ありがとうのうた♪~子どもたちが最高に輝く☆元NPO「すまいるスキップ・こども塾」代表のブログ

子どもが持っている魅力や才能を最大限に輝かせた「すまいるスキップ♪こども塾」理事長を7年務めたその後の気ままなブログ

すまいるスキップ・こども塾

すまいるスキップ・こども塾
すまいるスキップ・こども塾

まねっこ♪ 名画 vol.7

2017年02月19日 | 子どもたちの想像力と創造力
カラバッジョ(年長の息子作) ↓



すっかりご無沙汰してしまいました。
みなさんお元気でいらっしゃいますか?

卒園&入学を控え
落ち着かない日々を送っています。

養護教諭のお友だちに勧められ
親子揃って毎日ヨーグルトのR1を飲むか食べるかしています。

効果は目に見えないものの、
風邪の悪化を防いでくれているような、
なんだかよい気がしているのは確かです(^-^)

気ぜわしさに負けず、
変化の春を楽しみたいと思います♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

凧揚げブーム□■□

2017年01月09日 | 子育て
冬休みは ラッキーなことに晴天が続いたので
連日息子と凧揚げを楽しみしました♪

広い空を 気持ちよさそうに泳ぐたこを見上げているだけで
こちらまで心が澄んでくるようでした☆
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

☆酉年☆謹賀新年☆

2017年01月03日 | 日々の生活
明けましておめでとうございます

2017年 みなさま健やかに 
ワクワクと感動☆笑顔に満ちた一年でありますように☆

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冬支度*****

2016年12月11日 | 日々の生活
強く冷たい風は、雲をどんどん追い払って
澄んだ青空の毎日が続いています。

見上げているだけで幸せな気持ちになるほど。

秋の終わりに衣替えをしたとき、
カーテンも冬用のごっつい断熱タイプに換えておいたので、
エアコンでの乾燥を防ぐために昨年買った遠赤外線の暖房器具と合わせて
冬対策もばっちり(^-^)
室内ではあたたかく過ごしています。

師走の慌しさにぐんぐん巻き込まれそうになりつつありますが、
なるべく平常心を保とうと心がけたり、
やることだらけで忙しくても
読みたい本は読んだり、好きな音楽をかけたり・・・
工夫しながらの毎日。

年賀状はまだ手付かずですが、
冬休みに入って年末ギリギリの投函を狙っているところです。

みなさんはいかがお過ごしでしょうか?(^-^)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シリーズ◇ジブリ◇ハウルの動く城 +読書レポート

2016年11月15日 | 子どもたちの想像力と創造力
↓ 「ハウルの動く城」を描いた絵(息子作)をいくつか♪

Eテレのスイッチインタビューで観たことをきっかけに
その方の本を手に取ったことはこれまで数多く、
NENDOの佐藤オオキさん
エス・コヤマの小山進さん
デザイナーの森本千絵さん・・・など、
興味を持った方の文章は必ず読んでいます。


最近のヒットは、映画監督の西川美和さんの『映画にまつわるXについて』でした。
映画製作の裏側が描かれていて興味深く、
文章も本当に素晴らしく、
しかもご本人はとても綺麗な方、
才能と美しさを兼ね備えていらっしゃいます。
次は、映画化されている『永い言い訳』も読んでみようと思っているところです。

逆に文章が読みにくいと感じたのは、
ルース・スタイルス・ガネットの『エルマーのぼうけん』でした。
息子が読んでいたので手にとりましたが、
子ども向けなので平仮名だらけ、しかも翻訳本ということもあり、
リズムがつかみにくく、ひっかかりながら読む羽目になりました。

村上春樹さんが翻訳された
レイモンド・カーヴァーやトルーマン・カポーティーなどはとても読みやすいので、
映画の字幕と同じで、翻訳される方のセンスになるのでしょうか。

(残念ながら、ノーベル文学賞は逃してしまいましたが・・・)
春樹さんの『職業としての小説家』は、
やっぱり私はこの人の文章や世界観が好きなんだなぁとしみじみ感じたエッセイでした。

他にも、遅ればせながら、詩歩さんの『死ぬまでに行きたい!世界の絶景』や
『一生に一度は泊りたい絶景ホテル』なども
手にとり眺めては、異国へと想いを馳せています♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まねっこ♪ 名画 vol.6

2016年11月06日 | 子どもたちの想像力と創造力
すっかりご無沙汰している間に季節は秋。

↓ 息子が描いた、薬師寺の吉祥天女像


行動しやすいこの時期を逃すまいと
いろいろ出かけてみたり、
(お台場のレゴランドや
国立新美術館のダリ展・・・)
幼稚園の運動会や、芋掘りがあったり、
早々と風邪をひき、
喉がやられて声が出なくなったり。

