別所沼スマイルRC(ランニングクラブ)

経歴は問いません。マラソンに興味ある方、別所沼の楠田昭徳へコメント下さい。
smile8404@gmail.com

マラソンは難しいか?

2016-10-13 23:21:37 | ランニング
 
 「チャレンジ2020」にご参加の方からよく聞く話があります。


 
 「何時どんなきっかけで走り始めたのですか?」 これは私からの問いかけです。

 それに対しての多くの答えが、社会人になってから、それも

 「40歳代に入ってから」という回答が非常に多くあります。

  きっかけは、健康上の問題解決のため、仲間と懇親を深めるため、が圧倒的に多いいですね。



  更には「マラソンは別の世界の人がやるもので、自分には絶対に無理だ!」

  と決め込んでいた人が思った以上に多くいらっしゃいます。



 好奇心とチャレンジ精神、自分を何とかしたいという欲望、これらを強く持った人が

 たまたま何かのきっかけで一歩踏み出してみたのでしょう。


 
 今日チャレンジなさった方も走歴はまだ3年だそうですが、4時間は切って走ったそうです。

 走り始める前には絶対に無理だと思ってました・・・・・と。



 一歩踏み出せない人にとってはマラソンってとてつもなく過酷な、その人にとっては嫌な、

 時にはばかばかしいスポーツだと思っている人が多くいますね。



 ペナルティーとして「グランド10周!」などと怒鳴られ走らされた経験は

 非常にマイナス効果として体内に浸透してしまいます。

 そんな怒鳴り声を上げたのは指導者でもなんでもなく、破壊者なのではないでしょうか?

 そんな経験で走るのが大嫌いになった人もたくさんいます。



 「苦しいのに何で走るんだ、苦しければ止めればいいじゃないか!」

 うまく回答できないですが、苦しいから楽しくもあり、

 もっと楽しもうと思うと更なる苦しみを自ら求めるんですね。


 
 マラソンが最高のスポーツだなどとうぬぼれたことは言いませんが

 「人生はマラソンなり!」 という言葉が好きな私には多くのスポーツの中で

 最も人間の生き方をコントロールし易いスポーツだと思います。

 言い方を変えればそれだけ単純なスポーツなんですね。



 一歩踏み出して楽しんでいる人と、踏み出す勇気がなかったり(あるいは興味が無いのかも・・・)

 の人の間には大きな考え方、生き方の違いが出てきます。



 そして少しでも上手くゆくと好きになり、上手くゆかないと好きにはならない。

 マラソンって簡単ですが、やはりうんと難しくもあるんですね~!

 私はほんの少しうまくいって好きになった方の人間です。

 

 
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 既に二日間 | トップ | 都会で迷って »
最近の画像もっと見る

あわせて読む