歩いていても大丈夫。

ただし、向こうが集団だったり、大型犬でも弱った老犬などは話が別。
その辺も見極めながら散歩しないといけないLA郊外生活です。




人気ブログランキングへ
『犬』 ジャンルのランキング
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ニコおじさん | トップ | ビーグルのでんちゃん さて... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (クッキー)
2014-11-09 13:01:49
あがさんの沈着冷静な対応にコヨーテも撤退を余儀なくされたわけだけど、
一連の写真に臨場感がありすぎてドキドキした!!!

リスたちの警戒音、野生の情報をも共有するところにLA郊外生活の奥義を見た(笑)

野生の彼らは空腹で狩りを仕掛けてくるギリギリの本物だから
本当に怖いですよね。

あがさんならではの『ダルマさんがコヨんだ』読み応え、見応えありました!!!
Unknown (タピ)
2014-11-09 17:38:52
よ、よかったあ。
可愛いタイトルなんておもって読んだら、
冷や汗もんでした!

リスとかも凄いですね。
生命力が。
小さなコヨーテだけど、目つきが全然違うので、それだけでも怖い(-_-)
あがさん、さすがです。
やはり、パックリーダーに休みはないんだなあ…と痛感。

最近ちょっと緩んでたなあ、私。
日本はまあ、平和ですが気を引き締めパックリーダー目指します( ̄^ ̄)ゞ
Unknown (まいま)
2014-11-09 20:53:27
すごい。。コヨーテなんか画像か動物園でしか見たことがない。。
でも・・ついてこられると怖いですよね~~。。

大型の鳶がドックランでグルグル回ってるのを見るのも・・ちょっと怖いものがあるんですが。。
ま・・我が家は持って行かれる心配はないですよね。。
コヨーテは・・怖いなあ~~。。
Unknown (はるり)
2014-11-10 12:08:23
コヨーテの写真、うまい

小柄と言っても野生ですからね、気をつけてくださいよ、ニコちゃんもニヤちゃんも。
日本でも熊犬とか呼ばれる犬は、ニコちゃんぐらいの大きさで熊を倒すっていうじゃないですか、大きさじゃないところの野生の勝負は凄みがありますよね。

懇意の大工さんがマタギの血筋で山育ちなんです。彼が普通に話す内容が私には「目が点」&感動物語なんです。
そしていつも思います、野生の生き物にはかなわない。人間は負けから始まっているって。

LAのコヨーテ君、小型犬かっぱらいは止めてやさしい共存の方向に政策転換してくれると良いのだけれど、これも人間の勝手なのでしょうね。

とにかく気をつけて。
皆様コメントありがとうございます (あが)
2014-11-10 14:02:37
・クッキーさん
コヨーテとの遭遇はブログに書いているよりもずっとたくさんあるので、緊迫度も何となくわかるようになりました。
普通は夜行性なので、朝のこんな時間にフラフラしているのは夜の間狩りに失敗し続けて腹ペコなヤツか、狩りが済んでこれから寝ぐらに帰るヤツです。
お腹いっぱいのコヨーテは足取りも軽くてフフフンって鼻唄でも歌ってるような感じで怖くありません。
腹ペココヨーテは目が本当にギラギラで、これはもうマジ怖い!この子は中間くらいの感じでした。
リスの警戒音で「あれ?」と思って予想が当たった時は「おーっ!やるなぁ私」と思いましたよ(笑

・タピさん
ふざけたタイトルで怖いこと書いてすみません(笑
このコヨーテの緊迫度は中くらいだなあと思って写真を撮っておりました。
一度、夜の間に獲物にありつけなかったらしく、本当に目がギラギラのコヨーテ(しかもシェパードくらいの大きさ)が体を低くしてこっちを見ていた時には写真を撮る余裕などあるはずもなく、ニヤを抱えて早足で去りました。
走るといけないんですよ、追いかけてくるから。早足で、コヨーテの視界から外れたところで思い切り走りました(笑
その時はさすがのニコも背中の毛を思いっきり逆立ててました。

・まいまさん
コヨーテって遠目に見ると雑種犬そっくりなんですよ。
声も姿も狼に比べるとずーっと情けない感じなんですが、でもやっぱり野生の凄みのオーラはあります。
鳶は怖いですよねえ。うちの辺りでも小型犬は猛禽類にも要注意です。

・はるりさん
写真を褒めて頂いちゃったありがとうございます。
本当に野生動物には気をつけないといけないですよね。心しておきます。
マタギの血筋の方のお話なんて、それはそれは面白いでしょうねえ。
野生動物の凄さってわかります。ゴンゾウリスでさえすごいなと思うことがありますもの。
LAのコヨーテはもともと自分たちが住んでいた所が開発されて追いやられたので、気の毒ではあるんですよね。
でも犬や猫がかっぱらわれるのは困るし、人間の子供が襲われた記録もあるので、用心に用心を重ねるようにいたします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。