「染まずただよふ」

…塾講師スミレの日記…

作文で実力がわかる

2016年10月17日 |   中3 
中3英語の授業で、秋休みの特別授業から数回、時間を見つけて
「基本文テスト」というのを実施しています。
「基本文」というのは入試用問題集に載っている、それぞれの文法事項の例文。
全部で250文前後あるので、毎回15~20文ずつ和文英訳させています。
事前に出題範囲を伝え、自信がなかったら練習して覚えてきて!
と言っているのですが、ほとんどの生徒が本番勝負。
結果、正答率50%以下というのがゾロゾロいます。
いつか再テストするから、覚悟してなさいよね。

英作文対策として始めたのですが、このテストをやってみて
思った以上に基本を忘れている生徒が多いことがわかりました。
be動詞の使い方があやふやだったり、現在形と過去形がごっちゃになってたり
テキストを使って一緒に問題を解いているときにはわからなかった
彼らの本当の実力を見た気がします。
そして、もっと鍛えないとマズい!ということも痛感しました。
ヒドい点数を見て、本人達自身がマズいということに気づいてくれているといいんだけど…。

ジャンル:
受験
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エクラタン | トップ | 新塾生の両親が先生だった »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。