「染まずただよふ」

…塾講師スミレの日記…

新塾生の両親が先生だった

2016年10月18日 | 今日のお仕事 
通知票が出たからなのか、新学期になったからなのか
無料体験学習キャンペーンを大々的に打ち出したからなのか
ここへきて塾生がちょっと増えました。
それも、今まで何をしても微動だにしなかった中2クラスで。
少しずつでも受験を意識し始めてきたのかなあ。
中3になってからでは遅いかもしれない…と気がついてくれたのか。

ウチは各学年で数クラスあって、それぞれ定員があるのですが
余裕がないクラスほど入塾希望者がやってきます。
今入らないと入れないかもしれない、という心理的効果ですね。
ガラガラのクラスは相変わらずガラガラで
このアンバランスな感じをどうにかしたいのですが
なかなか難しいです。

それから、最近のウチの傾向は、教師の子供が増えてきた!ことです。
以前は塾全体でも1人いるかいないかだったのに
今年度は小学校から高校まで各学年にいます。
それはそれで、三者面談とか保護者会とか
本職を前にしてちょっと気まずいし
大胆な学校批判もできないので気を遣います。
それになんかやっぱりプレッシャーを感じるなあ。
気を引き締めていこう!
ジャンル:
受験
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 作文で実力がわかる | トップ | オプションはいらない »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。