スミダマンのほのぼの奮戦記

~仕事・家族・自然・経済・趣味~あらゆる出来事をフラッシュバック。

浦和エリア旨い店シリーズ ~その324~

2017-05-13 05:10:55 | 食~居酒屋

URAWA ワイン食堂 ZEN

浦和区仲町1-1-10 ウィングビル B1F

TEL 048-832-9699

営業時間 17:00~24:30

浦和駅西口、線路沿い、1階にミスタードーナツが入っているビルの

地下にある。入口間口が狭く、しかも斜めの為、今まで全く気付かなかったお店だ。

店の名前「ワイン食堂」が表している様にアルコールは

ワインを中心にした洋食居酒屋だ。

今流行りのワインバーで、7年前にオープンしたそうだ。

今日の会合は2時間飲み放題付きで4000円+税のプランだ。

他にも平日限定の女子会プラン3500円+税。

生ハム食べ放題付きの贅沢肉づくしコース 5000円+税などのプランコースもある。

生ハム食べ放題は60分で500円+税だ。ワインも

カヴァンサ中心の赤、白、ロゼ6種類で

ボトル2500円+税 グラスで500円+税。

イタリアン、スパニッシュ料理では今や定番になった

黒板にチョークで書かれたメニュー。手書きの温もりが

受けているのだろう。おつまみベスト3は(1)鶏白レバーのパテ690円

(2)森崎農園よりクレソンサラダ760円

(3)やわらか馬肉のカルパッチョ(オリーブとアンチョビソースで)830円

だそうだ。他にもチャコールグリルと称して炭焼料理などが書いてある。

こちらはカウンター席。隣にはスタンディングバーらしきスタイルのコーナーもある。

他には小さく区切られたボックスコーナー。掘りごたつ、お座敷など

全部で75席ある。照明も薄暗く、地下の穴蔵的な落ち着いた空間になっている。

フランス産三元豚と青パパイヤ、春キャベツのエスニックサラダ。

鹿児島阿久根漁港直送地魚のカルパッチョ

スプラウトとハーブを添えて

これは鶏白レバーのパテかもしれない。

ホタルイカ、青唐辛子、オリーブのマリネ、柚子胡椒風味

これが一番評判が良かった。

埼玉県産地粉熊谷あや使用の自家製焼き立てのフォカッチョ

特製ガーリック。バターとオリーブオイル

桜エビと竹の子のアヒージョ。温玉落とし

デュロック赤豚の炭火焼き、焦がしアンチョビとバターソース

生ハムと緑のお豆のペペロンチーノ

白豊のジェラード

 

 

ワインバーは比較的最近広がってきた業態だと感じる。

ワインにはそれに合うつまみがあり、ワインと料理とのセットになっている。

オヤジ世代と違って若者たちがおしゃれチックに飲める場ではないのかナ。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あしかがフラワーパーク(ラ... | トップ | 国立故宮博物院 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。