↓ 伊藤若冲の「樹花鳥獣図屏風」


先日の祝日、文化の日は好天に恵まれたので、
ホットカーペットなども各部屋に敷き終え、
冬用のカーテンや冬物の布団類や衣類を出し(同時に夏物をしまい)
ばっちり冬支度を済ませました。

グスタフ・クリムトの「接吻」


熱望して観に行ったダリ展でしたが、
混雑していたこともあって、
まだ年長の息子はさらっとぐるっと眺めては満足したらしく、
残念ながらゆっくり鑑賞することはできませんでしたが、

作品数もかなり充実していましたし、
圧倒的な魅力を放つダリ作品の数々に会えたことは
とても幸せなことでした♪


芸術の秋ということで(^-^)
最来週は「ゴッホとゴーギャン展」と
「デトロイト美術館展」をはしごする予定。

上野の美術館めぐり、楽しみです♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

柚木麻子さんブーム☆

2016年10月08日 | 日々の生活
以前から大好きだった柚木麻子さんのアッコちゃんシリーズ☆
『ランチのアッコちゃん』
『3時のアッコちゃん』
『幹事のアッコちゃん』
アッコちゃんという魅力的な人物から、
多くの刺激や学びを得ることができ、
どれも とにかく面白い!です(^-^)

仕事と子育ての両立に忙しい友だちにも
短編だから読めるかも♪とお勧めしています。

その他にも、柚木麻子さん大ブームで
けっこう読破しました。

『その手を握りたい』
『私にふさわしいホテル』
『ナイルパーチの女子会』
『嘆きの美女』
『けむたい後輩』など
どれも恐ろしいくらい人間心理の表裏が深く鋭く描かれていて、
読みながら苦しくなってしまうこともしばしばでした。

やっぱりアッコちゃんシリーズが一番好きかなぁ♪

それから、最近のヒットは『メンタリズムを脳科学で解剖したら
カリスマリーダーの作り方がわかった!~人を惹きつけるコツがわかる!~』
脳科学者茂木健一郎さんとメンタリストDaiGoさんとの対談集です。

これまで茂木さんやDaiGoさんの本は何冊も読んできましたが、
この本が一番面白かったです。

茂木さんが本のために(編集者から口説かれて嫌々?)書き下ろした文章より、
ご本人が自然におしゃべりしていることの方が数段面白く、
あっという間に読み終えてしまいました。

DaiGoさんのことはテレビで観ても本を読んでも、
正直そんなにいい印象を持ってはいませんでしたが、
この本を読んでから初めてメンタリストの存在意義を感じることができました。

週末は深夜まで夜更かしするのが楽しみであり習慣となっていますが、
体調を崩さない範囲に留める努力は必須だったりします。
若い頃のように徹夜なんて到底無理です(^^)

昨夜は久し振りに江国香織さんワールドに浸り、
何気ない日常生活を愛おしく思えるような
ほっとできる世界観を楽しみました(^-^)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シリーズ◇ジブリ 思い出のマーニー◆耳をすませば

2016年09月20日 | 子どもたちの想像力と創造力
普段から1週間に1回は図書館に行き、
親子で本を借りていますが、
夏休みに入ってからはさらに頻度が増え、
読書量も増えました。

「思い出のマーニー」から
湿っ地屋敷の前にいるマーニーを模写した絵(息子作) ↓


そんな中、ブームになっているのが「徳間アニメ絵本シリーズ」です。
古いものだと「風の谷のナウシカ」、「天空の城ラピュタ」
「となりのトトロ」や「崖の上のポニョ」・・・・
「紅の豚」以外は全部揃っています。

「耳をすませば」からは、2枚の絵をご紹介♪ 
男爵ことバロン↓


とにかくこれまで観たジブリアニメを片っ端から借りて読んでいます。
活字として読むと、映像では気付けなかった細かい場面の背景がわかり、
感動がさらに膨らんで再現されます。

さすらう?ネコのムーン ↓


老眼鏡が必要な母も、
文字が大きい大型絵本ということもあって、
次々に読破しています。

現在の母の好きなジブリ映画ランキングは、
第1位から「耳をすませば」
「借りぐらしのアリエッティー」
「もののけ姫」

本を読む前(→映画を観ただけのときは・・・
「魔女の宅急便」、「千と千尋の神隠し」)と比べて、
大きく変動しました。

ジブリ映画の魅力が
いつまでも色褪せることなく
世界中から愛される理由を、
本からも改めて実感しています。

追記
夏休みの終わりに六本木ヒルズの「大ジブリ展」にも足を運びましたが、
ジブリ美術館とはまた違った切り口で楽しめました♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まねっこ♪ 名画 vol.5 ~黒田清輝展より~

