美と健康作りのスマイルパートナー 田口  小顔・整顔&カイロプラクティックの施術日記

東京・杉並店(☎090-7972-8027)& 鳥取店(☎0857-22-0022)

脳力は 加齢によって衰える? 一生成長し続ける?

2017-05-16 10:03:18 | 健康・病気

皆様 おはようございます。

5月16日(火) 鳥取の天候は時々となっており、予想最高気温は22℃。

 

昨日の天候は、(快晴)となる予報でしたが終日、となり

涼しさを感じる天候でした。

  (気象庁の天気予報は外れることが本当に多いですよね。)

  (実態に合わせて途中からでも天気予報を変えないのでしょうか?)

 

本日の記事は、私たちが所属している

  特定非営利活動法人「日本成人病予防協会」が

  発行する予防医学学術刊行物 「ほすぴ」 の記事の抜粋をご紹介します。

 

脳の容積が約10%減少する。

  年齢を重ねることで、内臓や筋肉がお獲れるのと同様に、脳にも様々な変化が現れ、

   顕著な例としては、 「脳の大きさの変化」 で

  高齢者の脳は、成人したころと比べて小さくなることが知られており、

   35才~60才にかけて、脳の容積は約10%減少すると言われている。

 

脳の神経細胞減少によって脳の容積減少が起こる。

  脳の容積減少は、「脳の萎縮」と呼ばれており、

   加齢によって脳の神経細胞が減少するために起こります。 

  脳内の神経細胞が最も多くなるのは胎児期であり、

   そのあとは原則として減少の一途をたどります。

  加齢に伴う脳の萎縮は、通常の身体的変化といえます。

 

脳は神経細胞が減っても、神経細胞をつなぐネットワークの増強で一生成長する。

  新生児の 「脳の重さ」 は成人の約25%と言われ、20才頃まで成長し続ける。

  脳が大きくなる主な要因は、 学習や経験によって神経細胞同士を

   つなぐネットワークが増えるためとされている。

  神経細胞が減ることで脳は萎縮するが、様々な学習や経験を重ね、

   神経細胞同士をつなぐネットワークを増強させることで、

   脳は一生成長し続けると考えられる。

 

脳を成長させるためには、「脳に絶えず刺激を与える」ことが必要。

   ①音読や書き取りを行う。

   ②計算の他、なるべく指を使う。

   ③食べ物をよく噛んで食べる。

   ④積極的に、他社とのコミュニケーションを図る。

『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 希望された小顔メニューより... | トップ | 医師に「痛風」と診断された... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。