美と健康作りのスマイルパートナー 田口  小顔・整顔&カイロプラクティックの施術日記

東京・杉並店(☎090-7972-8027)& 鳥取店(☎0857-22-0022)

干し柿作りに奮闘

2016-10-11 15:41:22 | 日記

皆様 こんんちは。

10月11日(火) 鳥取の天候はです。

朝、少し晴れ間が出たのですが、その後ずっと曇っています。

 

今日は午前中のお客様が終ると、昼食及び夕食の食材を購入にいつもの

スーパーに出かけたところ、 あったのです。 

待ちわびていたんです。  この品物を・・・。  

そう、干し柿用の渋柿が あったんです。

 

早速2ケース、90個の柿を購入し急ぎ自宅へ・・・。 

そして昼食後、少し休憩したのち、妻と二人一生懸命作りました。

 

今年の柿は昨年の柿に比べとても小さいんですよ。

干し柿が出来上がるころには、小さくなってしまいそうな、

本当に小ぶりな柿です。

でもないよりは良いですからネ・・・。

     昨年は、10月12日に同じ作業をしていたんです。

 

手順 

  ①柿、ピーラー、むいた柿を入れるかご、皮入れようの箱、干し柿をつるす紐を用意します。

  ②鍋に湯を沸かしておきます。(柿にカビが出来ないように柿を湯どおしするんです。)  

  ③皮をむいた柿を、「鍋の沸騰した湯に通します」 → カビ予防の大事な作業です。

  ④柿を紐にとおしていきます。

  ⑤屋外の風通しの良いところに干します。

  ⑥鳥よけネットで柿を囲います。

      3~4週間で食べごろになる予定です。

 

長期保存する柿は、冷凍庫に入れておくと1年は楽に持ちます。

  糖分が凝縮されているため凍ることはありません。

  冷凍庫から出してすぐ食べられます。(アイスクリームと同じようなものです。)

 

追伸  10月12日にも2ケース購入し干し柿づくりを行い、

       干し柿の数は合計で 192個 になりました。 

 

柿を向く前の準備時点の段階です。 テーブルの上の90個の柿です。

包丁を使わない私は、早く、簡単にむける「ピーラー」で一生懸命皮むきを行います。

むいた柿をかごに入れていきます。 皮はすぐ捨てやすいように、段ボール箱に入れます。

  この後、 「柿を湯通し」 → 「紐にくくりつけ」 完了。

 

このように柿を干し、鳥よけのネットで囲って、出来上がりを待つだけです。

『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 足の甲が痛い すねが重い ... | トップ | 乳児子育て中のお母さんのSOS... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。