2016年09月11日 | 子どもたちの想像力と創造力
子どもにおねだりされ、初夏に訪れた黒田清輝展

息子画の「湖畔」 ↓

来館者はほとんどがご年輩の方々、
小学生や中学生なんて一人もいませんし、
当然幼児は我が子ひとりでした。

なぜか立体版の「湖畔」 ↓



ゆっくり鑑賞しながらぐるっと館内を1周。
さらに販売されている図録の見本を丸ごと1冊眺めてやっと終了。
常設展まで満喫し、お庭のベンチでおやつを食べて帰りました。

「読書する女」 ↓


黒田清輝展と同じく、
幼児や小学生をまったくみかけなかったのが、
横浜美術館で開催されているメアリー・カサット展。

こちらも私の好みではなかったものの、
息子にせがまれて足を運びました。

帰宅すると、早速パンフレットを見ながら模写?!が始まります♪ ↓


絵ばっかり描いているわけではありません。↓
レゴでも毎日いろいろなものを作って遊んでいます。
 ↓

次なる目標は、レゴランド制覇でしょうか(^-^)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

* ジブリ美術館 *

2016年08月26日 | 子育て
ついに行ってきました。
ジブリ美術館☆

↓ 以下、我が子が描いたジブリワールドが続きます♪

毎月チケット発売日にローソンチケットにアクセスするも、
仕事終わりの夕方では週末土日のチケットは既に完売、
なかなか行けずにいました。

夏休みに限っては入場が抽選制!
ラッキーなことに当たりました☆

この夏はリニューアル後ということで、
新体制=入園前に身分証のチェックまであり、
10時の開園ちょうどに着いても
なかなか中に入れませんでした。

↓ 息子は何枚もネコバスが動くシーンを描いて、
 アニメーション?体験をして遊んでいました♪



混み合う中でも、いろいろな空間をうまく渡り歩きながら楽しみました。

レストランは開店前に並びましたが、
なんとすぐ目の前のグループで満席になってしまいました。

「待つのはぇ・・・。」と子どもに相談すると、
「向こうにテイクアウトコーナーがあるから。」とナイスアイデア☆
開店直後で誰も並んでおらず、そばのテーブルセットに座って
美味しいサンドウィッチやポテトをいただきました。

あとで見かけると、そのテイクアウトコーナーでさえ、
長い列が出来てきて、ベンチも当然空きなし。
早めのランチになりましたが、ちょうどよかったようです。


美術館内は、外国人の方がとても多かったのが印象的でした。
さすが世界中に愛されているジブジ♪

ショップも長蛇の列に並んだり、
どのコーナーも人だらけで大変でしたが、
新しい“ねこバス”コーナーは、なんと大人もOK!
ふわふわのねこバスの座り心地は最高でした☆

館内撮影禁止のため、許可の出ている屋上のこちら ↓
天空の城ラピュタのロボットです♪


今、六本木ヒルズで開催されている
大ジブリ展も気になっているところです(^-^)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

∴ めずらしく コスメ ∴

2016年08月20日 | 日々の生活
美容に興味がないわけではないものの
ものぐさなため、特別なお手入れはしていません。

ただ、使うものはできるだけ肌に負担のないものを選んでいます。

ある日のティータイム 
シフォンケーキの大きさ?高さ?!に衝撃
喜びの笑みがこぼれました♪ ↓


子どもと使うハンドソープはミヨシの石鹸、
泡が出てくるタイプにしています。

深い理由はありませんが、
無添加であり、シンプルな石鹸というところがポイントです。

ボディーソープやシャンプーは、「ママ&キッズ」
やはり面倒くさがりなので、
どちらも泡で出てくるタイプです。

実はこの「ナチュラルサイエンス」というブランド、
子どもができる前から私自身が使っていました(^^)

子どもにも安心して使えることを明示してあったので、
ならば大人が使っても安心!と単純な動機でした。



最近はオーガニックコスメもかなり増えてきましたが、
数年前に誕生したコスメブランド「アムリターラ」が今、一番のお気に入り。

化粧水やファンデーションなどから
少しずつ移行しているところです。



お風呂上りの顔が一番血色がよかったはずが、
いつのまにかそうでなくなっていた・・・
(→ くすみ?というか、ちょっと具合が悪そうな感じに見える・・・)
そのことに気付いてしまってからは、
ほんの少しアンチエイジングなるものを意識するようになりました。

それでも特別なケアもせず、
肌の細かいことは気にせず、
ほうれい線やしわも ほぼ見てみぬ振り、
ただただ大口を開けた笑顔で乗り切っています♪

なにしろ笑っていないと・・・・
老け顔になってしまいますから(^-^)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まねっこ♪ 名画 vol.4

2016年08月17日 | 子どもたちの想像力と創造力
息子が描きためているスケッチを小出しにしている
まねっこ♪名画♪

けっこう手抜きなものから、
細かく描いたものまでピンキリですが、
さらっとお楽しみください(^-^)

