「染まずただよふ」

…塾講師スミレの日記…

遅すぎない?

2017年05月10日 |   中1 
新学期が始まって約1ヶ月。
学校の進度を気にしながらも、6月の1回目の定期テストに照準をさだめ
そこまでに無理なく教科書の4分の1が終わるように授業を進めてきました。

今日の中1クラスの英語はレッスン1の最後のページ。
次の1ヶ月でレッスン2を終わらせて、そこくらいまでがテスト範囲かな…
と考えているのですが。

生徒たちの様子を見ていると
学校よりも塾の授業の方が先行しているんだろうな、ということを感じます。
でも、ついてこれなくてタイヘン! という生徒もいないから
まあまあのペースなんだろうな。と思っていました。

しかし、今日、中1クラスで別の中学校の生徒数人に学校の進度をきいてビックリ。
「今日、学校で、アルファベットの真ん中あたりをやりました。」
アルファベットの真ん中ってドコ?
そもそも、アルファベットって、教科書をめくってすぐくらいのページだよね?
それ以前に、小学校で英語を学習している世代だよね?
ヘタすると、中学校入学前に英語塾で英検5級(中1終了程度)を
とっている生徒もいるというのに、それで授業は成り立ってるの?
いったいこの1ヶ月、ナニをやっていたの??

これは、いちばん遅いところの進度で
早いところはレッスン1が終わるくらいと言っていたので
遅いのはきっと何か理由があるんでしょう。
それにしたってヒドイなあと思いますが。
毎年どこかの学校でこういうクラスがあるんだよなあ。

このあと急にスピードが速くなる日が来るはずで
そのときのフォローをしっかりしようと思いました。
ジャンル:
受験
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 赤系が続々開花 | トップ | どうやって… »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。