スミダマンのほのぼの奮戦記

~仕事・家族・自然・経済・趣味~あらゆる出来事をフラッシュバック。

ビクトリアの滝

2016-10-12 06:06:23 | 旅 ~海外

ジンバブエとザンビアの国境に接しながら流れる

ザンベジ川の中流に位置する世界遺産のビクトリアの滝

こちらがジンバブエ側の入口

さあ、これから2ヶ国から見たビクトリアの滝を紹介いたします

最初にガイドから説明を聞く

ビクトリアの滝は、南米のイグアスの滝、北米の

ナイアガラの滝とともに世界三大瀑布として有名

1855年、英国探検家のリビングストンによって

当時の大英帝国ビクトリア女王の名をとり名付けられた

現地の言葉で「モシ・オア・トゥンヤ(雷鳴のとどろく水煙)」という意味

説明資料のサンベジ川の全体図

アフリカ大陸の4大川(ナイル川、コンゴ川、ニジェール川

そしてザンベジ川)、ザンベジ川に生息する動植物の写真

そしてこれがビクトリアの滝の全容図

展望ポイントはジンバブエ側で16か所もある

説明を聞いた後、この土産物屋を通って入って行く

天井から下がっているライトの布カバー大胆なデザインで

なかなか魅力的ですよネ。

ここでもアフリカンドレスを着た気に成る婦人をパチリ

この人がガイドさん。天候は最高、湿気が無く

本当に清々しい陽気だ。アフリカというとものすごく

暑い所というイメージがあるが、南部アフリカは日本より

ずっと過ごしやすかった

こんな雑木林みたいな所をしばらく歩いて行く

滝に近づいて来ると轟音が聞こえてくる

風向きによっては水しぶきが霧のようにかかる

滝に出る前のポイント地点。ジンバブエと

ザンビアの国境の鉄橋、ビクトリアフォールズ橋

1905年に完成したアーチ橋で長さ250M

高さ128Mあり、バンジージャンプをしている

できて既に110年以上歴史的にも重要な価値がある

ビクトリアの滝は時期(雨季と乾季)によって

水量が全く変わる。4月と11月では水量に10倍もの違いがある

ご覧の様に9月は残念ながら水量が少ない

ここは最も高い(108M)ポイント

後半にザンビア側から見たこのポイントをアップしておりますが

その臨場感はそちらのほうが伝わってくる

ポイントポイントから撮った滝

ザンビア側のヘルプールと言われているポイント

遠くから見ると信じられない光景だ、どうなっているのか

行ってみないとわからない

この動画で滝の轟音を聞くだけだけでも臨場感が伝わってくると思います

是非見てください

デビル・キャタラクトから見た、最も水量の多い滝

ビクトリアの滝を発見したデイビット・リビングストンの像

(1813年~1873年)

ヨーロッパ人で初めて、当時「暗黒大陸」と

呼ばれていたアフリカ大陸を横断した

滝を見終わって出口で会った首都ハラレから来た子供達

ビクトリアの滝観光の極め付け。ヘリコプター遊覧飛行で上陸へ

次の動画を見ればザンベジ川とビクトリアの滝が一発でわかります。

それでは2分36秒の空の旅疑似体験をどうぞ

上空からの光景

 

今度はザンビア側から見た滝。模型でガイドさんから説明を聞いてから

ジンバブエが側と違う

角度でビクトリア・フォールズを観る

こちら側にもデイビット・リビングストンの像があった

逆光に成ってしまった

雨季の時の写真が掲示してあったので参考に撮った

その激しさが全然違うのがわかる

恐怖のナイフエッジ橋からの眺めは迫力満点だ

この4枚の写真はジンバブエ側の最高地点を

ザンビア側から撮ったもの。赤いシャツの男性が背にした

石を押すとコロコロ崩れ落ちそうだ

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« チャマボンド小学校訪問 | トップ | チョベ国立公園(サファリド... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
凄すぎる (あまちゃん)
2016-10-12 12:32:46
埼玉に居るだけじゃ地球がこんなに凄い事に気付かない
これじゃ地震も津波も台風も何が起きても当然のような気がしてしまう。
何もなく生きてる事に感謝してしまう写真でした

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。