菱川師宣の「見返り美人図」 ↓


エドゥアール・マネの「笛を吹く少年」 ↓


ボッティチェリ「春」↓


原画はこちら ↓


これから昨年大感動した“ドラム・ストラック”を観てきます!
(観るというか、叩くというか(^^)
息子は去年観たからもういい!と言っていますが、連れて行きます♪)
今日が初日、もう今からテンションが上がっています。
気になる方はぜひHPをチェックしてみてください♪ ↓
http://hpot.jp/drumstruck/top.html
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

□ ファインディング・ドリー □ □ □

2016年08月15日 | 子育て
横浜美術館でメアリー・カサット展を見たあと、
ついでに立ち寄ったオービーよこはま。

途中ランチしたり、お茶したり・・・♪
妹と語る間に、息子が描いた絵 ↓



オービーよこはま ↓

ユニークな合成写真が楽しめます♪
たとえば、背後に迫る巨大生物にびっくり!の写真 ↓


ファインディング・ドリーの“なぞときラリー”にも挑戦しましたが、
けっこう問題がひねってあり、
子ども向きではないよね・・・と言いながら(^^)
係の人にヒントをもらいつつ完成! ↓


帰宅すると、今度は水彩で描いていました♪ ↓

ファインディング・ドリー 完成! ↓


*なぞときラリーは期間限定企画です。
料金改定があり、入館しやすくなったオービーよこはま。
暑い日も涼し~く過ごせます♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あーす・じぷしー

2016年08月13日 | 日々の生活
久し振りの恐竜(息子画) ↓

春に一度読んで“まぁまぁ面白かったけど、みんなはどう思うのかなぁ?”と、
妹たちに貸してひと巡り。
手元に戻ってきたままだった『ERATH GYPSY』

著者のあーす・じぷしーさんとは、
若くて可愛い双子の姉妹。

お二人ともスピリチュアルな感性が鋭く
“人生をわくわくだけで生きてみる”という実験を試みながら、
その想いや可能性を世界中にシェアし続けるというミッションを果たし続けているそう。

二子玉川付近を走る ↓


この本を手にしたきっかけは、
山川鉱矢さん亜希子さんご夫妻が推薦!とamazonのレビューでみつけたからでした。

この20年ほど、山川ご夫妻の翻訳本は
有名になった『聖なる予言』や
初期の『アウトオンアリム』シャーリー・マクレーン著)なども、
ほとんど読んでいます。

おにぎりパンダ?(息子作)


一昨日たまたま息子が寝たあと、
ふと本棚を見るとこの本と目が合ってしまった?!ので手に取り、
夜中の2時頃まで一気に読んでしまいました。

手作りペーパートレインと・・・・


前回読んだ時より深く彼女たちの想いが伝わってきたのは
なぜでしょうか。

本の帯にはこんなメッセージが・・・“ワクワクだけで生きられる?”

毎日ワクワクしてるかなぁ?
自問しながら眠りにつきました。


すれ違い走行する街並み(すべて紙で自作)


HPをチェックすると、
彼女たち双子さんは、ほぼ同時にそれぞれ人生のパートナーと出会ったり、
この本の韓国版も出版されたとのこと。

この本の中にも登場する『アルケミスト~夢を旅した少年』(パウロ・コエーリョ著)も
一時期ちょっとしたブームがあったものの、
私にはそんなに響かなかったのですが、
もしかしたら今回のように再読すると・・・
何か違う面白さに気付けるかもしれません。

だから読書はやめられません(^-^)
いつだって私の一番の趣味なのでした♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まねっこ♪ 名画 vol.3

2016年08月11日 | 子どもたちの想像力と創造力
Eテレの「ビジュチューン」をきっかけに
本物の名画にも興味が広がった息子。
インターネットだけでなく、
図書館でも名画の資料をみつけて目を通してみたり。

井上涼さんのアニメーションだけでなく、
作詞作曲されているというユニークな楽曲もお気に入りで
よく口づさんでいます♪

お友だちに「びじゅちゅ~ん」をお勧めしたら、
案の定、おぼっちゃまも はまってしまったようで(^-^)
息子と熱唱していましたっけ♪

ムンクの「叫び」 ↓

もうひとつ シンプルバージョン ↓


細かいところは見にくいと思いますが、
ボッティチェリの「ビーナス誕生」 ↓


ミレーの「オフィーリア」↓


アルチンボルドの連作四季より「夏」 ↓


↑ パソコンの画面で
詳細を確認しながら模写していました。

こんな細かい作業、私には真似できません(^^)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

すまいるスキップ・こども塾

すまいるスキップ・こども塾
すまいるスキップ・こども塾>