スミダマンのほのぼの奮戦記

~仕事・家族・自然・経済・趣味~あらゆる出来事をフラッシュバック。

浦和エリア旨い店シリーズ ~その320~

2017-04-20 06:19:16 | 食~ラーメン・中華

博多ラーメン極麺 うまか

南区南浦和2-35-3 (JR武蔵野線高架下)

TEL ?     定休日 水曜日

昨年3月11日に、武蔵野線高架下にオープンした博多ラーメンのお店。

同じ建物の隣にオープンした焼肉の「松坂牧場南浦和市場」が

手掛ける博多ラーメンの専門店だ。

6種類のうまかメニュー。定番の博多ラーメン「白うまラーメン」680円。

ピリッと辛い辛味博多ラーメン「赤うまラーメン」750円。

マー油のパンチが効いた醤油とんこつラーメン「黒うまラーメン」750円。

白赤黒のレッズカラーで分けている。

コの字型のカウンター席とワンテーブル席とこじんまりしたお店だ。

内装は赤を使ったモダンな造りだ。

天井も高架下の為か高く開放感がある。

当店一押しの明太子ののった「うまかスペシャル」980円をオーダー。

豚の頭骨、ゲンコツ、豚足などをコトコト煮込んで丸一日。

うまかの愛情たっぷりスープ。博多ラーメン特有の麺の硬さ

(普通→カタ→バリカタ→ハリガネ)4段階を選べる。

今回は普通をお願いした。現在サービス中のネギ大盛りも注文。

明太子がピリッと効いてそれなりに旨かった。

但し博多ラーメンのスープは自分的にはいまいちかナ?

カウンターには博多ラーメンの「うまい!」食べ方が

貼り出されてあった。これを読むと6つの楽しみ方があるようだ。

 

 

この機会に博多ラーメンを調べてみた。博多ラーメンは

主に福岡市で作られ豚骨主体の乳白色のスープと

ストレートの細麺をベースにしたラーメンのことで

主に福岡地方のラーメン専門店、中華料理店、屋台で提供される。

麺の硬さ(ハリガネ、バリカタ、カタ、バリヤワ、ヤワ等)を

注文する店や替え玉が特色だ。発祥については諸説あるが

概ね戦時中から戦後まもない頃生まれた。

具はシンプルでネギだけもある。他にチャーシュー、

キクラゲ、海苔に色彩を考えて紅しょうがを入れる。

テーブルには白ごま、紅しょうが、辛子高菜が置かれて

好みでトッピングできる所が多い。有名店としては

博多一風堂などがある。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スポーツジャーナリスト 二... | トップ | 見沼たんぼの春(PARTⅡ) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。