すまいるいちご

高橋早苗の作品ブログです。
Where there is a will, there is a way.

年末のアニマル

2018-01-23 | 展覧会展

カバと子猫get together ~~

昨年は9月にKAWAII 陶展pottery zoo を開くことができました。
9月から年末に向けては、11月のカメDEshow に参加し、12月のイヌクリネコクリ参加、とアニマルつながりで年末を迎えたました~~
合間にこれまたアニマルつながりの展覧会に行きました。

カメDEshow の帰りに渋谷の松濤美術館の三沢厚彦展


松濤美術館はこじんまりしていてとても素敵。
三沢厚彦さんの作品は以前愛知県美術館で拝見。。。してからもう8年もたってるなんて!(@_@)
木彫作品アニマルのそれぞれが個性的で引き付けられます。迫力ある作品でした~~


年末に栄の橋本美術で開催されていたキムホノさんのone ワン展覗きました。こちらは陶のイヌです。
焼き芋くらいのからラグビーボールくらいのシンプルで遊び心のある陶作品がいっぱいあっていろんなポーズをしていて楽しくなりました。
やっぱり数の多さって迫力あり大事だなぁ。
なんて思いました。

もうひとつは
新栄ヤマザキマザック美術館のはしもとみおさんの木彫動物美術館展。


木彫でとても素敵な展覧会でした。
こちらも動物つながりではありますが木彫。
原寸大のアニマルが2~300以上はいて~全てモデルがいる。制作時の話がそれぞれにあって聞けば聞くほどほど面白くなりました~~










ヤマザキマザック美術館の所蔵の作品は西洋美術が多く、そのギャップがまた楽しい展覧会でした~~


続けて木彫の方の作品を見たのですが
作風が違い面白く拝見しました~~
(*´∀`)


2018-1sanae
コメント
この記事をはてなブックマークに追加