金沢文庫駅徒歩3分。女性が安心して楽しめる創作和食居酒屋「柚子庵」。

女性のお客様が多く、和食とお酒を楽しめるお店のマスターが書く、
猫の様にチョット気まぐれなブログです。

肋骨9本!!

2017年03月21日 | 徒然日記

こんにちは~。

久し振りの投稿なんですが、がっかりする内容になってしまいます。

 

3月19日、日曜日の午後3時頃。春だなぁ~って感じのポカポカ陽気。

場所は店のすぐ近くの君が埼交差点。

右折車線で信号待ちをしていたその時。

ふっとルームミラーに目を向けたその時・・・・。

グレーの車が止まる様子もなく近づくのが見えたと思ったら・・・・・・。

言葉では言い表せないくらいの轟音と、

とてつもない衝撃・・・・。

 

「何が・・・?どうした・・・・・・!!」

 

我に返り、視界に飛び込んだのは、しぼんだ白いエアバッグともうもうとした煙と、

車中に広がる焦げくさい臭い。

外を見ると、車は反対車線に斜めに止まっていて、

もう少しで対向車と衝突か・・・ってとこで止まってました。

エアバッグが開いた衝撃なのか、クラクションが鳴り響き続け、

その音がやたら大きく、近所迷惑だよなぁ~って感じました。

止まっていた対向車の助手席にいた女性の、

ぽっかりと大きく見開いた目と口が印象的でした。

 

このまま対向車線に止まっていたら、交通の妨げになるととっさに思い、

エンジンはかかっていたので、丁度目の前に車を止められるスペースがあったので、

自力で動かし止め、対向車は走れる状態にしました。

相変わらずクラクションは鳴り続け、あたりは騒然とした状態。

振り返って見ると、追突してきた車は、あたしの前に止まっていた車のすぐ後ろで止まってました。

つまり、追突された勢いであたしの車がまず前の車に追突し、更にその前の車に追突という玉突き事故です。

衝撃で車内のエアバッグが破裂、なおかつ、まだ追突された勢いが止まらず、

あたしの車を対向車線に押し出したって状況でした。

 

 

しばらくしてお巡りさんが駆けつけ、交通整理やら、運転手らへの聞き取りなど、

動き回ってました。

あたしの車ですが、何とかボンネットを開け、

近くのピザ屋さんのお兄さんが操作してくれて、クラクションを止めてくれました。

 

そうこうする内、救急車が到着して、搬送先の手配をあわただしくやり取りし、

(やはりあたしの他にも何人かけが人がいたようなんで・・・)

あたしも救急車の中に・・・。

 

しっかし、こういう肝心な時に限って携帯を持っていなかったんですよねぇ~・・・!?

救急隊員に、「店がすぐ近くなんで、携帯を取りに寄れませんか?」って頼んでみたら、

「ダメです・・!」ってすぐ却下。

 

堅い担架に乗せられ、首を固定され、体もベルトでギュッと固定されて搬送開始。

人生二度目の救急車ですが、やっぱりすごく揺れます。

今回初めて担架にくくられての移動でしたが、

段差を超える時やカーブを曲がるたびに、背中や胸に激痛が・・・。

 

病院に運び込まれ、医師による最初の触診。

胸を押されるたびに激痛が走り、思わず悲鳴・・・。

CT,レントゲンと続き、とりあえず点滴を打たれて仮のベッドに座って待つことしばし。

 

駆けつけたかみさんと母親と一緒に、医師から説明が。

まずは、「肋骨が右5本、左4本骨折してます。」

「骨折と言っても、ポキッと全部折れてるわけではなく、

丁度、花の茎が折れ曲がっているような状態だと想像してください。」って説明されました。

きっとシートベルトが衝撃で胸に食い込んだ為の骨折ではないかと・・・。

とりあえずは一日入院され、明日また様子をみましょう。って。

でも先生曰く、肋骨の骨折は基本、何も施すことが無く、

自然治癒に任せることしかないので、入院を続けてもあまり意味がないって。

 

結局、翌朝先生と相談した結果、退院する事に。

という事で、今こうして散々な目にあった事を報告してます。

ですので、柚子庵もしばらくの間、お休みせざるを得ません。

直近にご予約をくださっていたお客様には、大変申し訳なく、

残念で仕方ありません。

それでも、営業出来ない旨の連絡をすると、皆さんご理解くださり、「どうぞお大事に!」と

おっしゃっていただけて、ホントありがたかったです。

一日でも早く治して、復帰したいと思ってるんで、

どうぞお忘れにならず、お待ちしていてください。

 

こんなあたしに励ましやお見舞いをいただけたら

一層頑張るんで、一言お願いします。

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
びっくり
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おみくじ!! | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL