スミダマンのほのぼの奮戦記

~仕事・家族・自然・経済・趣味~あらゆる出来事をフラッシュバック。

さいたま市議会オープン委員会

2017-03-30 06:58:07 | レポ

さいたま市議会のオープン委員会(東西交通大宮ルート及び

大宮駅機能高度化に関する小委員会)が

片柳コミュニティセンターで開催された。普段は議会内で

開かれている各委員会が、町に出て市民が参画する

オープン委員会は画期的らしい。

テーマは「街づくりとLRT」。講師による講演の後、

講師を交えた各党派議員とのパネルディスカッション。

そして最後に来場者との意見交換が活発に行われた。

尚、この日は担当部局のさいたま市役所の職員(交通政策課)も参加した。

当日、基調講演をしていただいた荒川辰雄氏

(東工大卒 国土交通省出身。宇都宮市副市長に出向後、

現在一般財団法人、国土技術センター都市・住宅・地域政策

グループ研究主幹、総括)と鶴崎敏康当委員会小委員会

(自民党市議団団長)。新川氏はLRTの第1人者だ。

尚、蛇足だが、その後3日経って自民党市議団が分裂し、

鶴崎議員を団長とした自由民主党真政さいたま市議団が

発足したことは驚いた。

荒川辰雄前宇都宮副市長は宇都宮にLRT

(Light rail transit -軽量軌道交通)を導入する為に

国交省から招かれたその道のプロフェッショナルだ。

その講演を聞くとさすがキャリア官僚は隙の無い論理で

いかにも優秀といった人ばかりだ。そのことを専門に

追求しているのだから当然といれば当然かもしれないが、やはりすごい。

最初に宇都宮市の基礎データ(北関東初の50万都市)

立地特性、歴史から話をスタート。都市拠点、圏域、産業、

観光拠点の話があり、交通ネットワークの現状の説明があった。

宇都宮は鬼怒川で区域が東西に分断され、工業集積地域が河川の

東部に立地している。特に河川を横断していく公共交通は脆弱で

写真の様に、朝夕は慢性的な通勤渋滞になっている。

そこでこの交通渋滞を解消すべくLRT導入の発想が生まれた。

LRTは低床式車輌(LRV)の活用。停留場や軌道の

改良によってスムースな乗り降り、快適な乗り心地実現など

優れた特徴を有する次世代の路面電車システムのことだ。

新交通システムには路面バスからBRT(バス高速運送システム)

LRT、AGT・モノレール、鉄道・地下鉄まで時間の正確さ

速さ、そして事業規模によって5タイプに分かれる。

LRTは一時間あたり2000人~5000人輸送でき

建設単価は約25億円/㎞と言われている。

宇都宮のLRT事業の事業スキームは「公設型上下分離方式」を採用。

施設の建設・保有は行政(公共事業)、営業運営は民間が行う。

富山ライトレール、福井鉄道、広島電鉄、ポルトメトロの車輌実例。

互々車輌デザインがモダンでかっこいい。全国には現在19路線ある。

さいたま市にLRTを導入する場合、宇都宮に比べて

有利な点が4つ考えられる。その内容はこれを読んで下さい。

LRT導入のフローチャート。充分な事前調査、分析

(需要予測、事業費の算出、採算性 等)が大事。

無理な開発は駄目だ。

これが現在想定されているルート。

大宮駅~さいたま新都心~浦和美園駅

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 浦和エリア旨い店シリーズ ... | トップ | 浦和エリア旨い店シリーズ ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

レポ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。