goo

カリフォルニアロールは日本寿司にあらず?

Kiasuさんの記事、スシの食べ方を読んで、思い出した寿司屋でのアルバイトエピソードがある。 

色に関する誤解というのは、あちこちの国で結構あるが、いい例として、カリフォルニアロール(あのカニ身をほぐしたのときゅうりとアボカドを裏巻きしたものね)は、アメリカ人に日本の伝統的な寿司だと思われがちなこと。

焼き海苔に抵抗があって、なかなか浸透しないアメリカでの寿司業界を一世風靡した巻物。(と思っているのは私だけ?) 

最近は日本でも逆輸入されているという話を聞くが、どうなんだろう? 以前一時帰国して、回転寿司に行ったときはなかったように思う。(まさか、頑固職人親父がいそうな寿司屋で、そんなハイカラもんは作ってないかと思うので、回転寿司ならあるかなと。)


それは、今日のメインのお話じゃないのですよ。(得意技:話横道)

そのカリフォルニアロールが、日本の伝統寿司でないということをたいていの在米日本人がせせら笑っているように、あっしもせせら笑ってました。 テリヤキチキンだって、サワラのテリヤキというのならあるけど、テリヤキチキンは米国産、日本逆輸入だと思う。 日本のXXXバーガーが日本で始めて取り入れたんじゃないかな?(この辺かなり憶測でいいかげん。)

そんな、アメリカ国民の舌にあわせてやってるのよ、やーね。と笑っていたあっし、寿司屋でバイトしていると、日本食が大好き!という顔でやってくるアメリカ人が天ぷらロール(巻物に海老天が入っている)を食っていると、君はなんちゃって日本食フリーク(おたく?)だっ!と言ってあげたくなるときがあった。

そして、ある日。 タイ人の血が入っているという女性がボーイフレンドかと思う男性とやってきた。 寿司屋の大将曰く、ちょくちょくくる常連さんらしい。 その彼女と、日本食が好きだとか、食べ物の話になった。 もちろん、タイの食べ物のことが話題にもなった。 そこで、言わなきゃいいのに、あっしはできる限り、タイに関連したことを好意的に話しをするがために、

パッタイ(Phad Thai*)好きですよ!
*きしめんのようなタイのライスヌードルにもやしやお肉かえび、香草などをパッタイソースで炒めたもの。

とえらそーに言ってしまった。

その彼女曰く、でもタイにはパッタイってないんですよ。

顔から火がでそうになった。 異国ですごしながら、異文化をなかなか受け入れられない人や、受け入れようとして間違った情報を持っている人に対して、正しい日本の食文化が知られていないとあきれていた自分が、ぜーんぜんあかんじゃないか。 自分も間違っているやないか。


でも、考えた。 ほんとにパッタイってないんだろうか。 アメリカでアメリカ人の口にあわせて作られたカリフォルニアロールみたいなもんなんだろうか・・・。ちょっと、この件があってから、反省した。 日本以外の国といえば、シドニーとアメリカは、シカゴ、カリフォルニア、ハワイ、アトランタくらいしか行ったことがないあっし。 ちょっと、これから少し勉強しよう。 旅行は無理にしても、最近ブログという便利な情報元があることだし。 

機会あったら今度Yoshi@タイさんに教えていただこう。


コメント ( 11 ) | Trackback ( 2 )
« 「今年の抱負... シアトルはお... »
 
コメント
 
 
 
ご紹介にあずかりました・・・ (Toshi@タイ)
2006-01-19 10:21:12
私も初めて聞きました。パッタイ。・・・・





がタイに無いなんて。



普通にタイで売ってますよ。

有名なタイ料理の一つだと思うんですが。



アメリカで売られているパッタイと味が同じかどうかはわかりませんが、

辛くないので、辛いタイ料理が苦手な旅行者にも評判はいいようですよ。



 
 
 
え゛。 (ちっち)
2006-01-19 12:09:52
びっくりした・・・。



あるよ、ありましたよ。タイにもパッタイ。

私が通った南タイのド田舎村の(唯一の)定食屋さんにもありましたから

↑のToshiさんのコメント読んでホっとしました。(笑)



どうして「タイには無い」なんてその方も言ったんでしょうね?

他のものと勘違いした?それともすまいるサンを試した?

うーーん。謎だぁ~。
 
 
 
がーーーん!! (すまいる)
2006-01-19 13:55:07
★Toshiさん&ちっちさん

やっぱり、あったんだー。いくらアメリカ風にしてるだろうと思っても、シアトル中のタイレストランにあるんですよ、あきらかにタイ移民の人がやってるレストランに。 ちょっと、確かに疑ってかかってたんですけどねぇ。 ああ、すっきりしました、おかげさまで。 その女性タイ人とアメリカ人のハーフだったかもしれない。20代前半だったと思います。(実はアメリカ生まれでタイに行ったのは一回だけとか。。)



でもこっちのはレストランによって、パッタイのソースが微妙に違うんです。お気に入りのタイレストランは絶対本当のを作ってると思うんですが、多くはケチャップみたいなのが少し入ってるんです。それでもって最近のアメリカのトレンドなのか、辛くもしてある。 私は超辛は駄目なので、いつもマイルドにしてもらってます・・・。
 
 
 
Unknown (Kiasu)
2006-01-19 15:11:59
御紹介ありがとうございました。



パッタイの件ですが、(叱れるかもしれませんが)アメリカ人にありがちの知識不足が原因ではないでしょうか? なんと言ってもブルース・リーが日本人と思っている方が多いですから・・・・・。何年も前の話ですが、「知っている日本人」でブルース・リーはトップ3には入ってましたね。
 
 
 
Unknown (RYO)
2006-01-19 15:13:44
kiasuさんのところでもコメントしたのですが、お寿司ってバリ島ではそんなにトレンド化されていませんし、アボガド寿司とか、バリ・コピ寿司とか、血迷ったものは発明されていません。食文化って、別の国に移入されると、オリジナルからかけ離れるケースって多いですよね。バリ島のパパイヤ、ハワイのパパイヤの6、6倍ぐらいは軽くあります。やたらとデカイので初めて見たとき同じパパイヤだとは思えませんでした。
 
 
 
お昼時の話題ですな (すまいる)
2006-01-20 06:15:01
★Kiasuさん

その女性がタイ人というので、すっかり私も信じてしまったんですが、3世か4世だったら、知らないかもしれないですねぇ。こんどはちょっと疑ったら、ネットでも調べてみようっと。



★RYOさん

アメリカのピーマンも日本の3,4倍はありますし、風味も違うんですが、でもピーマン(グリーンペッパー)なんですよね。でも、このアメリカピーマン級のサイズを日本へ帰ったときに見たことがありまして(赤と黄色でしたが)、ピーマンとしては売られてなかったです。 英語そのものレッドペッパーでした。こうなるともうピーマンじゃないのでしょう。 ところで、どっからピーマンていう名前が来たのだろう・・(これも今後の課題だな。)
 
 
 
パッタイ好き! (ビアンカ)
2006-01-20 11:31:42
その女性、何だったのでしょうね。私もタイてパッタイよく食べましたけど・・・



そういえば台湾や中国出身の女性に「蟹玉やチンジャオロースーやバンバンジーが好き」と言ったら「そんなの知らないよ」と言われました。中国は広いので、たまたま一般的でなかったのか、それとも和製中華なのか・・・



ドイツの都市も今ではスシバーだらけなのですが、「Thai-Sushi Restaurant」という看板が目についてちょっとびっくりしました。パッタイもスシも同系列扱いなんですね~。
 
 
 
今日ちょうど (すまいる)
2006-01-21 09:27:15
タイレストラン行ってきました。日本食もありまして、一緒に行った取引先の日本人のお二人は、カツどんを食べてられました。 私はしっかりパッタイです。 そこのソースは濃い目、カツどんのスープも濃い目。 しょうゆそのままじゃないのかってくらい。
 
 
 
アメリカのタイ料理は (アキツ)
2006-01-23 08:00:03
はっきりいって、タイ料理にあらず。

と断言したい!



とくにパッタイ、あんなまずいのはアメリカでしか食べたことないです。本国タイでもないし、タイレストランでバイトしていたあたしとしては納得行かない。



ニューヨークにはうまいタイレストランがないんですよおおお(涙)。



ところでトラバしました。

あまりかぶってない内容かな(笑)。

日本食レストランでの「目から鱗エピ」たくさん思い出しちゃった(笑)。
 
 
 
私も (ビアンカ)
2006-01-23 10:24:09
TBしました。
 
 
 
お寿司談義 (すまいる)
2006-01-24 14:10:55
★アキツさん

そうなんだー、やっぱり。本場とは違うのはどこの国の料理でもそうですねぇ。ニューヨークっていろんな国の料理人がいそうなのに、、。シアトルのタイ料理は本場に近いのかどうなのかわかりませんですが、私の舌には合いますねー。



★ビアンカさん

おお、ありがとうございます。あとでお邪魔します。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。