別所沼スマイルRC(ランニングクラブ)

経歴は問いません。マラソンに興味ある方、別所沼の楠田昭徳へコメント下さい。
smile8404@gmail.com

給水の必要性

2017-06-10 20:43:31 | ランニング
朝のSMILE練習会で私が最も好きな練習、1000メートルのインターバル5本

皆さんと一緒にやりたかったのですが、止めました。

理由の一つは写真撮影、次が今日の「チャレンジ2020」のチャレンジャーさんへの準備

最後の理由は、上手く走れなかったらがっかりするから。



そんな訳で2周のジョッグだけで止めた代わりに、夕方30キロを目指してスロージョッグを始めました。

 

途中で「さいたま走友会」のIさんと出会い4周ほど

私のスロ~ジョッグ(7分30秒/キロ)に付き合ってくださいました。

給水の話になって「私はまず給水をしないんです!」なんて言ってたのですが

Iさんと別れた後の16キロ目はとうとう歩いて自販機で、ネクターのピーチ1本、

2本目はコーラを飲んでほぼ500メートルほど歩きました。



その直後、「別所沼SMILE」のSSさんとスロージョッグ。

一旦はフラフラするほど弱って居た身体がかなり蘇ってきました。



今までフルマラソンでもほとんど給水をしたことが無かったのは

「水飲むな!」の時代に育って慣れていたのと体質、其れと体力もあったのでしょう。



今日は給水した途端に回復へ向かったのを実感しましたので、

走りながら「やっぱり給水は大事なんだな!?」なんて今更ながら勉強しました。



しかし、腰の痛みと、思った以上の体力消耗のため妥協をして21キロで止めておきました。

止めておいたのか?、自分に負けて止めちゃったのか?

残念ながら自分に負けて止めたのですが、止めた理由はそれなりに用意しました。

一つはルンルンの散歩、もう一つは腰の痛みが激しくなる前に、

何れも見事な言い訳なんですが、こうしたことも歳とった結果ですね。



ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゼロを回避 | トップ | 休足日 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む