スミダマンのほのぼの奮戦記

~仕事・家族・自然・経済・趣味~あらゆる出来事をフラッシュバック。

チョベ国立公園(ボートサファリ編)

2016-10-15 06:25:50 | 旅 ~海外

サファリドライブを午前中に終え、ランチをチョベ

マリーナロッジで食べた後、このロッジから出ている

船で国立公園内のボートサファリへ

チョベマリーナロッジを下ると船着場にでる

午後は午前中とは趣きの違う水辺からの探索

今度はユッタリ、のんびりだ

船長は若い女性、あまり運転が上手ではなく

途中ガイドのラポさんに変わった。船は当グループの

貸切で、後半から何を話しているのかわからないが

ラポさんと女性は話っぱなしだった

全くおおらかなものだ

体長2.5~3.5M体重450~700kgのアメリカンバッファロー

寿命20年の草食系でオスはツノが大きい

オスのバッファローに突撃されるとサファリ一刀でも危険だそうだ

これはたぶんアフリカハゲコウ。大きなクチバシは

強い力でカバやサイの皮をも突き破ることができる

夜は高い木の上で休み、昼は動物の死体を探す。

ハゲワシと共にサバンナの掃除屋さんだ

群をなすインパラのメスたち。インパラのオスは自分の

ハーレムを作る前の若いオスは青年団のような群れをなす。

よく日なたぼっこをしながら口を開けているナイルワニ

これは口から熱を逃がして、のぼせないようにするためだ

この後このワニは川に入り船を追いかけてきた

2頭のカバ。ほとんど動かず、見る分にはちっとも

面白くない。水に潜る時は、瞬時に耳を

クルリとたたんでフタをする

又、ゾウの群です。アフリカゾウの寿命は

約70年と今まで紹介した野生動物の中では

ダントツで長寿だ。メスの妊娠期間は

約22か月と長い。1回の妊娠で1子をもうける

子ゾウは甘えん坊で親子の情愛が大変深い動物と言われている

コウノトリ科のクラハシコウ(?)

クチバシの中間の鞍のように黒い

最後に数十頭のゾウの群れ

「THIS is Elephant」だ

このDVDを見れば一目瞭然でその多さがわかる

 

アフリカには、「ビッグファイブ」という野生動物がいる

それはライオン、ゾウ、ヒョウ、サイ、そしてバッファロー

その内の3つ(ライオン、ヒョウ、サイ)は見ることができなかった

ライオンは早朝や夕暮れにヒョウは夜

活発に活動する

今回の旅ではゾウとバッファローしか見ることができず

残念であった。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« チョベ国立公園(サファリド... | トップ | ケープタウンの街 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。